Pocket

 

2017年12月、コインチェックのCM効果やビットコインの高騰、ボーナスの時期も重なり、新しく仮想通貨投資を始める人が増えた結果、ビットコインや他の仮想通貨の価格が軒並み上がっていきました。

 

ビットコインでいうと、12月17日には「1BTC=240万円」を記録していたほどで、非常に盛り上がっていました。

 

しかし、高騰があれば必ず暴落はあるもので、わずか1週間後の12月22日には130万円台まで下がってしまい、現在は160万円〜180万円台を推移しています。

 

12月から仮想通貨投資を始めた方にとって、この大幅な価格変動は衝撃的だったのではないでしょうか。

 

うまく投資すれば稼げるし、そうでなければ大きなお金を失うことも・・・ということで今回は、ビットコイン暴落から見る仮想通貨投資で気をつけるべき3つのポイントを徹底解説していきます。

 

今、仮想通貨投資で大きな利益をあげている人はみんな守っているポイントですので、じっくり読んで投資の参考にしてみてください。

 

仮想通貨投資の鉄則1:必ず余剰資金で投資をすること

 

今回のビットコインの乱高下で体感できたかと思うのですが、仮想通貨投資は他の投資よりもはるかに大きく価格が動きます。

 

ビットコインの価格が1日で10万円、20万、30万円という単位で上下しますので、余剰資金でなければ、その上下に感情が耐えきれずに大損してしまいかねません。

 

そのため、第一の鉄則としては、大きく価格が動くからこそ、暴落した時に「ふーん」と思える金額、つまり、余剰資金を投資に回すことです。

 

 

実際に、大きな金額を仮想通貨に投資をしていると、下記のツイートのように1日で何百万円、何千万円のマイナスというのは日常茶飯事なのです。

 

 

今回の暴落はそもそも、Liqui(リクイ)と呼ばれる海外の取引所でビットコインが盗まれたことが原因と推測されているのですが、人々の動きもかなり関係しています。

 

ビットコインの価格が一気に下がり始めて、そのマイナスの額にびっくりしてしまって感情で動き売ってしまう、この動きがドンドン加速していき、ここまでの急落を引き起こしたわけですね。

 

特に12月から仮想通貨投資に参入する方が一気に増えたので、その方々が損切りで一気に「売り」動いてしまった結果でしょう。

 

まさに初心者にとっては、仮想通貨投資の大幅な上下の洗礼を受けた形とも言えますね。

 

 

実際、あとでも話しますが、この暴落のタイミングでいかに平常心でいられるか、冷静でいられるかが投資においては重要となるわけです。

 

このように、冷静でいるためにも、感情に動かされないためにも、「余剰資金で投資をする」ことが重要なのです。

 

参考:仮想通貨投資をするなら「Binance(バイナンス)」への登録が”必須”である3つの理由

仮想通貨投資の鉄則2:長期保有する覚悟を持つこと

 

17年の1月にはビットコインは10万円台だったところから12月に240万円と20倍以上に跳ね上がりました。

 

ビットコインキャッシュも3万円〜5万円台から12月には40万円に上がったように、長期保有している方が儲かっているケースが非常に多いのが仮想通貨投資です。

 

そのため、今回のような暴落が起こった時に損切りするのではなく、「これ!と決めたコインを長期保有する」という覚悟を持つことが非常に重要になるわけですね。

 

 

 

 

同じように、2017年5月に仮想通貨が一気に高騰し、そこからドンドン暴落していきましたので、今回の暴落も時間が経てば価格も戻っていくでしょう。

 

一時的に価格が急落しても、どれだけマイナスの数字が大きくなったとしても、冷静に損切りせずに長期保有できるか、その覚悟があるかが分かれ道となります。

 

参考:【初心者必見】仮想通貨投資を短期トレードではなく長期保有をおすすめする3つの理由

仮想通貨投資の鉄則3:暴騰時ではなく価格下落時に購入する

 

仮想通貨投資の鉄則として、価格の上下が激しいからこそ、価格が下落した時に追加でビットコインや仮想通貨を購入するようにしましょう。

 

 

2017年5月に暴落の後に徐々に上がってきたように、時間が経つと、元の価格に戻ったり、それ以上の価格に高騰します。

 

利益を取るタイミングというのは、暴落した時に仕入れた仮想通貨が高騰した時なんですね。

 

先ほどのツイートにも書いてある通り、暴落した時に追加で購入できるように資金の余力を残す、余剰資金で投資をするというのが基本中の基本となります。

 

このように、仮想通貨投資は価格の動きが激しいからこそ、しっかり戦略を練って賢く取引をしていく必要があるわけです。

 

特に今回まとめてお話した「余剰資金で投資を行う」、「下がっても売らない長期投資をする覚悟を持つ」、「暴落したタイミングで追加購入する」という基本の鉄則を守って投資していきましょう。

 

参考:【保存版】ビットコインや仮想通貨の確定申告の計算方法を徹底解説!

まとめ

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨投資は価格の変動が激しいため、必ず鉄則を守って投資すべし。

 

その鉄則というのは「必ず余剰資金で投資をする」、「信じたコインを長期保有する覚悟を持つ」、「暴落したタイミングで購入」という3つ。

 

結局、ビットコインにしろ、他の仮想通貨にしろ、この1年で何十倍、何百倍になっているため、短期的な上下で見るのではなく、長期的に見た方がいいだろう。

 

参考:【2017年最新版!】仮想通貨人気ランキング!今後アツい仮想通貨は?