Pocket

 

取引所が発行する仮想通貨である取引所トークンは、その取引所での手数料の割引や上場投票権、配当として利用されています。

取引所の成長に合わせて、取引所が発行する独自トークンの価格が上がっていくため、多くの人が注目しており、投資先としても選ばれています。

 

実際に、2017年にはBINANCE(バイナンス)が発行したBinance Coin(BNBトークン)が、世界最大の取引所に成長していく過程で、発行時から200倍にまで高騰して注目を集めました。

最近では、Huobiの独自トークンであるHuobi Token(HTトークン)も価格を上げたこと話題となりました。

 

ということで、今回は「これから上がるであろう期待値の高い取引所トークン」をランキング形式でご紹介していきます。

※すでに価格が大きく上がっている通貨ではなく、あくまでこれからの成長に期待した上でのランキングとなります。

 

取引所トークン期待値ランキング!なぜ取引所トークンは期待されているのか?

 

取引所の独自トークンの価格が上がれば、発行している取引所は大きな利益を手にすることができるため、取引所自体も上場投票や手数料として割引、配当といった形で力を入れています。

ただ、取引所トークンといっても種類が数多く存在するため、どういったポイントで将来性を判断すればいいのか、わからない方が多いでしょう。

 

Binanceの独自トークンであるBNBトークン、HuobiのトークンであるHTトークンの例から価格の上昇しやすいポイントを挙げると以下の通り。

 

  • 取引所の取引量は多いか
  • 独自トークンによる手数料割引があるか
  • 配当があるか
  • 取引所による買い戻しはあるか
  • 紹介ボーナス(アフィリエイト)があるか

 

中でも、紹介ボーナスの存在は大きく、Binanceが世界最大の取引所になったのは、この紹介(リファラ)プログラムが大きな要因となりました。

リファラにより人が人を呼び、その分だけ取引量が増え、取引所トークンの価格も高騰する、この好循環を生むことができるのは好材料と言えるでしょう。

 

これらの要素を踏まえた上で、これから価格が伸びていくのが期待されている取引所トークンをランキングでご紹介いたします。

第1位:取引所「JEX」のJEXトークン

 

JEXトークンを購入する>>JEX公式サイト

 

第1位はOKExの元メンバーが2018年1月に創設した取引所「JEX」が発行するJEXトークンになります。

JEXは大手の取引所トークンであるBinance Coin(BNB)、Huobi Token(HT)が上場していることに加え、両トークンのETF(上場投資信託)がある点で投資家に注目されています。

 

そのJEXが発行するJEXトークンには「取引手数料50%OFF」、HTやOKBのような「配当システム」を導入しているという点でも期待値は高くなっています。

なお、取引手数料に使用されたJEXトークンは投資家保護基金に使用され、四半期ごとにもJEXがJEXトークンの買い戻しを行い、その分も投資家保護基金に使用されます。

 

投資家保護基金というのは、ハッキング起こった際に、投資者の利益を守るためのもので、投資する人からすれば、安心できる材料となるでしょう。

また、JEXにはリファラプログラムが存在しており、今後の取引量に期待している人も少なくありません。

 

実際に、Twitterでの声も以下の通り。

 

https://twitter.com/Crypt_BACK/status/1005319350432067585

 

https://twitter.com/crypto_jap/status/1004816458084319232

 

 

JEXは2018年に創設されたマイナーな取引所であるため、少々リスクは高くなってしまいますが、それでも、価格が上昇しやすいポイントを抑えていることから、大きく価格を上げる可能性を秘めていると言えるでしょう。

 

JEXトークンを購入する>>JEX公式サイト

第2位:取引所「ZB.com」のZBトークン

 

ZBトークンを購入する>>ZB.com公式サイト

 

第2位は中国の取引所「ZB.com」の取引所トークンであるZBトークンになります。

ZB.comは6月12日時点で世界第13位の取引量を誇る取引所で、OKExやBinance、Huobiと同様、中国の取引所です。

 

なお、このZB.comが注目されている理由として、政府主導の取引所であり、世界中の人々が取引できるようにすることを目指している点が挙げられます。

また、マネーロンダリング対策で本人確認書類の提出を義務付けていたり、送金スピードが非常に早い、セキュリティも高いといった点で手堅い仮想通貨取引所と言えるでしょう。

 

取引所の取引高も大きく、リファラプログラムも行っているため、これからの成長に期待している声も少なくありません。

 

 

 

https://twitter.com/castle2531/status/1002191400312553472

 

Binanceをはじめ、OKExやHuobiなど中国の取引所の独自トークンが大きく価格を伸ばしていることから、このZB.comのZBトークンも期待値は大きいでしょう。

 

ZBトークンを購入する>>ZB.com公式サイト

第3位:取引所「Fcoin」発行のftトークン

 

FTトークンを購入する>>Fcoin公式サイト

 

第3位は「Fcoin」と呼ばれる取引所の独自トークンであるFcoin Token(FTトークン)です。

今回取り上げているものの中では最も価格を大きく上げていますが、すでに価格を上げているため「期待値」という意味で第3位。

 

Fcoinは独自通貨であるFTトークンの保有者に取引所利益の配当や取引所運営の意思決定権・選挙権を与えています。

注目すべきは配当の仕組みで、取引所収益の80%が保有者に配当として分配されることになっており、配当の多くは通常50%であることを考えると、かなり大きいことがわかります。

 

その他にも、FTトークンを所持していることで、Fcoinプラットフォームの日常業務における意思決定に参加することができたり、FCoinコミュニティの選挙に参加できたり、監督できたりと、運営に参加することができるのも独自の強み。

今までの取引所トークンとは異なり、株式に近い仕組みと言ってもいいかもしれませんね。

 

また、Fcoinはアフィリエイトプログラムも行っており、さらに取引量も増えることが予想されています。

実際に、FTトークンはTwitterでもかなり話題となっており、第2のFTトークンを探す動きが強まっていると言えるでしょう。

 

 

 

 

ただ、すでに大きく高騰しているため、期待値という意味では、まだ価格を上げていない仮想通貨の方が大きいと言えるでしょう。

 

FTトークンを購入する>>Fcoin公式サイト

まとめ

 

取引所が発行する独自トークンは取引所の成長に合わせて、価格を上げていくため、投機先として多くの投資家に注目されている。

実際に、2017年はBinanceの大きな成長に伴い、BNBトークンが発行時から200倍まで跳ね上がり、最近でもHuobiやOKExの独自トークンが価格を上げて話題となった。

 

最近の期待値で見る仮想通貨トークンのおすすめは、順にJEXトークン、ZBトークン、FTトークン。

どの取引所もリファラプログラムがあり、手数料の割引や配当システムなど強みが多く、期待している人は少なくない。

 

ただし、あくまで「期待値」のランキングであり、ハッキングなどのリスクも考えると、余剰資金で投資するのが賢明。

 

 

※他にも注目情報が出てきましたら、Twitterで情報を配信していきますので、フォローしておいてください。