Pocket

 

「TCH」は中国の仮想通貨取引所であるCoinTigerが発行する独自トークンで、今後、価格が上がるのではないか、と期待されている仮想通貨のうちの1つです。

取引所が発行する独自トークンといえば、Binanceの「Binance Coin(BNBトークン)」やHuobiが発行する「Huobi Token(HTトークン)」などが大きく価格を上げたことで注目されてきました。

 

ということで今回は、CoinTigerが発行する独自トークンである「TCH」とはどんな仮想通貨なのか、TCHの将来性を徹底解剖していきます。

また、価格が上がりやすい取引所トークンのポイントもお話していますので、じっくり読んでみて今後の投資の参考にしてみてください。

 

TCHを購入する>>CoinTiger公式サイト

 

価格が上がりやすい取引所トークンのポイントとは?

 

取引所が発行する独自トークンの中で最も有名なものは、Binanceが発行するBinance Coin(BNBトークン)ではないでしょうか。

実際に、2017年の末にかけて、Binanceの取引高が増えて成長していくのに合わせて高騰して、ICO後から最大150倍にまで成長するに至りました。

 

また、2018年5月もビットコインの価格が停滞する中で、Huobiが発行するHuobi Token(HTトークン)やOKBトークン、FTトークンなど取引所トークンが軒並み価格を上げています。

なぜ取引所トークンの価格はここまで堅調な動きを見せているのか、価格が上がりやすい取引所トークンのポイントは以下の通りです。

 

  • 手数料割引
  • 手数料収入を配当として付与
  • 上場コインの投票権やイベントでの使用
  • 「Burn」で市場に出回る供給量を減らす
  • 新規上場コインの無料プレゼント

 

このように、取引所トークンは保持するメリットが多くあり、取引所が自身のトークンの価格を上げるために、価格が上昇していく仕組みを用意しています。

その中でも、価格が上がりやすいものは「配当の付与」と「Burn」になります。

 

配当の付与はトークンを所持しているだけで、一定の割合の配当が得られるため、所有したいと思う人は少なくありません。

取引所の取引高が上がれば、取引所の収入が上がり、その分だけでトークン保有者の配当が上がり、さらに欲しがる人が増え、取引高が上がっていくという好循環が生まれます。

 

また、Burnは市場に出回っている独自トークンを買い戻すことによって、供給量を減らし、自然と「需要>供給」の形を作ることができ、価格上昇につながります。

そのため、取引所の独自トークンを見極める上では、上記の5つのポイントと、その中でも「配当」と「Burn」を意識してみてください。

TCHとはどんな仮想通貨?取引所CoinTigerの独自トークンの将来性

 

TCHは中国の仮想通貨取引所CoinTigerが発行する独自トークンで、イーサリアムを基盤とするERC20トークンになります。

CoinTigerは2018年6月19日時点で、取引高31位となっており、これからの成長に期待でき、その分だけTCHの価格が上がる可能性を秘めています。

 

また、特徴としては手数料割引、配当の付与、四半期ごとのBurn、エアドロップの開催などが挙げられます。

先ほど取り上げた価格が上がりやすいポイントも全て当てはまっており、メリット・将来性がかなり大きいと考えていいでしょう。

 

なお、取引所のCoinTigerはアフィリエイトプログラムを実施しており、報酬が40%と高めに設定されていることから、盛んに紹介されることにより、登録者が増え、取引高が上がり、価格が上がることが期待されています。

実際に、2017年末にBinanceのBNBトークンの価格が高騰した要因にアフィリエイトが挙げられますので、このTCHにも期待がかかります。

TCHを扱う取引所・買い方とは?

 

TCHは仮想通貨取引所「CoinTiger」が発行する独自トークンですので、CoinTigerで購入することができます。

CoinTigerは中国の取引所であり、UIもBinanceとほとんど同じであるため、Binanceなど海外の取引所を使用したことがある方は下記から登録してサッと購入してみてください。

 

TCHを購入する>>CoinTiger公式サイト

 

なお、CoinTigerは海外の取引所であるため、日本円の入金ができません。

国内の取引所でビットコインを購入し、CoinTigerに送金することで入金を行い、TCHを購入する流れとなります。

 

CoinTigerにビットコインを送金した後は、下記の通り、取引所内で「TCH / BTC」を選択してください。

 

 

すると、「TCH / BTC」のチャートが出てきますので、下記の通り、購入したい量を入力すれば完了になります。

これからの成長に期待できるTCHですが、まだ取引所も大きくないため、あくまで余剰資金で投資されることをおすすめします。

まとめ

 

取引所が発行する独自トークンは、配当や新規上場通貨の投票権、手数料割引など保有するメリットがあり、価格が上がりやすい仕組みになっている。

実際に、2017年にはBinanceのBNBトークンがICO時から150倍に高騰、2018年にはHuobiのHTトークンやOKExのOKBトークンの価格が上がったことで話題になった。

 

TCHは取引所CoinTigerが発行する独自トークンであり、配当やBurnがあることから価格の上昇に期待されている仮想通貨の1つ。

CoinTigerもまだ成長段階の取引所であるため、成長した際には大きな価格高騰が期待できる。

 

TCHを購入する>>CoinTiger公式サイト

 

 

※他にも注目情報が出てきましたら、Twitterで情報を配信していきますので、フォローしておいてください。