Pocket

 

仮想通貨は1000を超える種類があり、それぞれが独自の特徴を持って開発が進められています。

今回取り上げるWaves(WAVES)も数多くの機能を備えており、注目されている仮想通貨のうちの1つです。

 

そのため、Waves(Waves)とはそもそもどのような仮想通貨なのか、今後の将来性には期待できるのか、WAVESを扱う取引所、購入方法まで徹底解説していきます。

また、開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

 

Waves(WAVES)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Waves(WAVES)とはどんな仮想通貨?

 

 

Waves(WAVES)は、Nxt(ネクスト)という仮想通貨から分裂した仮想通貨で、分散型の金融取引プラットフォームになります。

Wavesはスマートコントラクト、メッセージ、クラウドストレージなど数多くの機能を持ち合わせている万能型の金融プラットフォームで、主に大きな特徴でいうと下記のものが挙げられます。

 

  • CAT(Custom Application Token)機能により独自トークンを発行可能
  • 分散型取引所(DEX)としての役割
  • Waves上で法定通貨の取引が可能
  • アルゴリズムはLease Proof of Stake(LPoS)を採用

 

CAT(Custom Application Token)機能により独自トークンを発行できる

Waves(WAVES)の最大の特徴と言えるのが、この「CAT(Custom Application Token)」と呼ばれる機能です。

この機能により、Ethereum(イーサリアム)やNEO(ネオ)と同様に、Wavesのプラットフォーム上で、独自のトークンを発行することができ、ICOを実施できるようになります。

 

すでにMobileGo(MGO)、UPcoin (XUP)、ZrCoin(ZRC)といった様々なICOが実施されています。

Waves上で発行するトークンは、理論上どんな機能でも追加可能となっていおり、法定通貨や仮想通貨の送金・取引・保存といった基本の機能の他にも様々な用途に使用できます。

分散型取引所(DEX)として機能する

また、Wavesには分散型取引所としての機能も持ち合わせており、取引所が分散型台帳にで分散管理されていることで、ハッキングされるリスクを極限まで引き下げることが可能になります。

BitFlyerやZaifなどは株式会社が管理者として取引所を管理しているため、預けている仮想通貨の保管・管理はその会社に一任しており、取引所がハッキングされてしまうと、預けている通貨を失う可能性もあるわけです。

 

実際に、2018年1月には中央集権型の取引所であるCoincheckで約600億円相当のNEMが盗難されていますので、分散型取引所のような高度なセキュリティが求められるようになるでしょう。

なお、Wavesはウォレットと取引所が統合されているため、通貨の保存と取引がウォレットだけで完結し、非常に便利。

 

Wavesの分散型取引所で取引が可能な通貨は、法定通貨でいうと、ドル、ユーロ、仮想通羽で言えば、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ジーキャッシュ(ZEC)、ウェーブス(WAVES)となっています。

Waves上で法定通貨の取引ができる

Wavesのプラットフォーム上では、Wavesをドルやユーロといった法定通貨と交換することができます。

例えば、円をドルに変える場合は、Waves上で「円→WAVES→ドル」といった形で取引を行うことができ、その取引の記録もWavesのブロックチェーン上に記録されます。

 

Rippleが発行するXRPも法定通貨同士の仲介を行う仮想通貨ですが、XRPでの送金などの取引は各銀行で行われますので、その点に違いがあります。

さらに、Wavesのプラットフォームでは、取引手数料が0.001Wavesと、とても安く、取引スピードも最大1000取引/秒となっており、非常に高速な処理が行われます。

Lease Proof of Stake(LPoS)のアルゴリズムを採用している

なお、WavesはアルゴリズムにLease Proof of Stake(LPoS)を採用しています。

Lease Proof of StakeではノードをLease(リース:賃貸)することで取引の承認を行うことができ、報酬を受け取ることができる仕組みになっています。

 

このLease Proof of Stakeはマイニングのようにいつもパソコンを起動させておく必要がないというメリットがあります。

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

仮想通貨:Waves(WAVES)の今後の将来性

 

様々な機能を持つ分散型金融取引プラットフォームであるWaves(WAVES)ですが、今後の将来性には期待できるのでしょうか?

開発ロードマップによると、2018年にはスマートコントラクトやメッセージ機能、投票機能など様々な機能が搭載されていく予定で、環境が整い、ICOの実例も増えていけば、それに伴いWavesの価値が上がる可能性も秘めているでしょう。

 

また、Wavesは「ライトウォレット」というウォレットを採用しており、ダウンロードすることなく、ブロックチェーンに接続することができます。

さらにこのライトウォレットは通常のウォレットよりも操作が簡単と言われており、ユーザービリティには優れていると言えるでしょう。

 

「CAT」も専門知識がなくても独自のトークンを発行できるため、使いやすさ、利便性という意味では同様のトークン発行プラットフォームよりも普及する可能性があります。

ただし、独自のトークン発行で言えば、Ethereum(イーサリアム)やNEO(ネオ)の方が知名度が高いため、いかにこれらの仮想通貨と差別化して利用者を増やせるか、が鍵となるでしょう。

Waves(WAVES)を扱う取引所・購入方法

Waves(WAVES)を購入するためには、海外の取引所であるBittrexやBinanceで購入する必要があります。

取引量の多さ、他の取引銘柄の豊富さ、日本語対応のユーザービリティから考えて、Binanceでの購入をおすすめします。

 

Waves(WAVES)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Binanceは日本円での入金ができませんので、国内の取引所からビットコインを送金する形で入金を行ってください。

Binanceへビットコインを送金した後は、取引銘柄一覧から「WAVES / BTC(BNB)」を選択します。(※BNBでの取引の場合は、取引手数料が半額になります。)

 

 

すると、「WAVES / BTC(BNB)」のチャートが出てきますので、下記の赤枠から購入したい量を入力すれば、完了になります。

 

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

まとめ

 

Waves(WAVES)は分散型取引所、法定通貨での取引が可能、独自のトークンが発行できるという特徴を持った分散型金融取引プラットフォーム。

また、ウォレットもライトウォレットを採用しており、ダウンロードする必要がなく、取引を行うことができるため、非常に便利である。

 

様々な機能を持ち合わせている点で注目されているが、Ethereum(イーサリアム)やNEO(ネオ)の方が知名度が高いため、差別化していかに普及させるかがポイント。

Waves(WAVES)を購入するのであれば、取引量や取引銘柄が豊富なBinanceがおすすめ。

 

Waves(WAVES)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!