Pocket

 

モナコインは17年の1年で2円から2000円に、BitZenyが0.5円から30円台後半に、ビットコインが20倍以上に跳ね上がるなど、仮想通貨投資は非常に夢があります。

 

特に爆発的に稼ぎたいのであれば、まだまだ価格の小さい仮想通貨が狙い目で、その中でもTRON(トロン)が高騰するのではないか、と噂されています。

 

実際に、中国の取引所であるBinanceで開催されたICO「TRON」ではわずか30秒で売り切れてしまったほどの人気があったんですね。

 

ということで今回はTRONとはどんな仮想通貨なのか、チャートや特徴から見て投資する価値、将来性はあるのか、どの取引所で購入することができるのか、徹底解説していきます。

追記:2018年1月5日現在、時価総額ランキング9位(一時的にはNEMを押さえて6位に)まで躍進しました、その理由も記事後半に追記しています。

 

Tron(TRX)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

TRON (トロン)とはどんな仮想通貨?

※最新情報は記事後半に追記しています。

 

数回行われたTRON(トロン)のICOでは即座に完売、将来性の部分でも詳しくお話しますが、仮想通貨界の中でも大物が関わっているから期待も多くなったとされています。

 

そんなTRONとはどんな仮想通貨なのか、基本的なTRONの情報は下記の通りです。

 

  • 通貨名:TRON(トロン / TRX)
  • 最大供給量:100,000,000,000 TRX
  • 公式サイト:https://tronlab.com/en.html
  • 公開日:2017年

TRONはエンターテイメント系プラットフォームを目指す

TRON(トロン)とは簡単に一言でまとめると、ブロックチェーン技術を用いて、世界的な無料のコンテンツエンターテイメントシステムの構築を目指す仮想通貨です。

 

中国発の仮想通貨で、音楽ストリーミングサービス「Pewio」(登録者数1000万人)と互換性を持つと言われています。

 

TRONの分散型プラットフォームは4つの特徴を持ち、順に「データの解放」、「コンテンツ有効化」、「パーソナルICO」、「インフラストラクチャ」という特性を持つコインです。

 

それぞれ説明していくと、「データの解放」は無料で無制限に文字や写真、オーディオなどのコンテンツを保存し普及させることができることを指します。

 

「コンテンツの有効化」はデジタル資産がコンテンツの提供と普及を通じて得られるというものになります。

 

「パーソナルICO」はデジタル資産を購入することでデータを提供している人への投資につながり、そのデータが発展した際に大きな利益を享受することができるのですが、それを自由に流通することも可能にしています。

 

最後の「インフラストラクチャ」は分散型交換、自律型ゲーム、予測およびゲームシステムなどのオンラインゲームのプラットフォームが構築されていく、ということです。

TRON(トロン)が描く6つのロードマップ

 

エンターテイメントシステムのプラットフォーム構築を目指して行くTRON(トロン)ですが、計画では6つのフェーズに別れて発展していくと公表されています。

エクソダス

コンテンツデータの発行、格納、配布をするための完全に自由で信頼できるプラットフォームをユーザーに提供するフェーズ。

オデッセイ

コンテンツの作成、流通、普及をするための公正なリターンで、競争力のある経済メカニズムを作り出すフェーズ。

グレートヴォヤージュ

ブロックチェーンの技術を利用して所得の測定、配当の支払い、サポーターの管理という3つの問題を解決し、ファン経済からファンファンドへの転換をするフェーズ。

アポロ

それぞれのコンテンツの製作者が独自のトークンを発行できるように、集中化されていない取引のための完全なプラットフォームを確立するフェーズ。

スタートレック

集中化していないオンラインゲームプラットフォームの構築することを可能にするフェーズ。

エターニティ

トロンを通して、ゲームプラットフォームを自由に設定し、ゲームを開発するための資金を獲得でき、共通投資家がゲームに投資することを可能にするフェーズ。

 

とまだまだ発展していくであろうTRONですが、果たして将来性はあるのか、投資してもいいものなのか、今後の将来性を見ていきましょう。

 

参考:VeChain(ヴェチェーン / VEN)とはどんな仮想通貨?チャート・将来性・取引所・購入方法!

