Pocket

 

仮想通貨は非常に種類が多いのですが、その中には質の低いものもあれば、有望とされるコインも数多くあります。

 

今回取り上げるLunyr(ルーナー)という仮想通貨も、まだまだ時価総額が低いながらも、2018年1月から重要なイベントを抱えており、注目を集めています。

 

ということで今回はLunyrとはそもそもどんな仮想通貨なのか、今後の将来性から見て投資する価値はあるのか、どこの取引所で購入できるのか、まで徹底解説していきます。

 

時価総額が低いからこそ、価格が上がった時のリターンが大きいため、今回の内容を投資の判断材料にしてみてください。

 

仮想通貨は動きが非常に激しいため、追記した最新情報をTwitterでお届けします!

 

Lunyrを購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Lunyr(ルーナー)とはどんな仮想通貨なのか?

 

Lunyr(ルーナー)とは、イーサリアムベースの分散クラウドソース型百科辞典を提供する仮想通貨で、ブロックチェーンを基盤としたWikipediaと考えるとイメージしやすいでしょう。

 

となると、当然類似サイトであるWikipediaがライバルとなるのですが、Wikipediaとは明確な違いがあります。

 

それは、Wikipediaはユーザーからの寄付という形で成り立っているのに対して、Lunyrはマネタイズできる仕組みを持っているということ。

 

簡単にいうと、Lunyr上に情報を書き込む投稿者、そしてその投稿をレビューした人に報酬を与えるというもので、一般人の投稿者にもメリットがあるわけです。

 

そして、その報酬はLunyr上に広告枠を設けて、それを売る、データベースを売るというビジネスモデルで成り立っています。

 

また、ブロックチェーン技術を基盤としているため、中央管理者がいない、サーバーダウンがないというのもWikipediaとの違いと言えます。

 

Wikipedia自体で世界第6位のアクセス数を誇っており、LunyrがWikipediaを越えれずに、その次の立ち位置になったとしても相当なアクセス数は見込めるでしょう。

 

将来的にはAR、VR、AIなどのアプリケーション開発に使用するAPI開発を進め、それらにLunyr上のデータを提供するという長期ビジョンを持っています。

 

参考:仮想通貨投資をするなら「Binance(バイナンス)」への登録が”必須”である3つの理由

仮想通貨Lunyr(ルーナー)のチャート・今後の将来性

 

Lunyr(ルーナー)は現在、時価総額ランキング218位、「1LUN=2000円台」を推移している仮想通貨ですが、果たして今後の将来性は見込めるのでしょうか。

 

結論から言えば、期待できる仮想通貨の1つと言ってもいいでしょう。

 

というのも、2018年1月4日には「開発のアップデート」、1月30日には「β版のリリース」を控えており、注目される要素を持っているからです。

 

 

参考:Open Beta Launch on January 30, 2018

 

また、それだけでなく、Lunyrは開発チームが積極的に進捗をSNSで発表しており、参加者・投資家との関係を構築しようとしているところも好材料でしょう。

 

開発が進み、それを発表することで注目・期待されて価格は引き上げられる世界ですので、こういった姿勢を見せてくれることは我々からしても安心できるものがありますね。

 

もちろん、必ず上がるということではありませんので、投資してみようと思う方は自己責任・余剰資金で投資をしてみてください。

 

その他有望とされるコイン:NEO(ネオ)とはどんな仮想通貨?今後の動きや将来性、取引所・購入方法

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

Lunyr(ルーナー)を購入できる取引所は?

 

Lunyr(ルーナー)はまだまだ時価総額の低い仮想通貨ですので、海外の取引所で購入する必要があります。

 

Lunyrの取り扱いがある取引所はBittrexとBinanceで、日本語対応、取り扱い通貨が豊富な「Binance」での購入がおすすめです。

 

本格的に仮想通貨投資をするのであれば、Binanceに登録をしておけば投資の幅が広がるため、サッと登録しておきましょう。

 

Lunyrを購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

Binanceでは日本円での入金ができませんので、CoincheckやBitflyerと言った国内の仮想通貨取引所からビットコインを送金する形で入金してください。

 

なお、国内の取引所の口座を持っていないという場合はCoincheckがシンプルで使いやすく、銘柄も多いのでおすすめです。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

参考:【超簡単・超安心!】coincheck(コインチェック)の口座開設方法を図解解説!

 

「LUN」の購入方法ですが、Binanceにログインして、取引銘柄の項目から「LUN / BTC」を選択してください。

 

 

すると、「LUN / BTC」のチャートが表示され、下記の赤枠の部分から「LUN」を購入することができます。

 

 

仮想通貨投資で大きく利益を伸ばしている人は長期保有していることがほとんどですので、信じたコインをずっと保有しておく、という覚悟を持って投資してみてください。

 

参考:初心者におすすめの仮想通貨取引所ランキング!取引所はこれで完璧!

まとめ

 

Lunyr(ルーナー)はWikipediaのような百科辞典をブロックチェーン基盤で実現しようとしている仮想通貨。

 

Wikipediaとの明確な違いは寄付ではなく、報酬制にあり、Lunyrに情報を投稿・レビューした人に報酬が与えられ、Lunyrは広告やデータ提供という形でマネタイズする。

 

2018年1月に「アップデート」と「β版のリリース」を控えており、開発チームもSNSでの発信に積極的で将来性にも期待できると言える。

 

Lunyrの購入は日本語対応・銘柄が豊富なBinanceでの購入がおすすめ。

 

Lunyrを購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

その他有望とされるコイン:【仮想通貨】HempCoin(ハンプコイン / THC)とは?チャート・将来性・取引所・購入方法!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>