Pocket

 

仮想通貨は1000以上の種類が存在していますが、やはり時価総額の大きい仮想通貨の方が期待されており、リスクが低いため、注目される傾向にあります。

 

仮想通貨投資は比較的どのコインも上昇していますが、感覚で取り組むよりも、しっかり各コインを調べて戦略的に投資をする方がはるかにリスクも減り、利益も大きくなります。

 

そのため、今回は時価総額ランキングで上位に位置しているStellar(ステラ)の特徴、将来性、取引所での購入方法まで徹底解説していきます。

 

Stellar(ステラ)を購入するなら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Stellar(ステラ)とはどんな仮想通貨か?

 

  • 通貨名:Stellar(ステラ)
  • 通貨略号:XLM(ルーメン)
  • 公開日:2014年7月
  • 発行上限数:1000億XLM+年1%増加
  • 承認システム:SCP(Stellar Consensus Protocol)
  • 公式サイト:https://www.stellar.org/

 

新しい仮想通貨がどんどん出てくる中、Stellar(ステラ)は比較的古い仮想通貨で2014年7月に公開された仮想通貨になります。

 

Stellarとはどんな仮想通貨かというと、一言でいうと、Ripple(リップル)を元にしており、人と銀行、決済システムを結びつけるプラットフォームです。

 

リップルと同様に、Stellarを使うことによって、国境を越えて高速で信頼性の高い方法でコストをかけずに決済・取引することができるようになることが大きな特徴と言えます。

 

ここまで聞くと、 Rippleと同じかと思いますが、明確な違いは存在します。

 

それは、Rippleが大手の金融機関を対象としたプラットフォームに対して、Stellarは個人の決済・取引を対象としたプラットフォームになります。

 

個人を対象としているため、必然的に決済・取引の金額が小さくなり、Rippleよりも比較的速く決済・取引が行われるのがStellarのメリットです。

 

現状の海外送金・取引では時間、手間がかかり、手数料も大きいのですが、それを解決することができるという点でRippleとStellarが注目されている理由と言えるでしょう。

 

そして、Stellarは人と銀行・決済システムを結びつけ、ドルやユーロといった法定通貨や他の仮想通貨に換算することができるので非常に利便性に長けています。

 

このStellarは実をいうと、当時最大級であったビットコイン取引所「Mt.Gox(マウントゴックス)」の創業者であり、仮想通貨のカリスマと言われたジェド・マケーレブ氏が手がけていたことで大きな注目を集めた仮想通貨です。

 

ちなみに、4年前の2014年にマウントゴックスが破綻した際に、ジェド・マケーレブ氏はこのStellarを売却しています。

 

参考:TRON(トロン / TRX)とはどんな仮想通貨?将来性・チャート・取引所・買い方を徹底解説!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

仮想通貨Stellar(ステラ)の今後の将来性

 

Rippleの個人版がStellar(ステラ)ということで、このコインに期待している方も多いのではないでしょうか。

 

Stellarが期待されている点として、世界的大企業であるIBMとの提携、フランスの企業であるTEMPOがStellarをプラットフォームとして採用したことが大きいでしょう。

 

また、フィリピンでは人口のおよそ半分が銀行口座を持っていないと言われているため、Stellarが金融機関と提携して個人間送金の実現を目指しているのも好材料です。

 

根本的な仕組みや使用用途でいうと、Rippleと同じであるため、Rippleが上昇するとStellarも引き上げられることは十分に考えられてます。

 

送金・取引プラットフォームという実用化の面でも、時価総額ランキング上位にいるという安定性の面でも、期待している人が多いのではないでしょうか。

 

参考:NEO(ネオ)とはどんな仮想通貨?今後の動きや将来性、取引所・購入方法

Stellar(ステラ)を扱う取引所・購入方法

 

Stellarは国内の取引所での取り扱いがないため、購入したいのであれば、海外の取引所で購入する必要があります。

 

StellarはBinance、Bittrex、Poloniexといった取引所で取り扱いがありますが、取引量・取引銘柄・日本語対応といった観点から、Binanceでの購入がおすすめです。

 

Stellar(ステラ)を購入するなら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Binanceでは日本円での入金ができないため、Binanceにビットコインを送金する形で入金を行ってください。

 

そして、Binanceの取引銘柄一覧から「XLM / BTC」を選択します。

 

 

すると、下記のように「XLM / BTC」のチャートが出てきますので、下記の赤枠から取引量を入力して購入が完了となります。

 

まとめ

 

StellarはRipple(リップル)を元にした、人と銀行、決済システムを結びつける個人向けプラットフォーム。

 

Rippleと同じく、Stellarを使用することで、国境関係なく高速でコストをかけずに決済・取引することができるようになる。

 

世界的企業であるIBMとの提携、フランスの企業であるTEMPOがStellarを採用しているという点で期待されている。

 

Stellarを購入するのであれば、Binanceでの購入がおすすめ。

 

参考:ビットコイン投資は儲かるのか!?大きく儲ける投資戦略を徹底解説!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>