チャートから見るTRON(トロン)の今後の将来性!

 

TRON(トロン)はまだ上場して新しい仮想通貨ですので、チャートも12月に動きがあった程度で大きな動きは見えません。

 

では、果たしてこのTRONには将来性があるのかといえば、一攫千金を狙うのであれば、アリと言えるでしょう。

 

というのも、まだ価格が1TRX=0.4円ということもあり、大きく上がった時のリターンが非常に大きいからですね。(なんとまさかの現在2.0円を突破しています。)

 

最近では特にBitZenyが0.5円から40円手前に一気に駆け上がっていたのが懐かしいと思うのですが、それが起きる可能性を秘めている通貨といえます。

 

実際に、このTRONが期待されている理由としては、ビットコインキャッシュを手がけたとされているジハン・ウー氏も関係していると言われているからです。

 

フェーズが6つもあり、完全な実現までに時間がかかりますが、もしかしたら大化けするかもしれませんので、余剰資金で投資してみると面白いでしょう。

TRON(トロン)の買い方・取引所はどこ?

 

一攫千金を狙ってTRONを買いたいと思った時、購入をおすすめするのは手数料が安いBinanceでの購入がおすすめです。

 

Binanceは日本語にも対応しているので使いやすいのが特徴で、中国でも主要な取引所でマイナーな仮想通貨を買う時には必須です。

 

まだアカウントを持っていない方は、マイナーな仮想通貨を買うためにも今のうちに登録しておきましょう。

 

Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

TRONが日本円では購入できないため、購入するためにまずすべきことは、Binanceにビットコインを送金しておくことです。

 

もしビットコインを持っていないのであれば、まずは「Coincheck」でアカウントを開設し、ビットコインを購入してBinanceに送金しましょう。

 

コインチェックの開設は下記の画像から簡単に登録できますので、パッと済ませておきましょう。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

参考:【超簡単・超安心!】coincheck(コインチェック)の口座開設方法を図解解説!

 

それが完了すれば、Binanceにログインして取引画面の右側にある銘柄一覧から「TRX / BTC」を選択します。

 

 

すると、チャートがTRONのものになりますので、下記のように赤枠で囲んだ項目からTRXを購入し、完了です。

 

 

まだまだマイナーな仮想通貨だからこそ、モナコインやBitZenyのような爆発、一気に稼げる可能性がありますので、ぜひ賭けてみたい方は購入してみてください。

 

参考:【保存版】ビットコインや仮想通貨の確定申告の計算方法を徹底解説!

2018年12月29日追記:爆発的な高騰を見せるTron(トロン)の今後は?

 

最新情報では、2017年12月11日の時点で0.4円台だったTronはわずか数日のうちに2円台まで高騰、たった数日のうちに5倍になってしまいました。

 

もともと時価総額ランキングでも低く、1円以下のコインであったため、所持していた人はウハウハではないでしょうか。

 

時価総額ランキングでも40位だったのが、今では21位まで上昇しており、一気に注目される仮想通貨に仲間入りしましたね。

 

 

Twitter上でもこのTRONは大きく話題になっていますが、アリババの提携なども噂されており、今後の将来性、動きはどうなるのでしょうか。

 

 

結論からいえば、まだもう少し上がると見られていますが、高騰のあとは一気に落ちるため、売るタイミングが重要になるでしょう。

 

仮想通貨投資でも「期待(噂)で買い、事実で売る」と言われているように、今回の高騰ムードやアリババとの提携の噂などで上がっているように思います。

 

高騰している時に高値を掴んでしまって、というのはよくある話なので、損切りのタイミングや売るタイミングをしっかり決めた上で、余剰資金で投資をしていってください。

 

Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

2018年1月5日追記:さらにTRONが高騰!時価総額ランキング上位になれた理由とは!?

