Pocket

 

現在は主に投機としての役割を担っている仮想通貨ですが、実生活で使用できるように、それぞれの仮想通貨が開発を進めています。

そんな実用化を目指していく中で、大きな役割を担うのではないか、と言われているのが今回取り上げる「Nuls(NULS)」です。

 

Nulsは分散型アプリケーション(Dapps)の開発プラットフォームで、これを利用することで、企業がブロックチェーン技術しやすくなることが期待されているんですね。

ということで今回は、Nulsとはどんな仮想通貨なのか、今後の将来性には期待できるのか、扱っている取引所、購入方法を徹底解説していきます。

 

Nuls(NULS)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

Nuls(ナルス / NULS)とはどのような仮想通貨?

 

 

Nuls(ナルス / NULS)はカスタマイズ可能なブロックチェーン技術を用いて、企業の分散型アプリケーション(Dapps)の開発をサポートするプラットフォームになります。

スマートコントラクト、マルチチェーンシステム、クロスチェーンコンセンサスなどを実装する予定で、それぞれがカスタマイズ可能なモジュール(部品)に分けられていることで、企業がブロックチェーン技術を導入しやすくなる仕組みとなっています。

 

このようなモジュラー構造により、企業がブロックチェーンを用いた独自の分散型アプリケーションを導入しやすくなることによって、企業信頼性を向上させることをミッションとしてNulusの開発は進められています。

このNulsの特徴は大きく「PoC」、「マルチチェーン」、「洗練されたスマートコントラクト」、「柔軟性」を挙げることができます。

PoC(Proof of Credit

Nuls(NULS)は「Proof of Credit(信用の証明)」と言う独自のアルゴリズムを採用しています。

このPoCはPoSと似ており、PoSは保有をしていることで、承認作業の報酬を得ることができる一方、PoCは「クレジットスコア」というものによって報酬を手にすることができる仕組みになっています。

 

この「クレジットスコア」は「キャパシティスコア(今までそのノードでどれほどのブロックが生成したのか)」と「デュティスコア(正しいブロックの生成がなされなかった時のマイナスポイント)」によって算出されます。

この方法を取ることによって、ブロックを生成するのに適したノードを見つけることができることになります。

マルチチェーン

Nulsにはマルチチェーンのシステムも導入されています。

このマルチチェーンとは、自由にシステムを組み合わせた分散型アプリケーションが導入されているブロックチェーンをサイドチェーンとして、Nulsのメインブロックチェーンと繋ぐことを可能にする役割を持っています。

洗練されたスマートコントラクト

Nulsにはスマートコントラクトの機能も実装されており、これにより、自由にプログラミングを行うことができるブロックチェーンを使用可能にします。

また、Nulsのスマートコントラクトは洗練されており、専門的なプログラミングの知識が不要で、誰でもアプリケーションを分散型ネットワークに導入することができる仕様になっています。

柔軟性

先ほど、それぞれの機能がモジュールに分けられているとお話しましたが、それにより、使いたいブロックチェーンを自由に繋ぎあわせることができる柔軟性も持ち合わせています。

モジュールの組み替えも可能ですので、アプリケーション開発者からすれば、非常に嬉しい機能と言えるでしょう。

仮想通貨Nuls(NULS)の今後の将来性

 

今後、ブロックチェーン技術が普及していくに当たって、スマートコントラクトの機能は非常に便利なのですが、イーサリアムの場合は、開発に馴染みのない言語を使用しなければなりません。

しかし、このNulsの開発プラットフォームであれば、専門言語も不要で、モジュールを組み合わせることでブロックチェーン技術を導入できるため、ブロックチェーンの普及に大きな役割を担う可能性を持っており、注目を集めています。

 

もちろん、同様の開発プラットフォームを構築しようとしている仮想通貨も出てくるでしょうから、いかにNulsが使いやすい簡単な開発環境を提供できるか、どれほど企業に受け入れられるか、が今後の将来を握っていると言えるでしょう。

公式のウォレット公開や2018年3月にはプラットフォームのβ版も公開される予定ですので、今後の動きにも注目しておきたいところですね。

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

Nuls(NULS)を取り扱う取引所、購入方法

Nuls(NULS)を購入するためには、海外の取引所であるKuCoinやBinanceで購入する必要があります。

取引量の多さ、他の取引銘柄の豊富さ、ユーザービリティ(使いやすさ)から考えると、やはりBinanceで購入するのがおすすめと言えます。

 

Nuls(NULS)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Binanceをはじめとする海外の取引所では日本円の入金はできませんので、国内でビットコインを購入し、送金して入金を行います。

国内の取引所からBinanceにビットコインを送金できたら、取引銘柄の一覧から「NULS / BTC(BNB)」を選択しましょう。

 

 

すると、「NULS / BTC(BNB)」のチャートが出てきますので、赤枠から購入したい量を入力して購入へ進めば、完了になります。

 

まとめ

 

Nuls(ナルス / NULS)は企業のための分散型アプリケーション(Dapps)の開発プラットフォーム。

スマートコントラクトやマルチチェーンシステム、クロスチェーンコンセンサスなどがモジュールごとに分けられており、自由にカスタマイズ可能な柔軟性を持っているため、ブロックチェーンを導入するハードルが大きく下がる。

 

イーサリアムのプラットフォームのような専門的な言語が不要になり、組み合わせで分散型アプリケーションを開発できるため、注目を集めている仮想通貨の1つ。

NULSを購入する場合は、Binanceでの購入がおすすめ。

 

Nuls(NULS)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。