Pocket

 

時価総額が低いために大きな額を投資できない仮想通貨は俗に草コインと呼ばれていますが、その分、この草コインは何十倍、何百倍にも化ける可能性を秘めています。

 

実際に、2017年12月にはXPという仮想通貨が100倍近くまで高騰したのが記憶に新しく、それによって億を超えた人も現れたほどです。

 

 

ということで今回は時価総額が低いながらも、高騰する可能性を秘めている仮想通貨としてPhore(PHR)をご紹介していきます。

 

草コインの投資はハイリスク・ハイリターンですので、今回のPhoreの特徴・将来性などを参考に投資の判断材料にしてみてください。

 

Phoreを購入するなら:>>Cryptopia公式サイト

 

参考:【超簡単】Cryptopia(クリプトピア) の登録方法と本人確認を図で解説!

 

Phoreとはどんな仮想通貨なのか?

 

Phore(PHR)は個人や小さな企業が匿名で小規模なクラウドファンディングを実施できるプラットフォームの実現を目指している仮想通貨です。

 

また、イーサリアム同様、スマートコントラクトを導入して分散型アプリケーションをサポートしていることも特徴として挙げられます。

 

この点では他のDASHやMoneroといった匿名通貨と差別化できていると言えますね。

 

もともとは元々は2014年にKryptoKoin(KTK)という仮想通貨から開発がスタートし、2017年9月にPhoreとリブランディングされ、同年11月から取引所で取引されるようになっています。

 

また仮想通貨は開発が一向に進めないものも多い中で、Phoreは開発も順調に進んでおり、下記のロードマップで開発が進むことも発表されています。

 

  • 2017年度第4四半期:マスターノードへの議決権付与
  • 2017年度第4四半期:ゼロコインプロトコル(匿名性)の導入
  • 2018年度第1四半期:OpenBazaar 2.0をベースとした分散型マーケットプレイスのリリース
  • 2018年度第1四半期:Segwitの導入

 

まだホワイトペーパーは準備中ですが、このように開発が進んでいることは投資をする我々からすれば安心でしょう。

 

なお、Phoreの詳しい内容に関してはこちらのサイトで公開されていますので、もっと知りたい方は参考にしてみてください。

 

参考:Phore $PHR

 

その他注目コイン:TRON(トロン / TRX)とはどんな仮想通貨?将来性・チャート・取引所・買い方を徹底解説!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

仮想通貨Phoreのチャート・今後の将来性

 

Phoreは1月2日時点、時価総額ランキングで259位、「1PHR=450円前後」を推移している仮想通貨ですが、果たして投資をする価値はあるのでしょうか。

 

結論からいうと、草コインとして高騰を狙うのであれば、投資してもいい仮想通貨の1つでしょう。

 

あくまでもメインとして大きなお金を突っ込むのではなく、草コインであることを認識した上で投資をすることをおすすめします。

 

まず、チャートから見て取引され始めた11月時点では20円〜50円台であったところから12月で450円〜500円台と10倍以上に上がっていることがわかります。

 

また、Phoreはdiscordと呼ばれるコミュニティを持っており、認知度が高まり、コミュニティのメンバーが集まれば集まるほど価格が上がっていく可能性を秘めています。

 

実際に2017年12月に高騰したXPやBitZenyもコミュニティを持っていた仮想通貨ですので、ついつい期待したくなってしまいますね。

 

その他にもPhoreは他のブログやメディアでも「2018年度に上がるマイナー草コイン」として3位にランクインしているため、それが認知されるようになると、お金が入ってくるかもしれません。

 

参考:ビットコインだけじゃない! 草コイン収集家が挙げる「2018年注目のマイナー仮想通貨BEST3」

 

また、開発面で見ても、ロードマップによると今後も大きな動きが見られて話題に登るでしょうから、そのタイミングで上昇する可能性を秘めているでしょう。

 

あくまで草コイン、上がればラッキーという程度で余剰資金で投資してみると面白いかもしれませんね。

 

その他有望とされるコイン:Lunyr(ルーナー / LUN)とはどんな仮想通貨?チャート・将来性・取引所・購入方法!

Phoreを扱う取引所・購入方法は?

 

Phoreはまだまだ認知度も知名度も低い仮想通貨ですので、購入できる仮想通貨取引所が限られてしまいます。

 

他の取引所にも上場する予定だと発表はあるものの、2018年1月2日時点では「Cryptopia」のみで買うことができます。

 

Phoreを購入するなら:>>Cryptopia公式サイト

 

参考:【超簡単】Cryptopia(クリプトピア) の登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

Cryptopiaでは日本円での入金ができませんので、Coincheckなど日本の取引所からビットコインを送金して入金を行いましょう。

 

そもそも国内の取引所の口座を持っていない、ビットコインを持っていないという方はCoincheckでサッと登録してしまうことをおすすめいたします。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

参考:【超簡単・超安心!】coincheck(コインチェック)の口座開設方法を図解解説!

 

Cryptopiaにログインした後は、下記のように取引銘柄から「PHR」を選択してください。

 

 

すると、「PHR」のチャートが出てきますので、チャート下の購入項目からPhoreを購入して完了になります。

 

 

冒頭でも話したように草コインはハイリスク・ハイリターン、当たればラッキーという気持ちで余剰資金で投資してみてください。

 

参考:仮想通貨投資をするなら「Binance(バイナンス)」への登録が”必須”である3つの理由

まとめ

 

Phore(PHR)は匿名で小規模なクラウドファンディングを実施できるプラットフォームの実現を目指す仮想通貨。

 

草コインではあるものの、コミュニティを持っている、開発が進んでいる、実際にチャートでも価格を伸ばしているという点で期待できる。

 

ただし、草コインはリターンが大きければ、リスクも大きいため、あくまで余剰資金での投資をおすすめする。

 

Phoreを購入したいのであれば、現状ではCryptopiaで購入が可能。

 

参考:初心者におすすめの仮想通貨取引所ランキング!取引所はこれで完璧!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>