 

追記に追記を重ねてTRONについてお話しているのですが、まさかTRON(トロン)時価総額ランキングで10位以内に入ってしまうとは。

 

1月5日現在は「1TRX=20ドル円前後」、最初に記事を執筆した12月11日時点で「1TRX=0.4円」だったことを考えると、約50倍もの高騰ですね。

 

では、一体なぜ、TRONがここまで価格を高騰させることになったのでしょうか、その原因をピックアップしていきます。

取引高世界第6位のOKExに上場決定

 

まず、1つ目の理由としては世界の取引高が第6位のOKExに上場したことが挙げられます。

 

すでに世界一の取引量を誇るBinanceへの上場を果たしているものの、他の取引所へ上場することによって、新規の投資ユーザーの獲得、注目を集めることができているでしょう。

 

どの仮想通貨においても取引所への上場は価格が上がるタイミングと言えますので、この上場もTRONの価格向上の一役をかっていると言えるでしょう。

 

その他注目コイン:【仮想通貨】iXledger(アイエックスレジャー / IXT)のチャート・将来性・取引所・購入方法!

登録者数1000万人以上!Obikeへの導入決定

 

また、TRONは世界20カ国で利用されている自転車シェアリングサービスであるObikeにも導入されることが決定しました。

 

すでにObikeは1000万人以上のユーザーを獲得しており、世界的に見ても大きなサービスと言ってもいいでしょう。

 

音楽ストリーミングサービスの「Pewio」だけでなく、こういった世界的なサービスとも提携を図っていることでTRONの利用者はますます増えていき、価格の高騰が予想されます。

マカフィー砲でさらに購入に拍車がかかり高騰!

 

2017年12月中旬から仮想通貨投資をしている人々を騒がせてきたのが、マカフィー砲ですね。

 

このマカフィー砲でTRONが紹介されたこともあって、一気に買いが増えたことも高騰の要因と言えるでしょう。

 

世界的にも有名なインフルエンサーにツイートされることで、投資をする人たちは安心しますし、ここで取り上げられてTRONは一気に波に乗っていきましたね。

 

参考:マカフィー砲の威力がスゴい!?次々と仮想通貨を高騰させるマカフィー砲とは?

日本の取引所への上場の噂が!?

さらに、TRONのCEOであるJustin SunのTwitterによると、TRONは新しい取引所に上場することを公表しています。

 

最近、彼が日本を訪れていたということもあり、CoincheckやZaifへの上場も可能性としてはあるかもしれません。

 

日本の取引所に上場となると、さらに多くの注目を集めるでしょうし、国内の取引所でしか取引をしないユーザーも獲得できるでしょうからさらなる価格のアップが期待できます。

 

一時は時価総額ランキングでNEM(ネム)を抑えて6位になっていたほどのTRONですが、これからまた、価格を上げていくかもしれませんね。

TRON高騰に対するTwitterでの反応

まさかTRONが時価総額ランキングで10位以内に入るとは、そして、一時的ではあるもののNEMを押さえて6位になるとは誰も考えやしなかったでしょう。

 

このTRONの高騰にTwitterでも注目が集まっており、期待する声もあれば、詐欺なのではという声も上がっています。

 

 

いずれにしても、仮想通貨投資の鉄則は余剰資金での自己責任、これらの情報を参考に自分自身で決定して投資を進めてみてください。

 

その他注目コイン:Paccoin(パックコイン / PAC)とはどんな仮想通貨!?チャート・将来性・取引所・購入方法!

まとめ

 

TRON(トロン)はコンテンツエンターテイメントシステムの構築を目指す仮想通貨で、ICOの時点から非常に期待が寄せられていた。

 

ビットコインキャッシュを手がけていたジハン・ウー氏も関係していると言われているほどで、そういう意味でも非常に将来性に期待がかかっている。

 

仮想通貨投資で一気にお金を増やすにはモナコインやBitZenyのようなマイナーからの爆発が多いからこそ、余剰資金で今のうちに購入しておくのも選択肢の一つと言えるだろう。

 

 

参考:【2017年最新版!】仮想通貨人気ランキング!今後アツい仮想通貨は?

 

また、2017年末にGACKT氏が仮想通貨SPINDLEを手がけていることを発表、ますます仮想通貨も盛り上がりをましていくでしょう。

 

2017年末、あのGACKT氏が仮想通貨を手がけていることを発表、気になるそのSPINDLEとはこちら:

 

GACKT(ガクト)が手掛ける仮想通貨「SPINDLE」とは!?購入方法・評判は?

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>