Pocket

 

インターネットが普及したことにより、ネットショップなどが規模を大きくしていますが、その分、小売店などの実店舗が規模を縮小させています。

小売店は直接に顧客と関わることができる反面、ネットに比べて、顧客データを収集しづらく、結果的に、Amazonなどのネットショップの方がユーザーのニーズを掴むことに成功しています。

 

そんな小売業界の問題を解消するために開発されているのが、今回取り上げるNucleus Vision(NCASH)となります。

2018年2月26日にBinanceに上場したこともあり、注目されている仮想通貨のうちの1つですので、特徴や将来性まで参考にしてみてください。

 

Nucleus Vision(NCASH)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Nucleus Vision(NCASH)とはどのような仮想通貨か?

 

 

Nucleus Vision(NCASH)は、ハーバード大学内で誕生した、小売業界の顧客管理を改善するブロックチェーン・ソリューションです。

 

インターネットが普及し、Amazonなどのネットショップが顧客データを蓄積し、ユーザーのニーズに応えて規模を拡大していく一方で、小売店は顧客情報やニーズを把握できずにどんどん姿を消しています。

もちろん、小売店にはポイントカードなどのロイヤリティでリピーターを増やす施策などを行うことができるメリットはあるのですが、それでも導入コストは高くなってしまいます。

 

顧客情報をうまく収集できないという小売店のデメリットを解消するために、Nucleus Vision(NCASH)は、IoTベースの非接触識別システムで顧客のニーズ、好み、願望などの情報を収集して、マーケティングに活用できるようになります。

この顧客情報は企業にとっては資産とも言えるものであり、それを小売店が把握することによって、より効果的な営業をかけれるようになる画期的なプロジェクトとも言われています。

 

また、このNucleus VisionのシステムはWiFi、Bluetooth、GPSなどを使用しないため、非常に導入へのハードルも低いのが特徴。

実際に、すでに10店舗で導入をしており、テストマーケティングが完了しており、実績も積み上がっています。

 

具体的なサービスに関しては下記の動画を見ていただければ、理解も深まると思いますので、ぜひ見てみてください。

 

 

開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

仮想通貨:Nucleus Vision(NCASH)の将来性

 

小売業界の問題点を解消するNucleus Vision(NCASH)の将来性ですが、サービス面、開発メンバー、ビジネスパートナーの面からみて、好材料を備えているいう声が上がっています。

先ほど取り上げたように、Nucleus Visionのサービスはすでに始まっており、テストマーケティングも完了しているというのは投資家を安心させる材料と言えるでしょう。

 

また開発メンバーは様々な分野におけるプロフェッショナルが40人以上集まっており、小売業界でも有名なCMO「Martin Dudley」氏や、AIやIoTに精通したCTO「Avinash Pitti」氏といった存在にも注目が集まっています。

仮想通貨は実用化できるかどうか、実際に使われてこそ、その価値を示すものですので、開発メンバーも重要な要素を担うこととなります。

 

なお、Nucleus Visionはすでに海外の大企業ともパートナーシップを結んでおり、中には日本でも馴染みの深い「Intel」といった企業とも提携を結んでいます。

大企業との提携から考えても、企業もこのNucleus Visionに期待しているということでしょうし、これからの動きはチェックしておきたいですね。

Nucleus Visionの今後のロードマップ

 

Nucleus Vision(NCASH)の今後の開発ロードマップですが、公式サイトに掲載されており、大きく下記のような流れとなっています。

 

  • 2013年:ハーバード大学のボストンで誕生
  • 2014年:ティムドレイパーによる資金の提供
  • 2015年:コンセプトの明確化
  • 2016年:製品のリリース開始
  • 2017年:10店舗で実装開始
  • 2018年:トークンセール+小売の成長
  • 2019年:小売業の国際展開
  • 2020年:物理的安全性の拡張
  • 2021年:スケール小売+物理的安全性の強化
  • 2022年:世界中への展開

 

すでにトークンセールも終了し、取引所にも上場していますので、順調にロードマップ通り、歩んでいると言えるでしょう。

世界の小売業への展開を視野に入れているため、かなり長期的な開発となりますが、テストマーケティングで実装も進んでいることから、開発の分野に関しては期待の声も上がっています。

 

なお、このロードマップ以上に細かいロードマップは公式サイトから確認できますので、気になる方はぜひ読んでみてください。

随時追記:Nucleus Vision(NCASH)の最新情報

Nucleus Vision(NCASH)の最新情報ですが、2018年2月26日に大手の取引所であるBinanceへの上場を果たしました。

Binanceは世界でも取引量の多い取引所ですので、ここに上場することで、取引が増え、価格が上がり、開発資金が増えていくことが期待できるでしょう。

 

 

ICOを終えて資金だけ手に入れて開発が全く進まず、取引所にも上場せずにばっくれてしまうという詐欺ケースも多い中で、Binanceへの上場はひとまずの安心材料と言えますね。

ただし、仮想通貨投資は変動も大きいため、余剰資金での投資を心がけてみてください。

 

開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

 

Nucleus Vision(NCASH)を扱う取引所・購入方法

Nucleus Vision(NCASH)を扱う取引所ですが、先ほどもご紹介した通り、世界でも有数の取引所であるBinanceへの上場を果たしています。

日本語対応、豊富な銘柄、取引量を考えても、Binanceは世界でもトップクラスと言えますので、Nucleus VisionもBinanceでの購入がおすすめです。

 

Nucleus Vision(NCASH)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

なお、Binanceは日本円での入金に対応していませんので、国内の取引所からビットコインを送金する形で入金を行います。

Binanceへの入金が完了したら、取引銘柄から「NCASH / BTC」を選択してください。

 

 

すると、下記のように、「NCASH /  BTC」のチャートが出てきますので、下記の赤枠から購入したい量を入力して購入完了になります。

 

まとめ

 

Nucleus Vision(NCASH)は、IoTベースの非接触識別システムで小売店の顧客のニーズ、好み、願望などの情報を収集して管理するブロックチェーン・ソリューション。

顧客情報をうまく収集できないという小売店のデメリットを解消し、効果的なマーケティング・営業を仕掛けることができるようになることが期待されている。

 

すでにサービスが始まっている点、開発メンバー、大企業との提携、大手の取引所であるBinanceへの上場などから考えて、このNucleus Visionに注目している人は少なくない。

なお、Nucleus Vision(NCASH)の購入はBinanceがおすすめ。

 

Nucleus Vision(NCASH)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。