Pocket

 

2017年12月26日にGACKT(ガクト)氏が自身の公式ブログで仮想通貨事業にかける想いを綴り、「SPINDLE」という仮想通貨を手がけていることがわかりました。

 

超有名人であるGACKT氏がブログで自分の想いとともに、仮想通貨事業のことを詳しく話しており、ますます認知されるようになっていくでしょうし、読んでいてワクワクした方が多いのではないでしょうか。

 

そこで気になるのは、今回準備している「SPINDLE」とはどんな仮想通貨なのか、またなぜGACKT氏が仮想通貨事業を手がけているのか、ですよね。

 

今回はGACKT氏が手掛ける仮想通貨である「SPINDLE」の概要に関して詳しくお話していきますので、参考にしてみてください。

 

※今後情報が入り次第追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^

 

 

仮想通貨投資を始めるなら「Coincheck」に登録を!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

>> コインチェック(coincheck)公式サイト

 

参考:【超簡単・超安心!】coincheck(コインチェック)の口座開設方法を図解解説!

GACKT氏が手掛ける仮想通貨「SPINDLE」とは?

SPINDLE公式ページ:https://spindle.zone/jp/

 

実際に、GACKT(ガクト)氏が手がけている仮想通貨は「SPINDLE」というもので、まだ上場はしておらず、ICOで資金を集める準備を行っている段階です。

 

SPINDLEは「ブロックチェーンとスマートコントラクトを用いた改ざん不可能な透明性の高い情報と公平性を持った投資・運用のプラットフォーム」を指します。

 

運用者の運用計画書・運用履歴・運用成績などをブロックチェーン技術を用いて記録し、個人が投資を行う時に、虚飾不可能な情報から投資判断を行うことができるようになります。

 

また、スマートコントラクトの技術によって、投資情報はブロックチェーン上に記録され、銀行や証券会社といった第三者を介することがないため、投資者と運用者の間で対等な立場を保つことを可能にします。

 

これらがSPINDLEの核となる透明性・公平性であり、今までの投資・運用に生じる漠然とした不安を取り除く、最大の解決策であると考えられているわけです。

 

透明性と公平性により信頼して投資を行うことができ、多くの人々が「主体的に」投資に取り組むようになることをSPINDLEは意図しているとのことです。

 

このプラットフォームにより、投資が非中央集権化していき、投資者と運用者が対等となり、投資者は同時に運用者にもなり得ます。

 

結果、投資が単なるお金を増やす目的だけで行われるのではなく、プロジェクトに参加・支援するという別の目的でも投資が行われるようになることも目指しているようです。

 

参考:仮想通貨投資の”始め方”と”投資の秘訣”を誰でもわかるように簡単解説!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

GACKT氏が仮想通貨事業に取り組む理由とは?

 

2017年12月26日にGACKT(ガクト)氏が自身のオフィシャルブログに仮想通貨事業への想いを綴っていますが、果たしてなぜ仮想通貨事業に参画しているのか。

 

それは一言でいうと、GACKT氏自身が広告塔となって多くの人に仮想通貨事業、仮想通貨投資の可能性を認知してもらうこと、と言えるでしょう。

 

2020年以降に経済がドンドン落ち込んでいくが、日本にはそれを跳ね返すほどの力・産業を持っていない。

 

そのため、今後の世界を変えていく仮想通貨をうまく活用して経済格差を縮め、自分自身で生活のレベルをあげていくしかないのである。

 

自分自身で生活のレベルを上げていく手段、それが仮想通貨投資であり、それを多くの人に伝えたいということだったんですね。

 

 

実際に、日本人には「投資」という考えに否定的な意見が多く、お金を増やすためには「転職するか」、「仕事を増やすか」しか頭にない。

 

結果、皆、疲弊しきってしまっているというわけです。

 

そうではなく、GACKT氏のブログの言葉を借りると「【仕事】と【投資】を必ずパラレルで持たなきゃダメだ!」というのがこれからの時代、重要になってきます。

 

投資は本来生活を豊かにするもので、この仮想通貨を通じて多くの人に投資というものを体感して欲しい、というのがGACKT氏の想いなのです。

 

 

仮想通貨投資を始めるなら「Coincheck」に登録を!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

>> コインチェック(coincheck)公式サイト

 

参考:【超簡単・超安心!】coincheck(コインチェック)の口座開設方法を図解解説!

仮想通貨「SPINDLE」の今後のスケジュールと購入方法

 

SPINDLEはまだICOという資金調達段階で取引所には上場しておらず、通常の仮想通貨同様には購入することができません。

 

なお、取引所への上場までのスケジュールは下記のようになっています。

 

  • 2017年10月:プライベートセール
  • 2017年12月:Web上に公開
  • 2018年1月:プライベートセール終了
  • 2018年4月:全世界へ向けクラウドセール開始
  • 2018年5月以降:購入者へトークン付与、仮想通貨取引所へ上場。

 

通常の仮想通貨取引所ではまだSPINDLEを購入することができないのですが、10月からプライベートセールということで招待者だけが購入できるようになっています。

 

 

そのプライベートセールが終わり、2018年4月にはクラウドセールで一般の人々に向けてICOが実施される流れとなっています。

 

ただ、ICOでお金を集めるだけ集めて開発をしないという詐欺も少なくありませんでしたので、下記の「評判」を読んで、その可能性も頭に入れた上で購入を検討してみてください。

追記:GACKT氏が手掛ける仮想通貨「SPINDLE」の評判は!?

 

GACKT氏が仮想通貨「SPINDLE」についてブログで話してから数日が経ってホワイトペーパーが公開されました。

 

参考:SPINDLEホワイトペーパー

 

著名人であるGACKT氏が手がけているSPINDLEですが、Twitterで仮想通貨に精通している方々からはこのような反応・評判となっています。

 

 

 

 

と、このようにSPINDLEに関しては反応があまりよくありません。

 

もちろん、これらはホワイトペーパーを読んだ上での個々人の意見ですので、断定したことではありません。

 

ただ、こういった意見があるということを頭に入れた上で、自己責任・余剰資金で投資を行っていきましょう。

 

また、なぜGACKT氏が手掛けるSPINDLEの反応がよくないかというと、仮想通貨「SPINDLE」のプロジェクトメンバーが以前に金融庁から金融商品取引業者の登録処分を受けていた「ドラグーンキャピタル(株)」と同様だったのです。

 

さらに、金融庁への確認によると、そもそも仮想通貨交換業者登録の申請すら行っていない、とのことでした。

 

SPINDLEが怪しいとされる理由に関しては、下記の記事に詳しく書いてありますので、読んでみてください。

 

参考:タレント「GACKT」が仮想通貨ICO参入も問題続発、フィンテックバブルはどうなるのか

まとめ

 

GACKT(ガクト)氏が手がけている「SPINDLE」という仮想通貨は投資における公平性と透明性を実現するプラットフォーム。

 

第三者を介することなく投資を行うことができるようになるため、お金を増やすだけでなく、運用者としてプロジェクトに参加・支援を目的として投資が行われることも目指している。

 

GACKT氏が仮想通貨事業を手がけているのは、自分を広告塔として「投資」という1つの手段を世の中に広めていきたいから。

 

もともと本来、投資は生活を豊かにするために行うもので、仕事と投資を並行して持つべきだ、というのがGACKT氏の意見。

 

参考:【仮想通貨】centrality(セントラリティ)とは?ICOへの参加方法・期間は?

 

 

仮想通貨投資を始めるなら「Coincheck」に登録を!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

>> コインチェック(coincheck)公式サイト

 

参考:【超簡単・超安心!】coincheck(コインチェック)の口座開設方法を図解解説!

 

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>