Pocket

 

2017年の末から2018年にかけて草コインが高騰し始めており、今回取り上げるKIN(キン)もまた年始から価格をあげている仮想通貨のうちの1つです。

 

2018年に入った直後、1月1日には「1KIN=0.0004ドル」の価格をつけていたのですが、1月9日には「1KIN=0.001ドル前後」を推移するようになっています。

 

では、このKin(キン)とは一体どのような仮想通貨なのか、また投資するほどの将来性を持っているのか、お話していきます。

 

最新情報も随時更新して追記していきますので、投資の判断材料にすべくじっくり読んでみてください。

 

Kin(キン)を購入するには:>>Mercatox公式サイト

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

Kin(キン)とはどのような仮想通貨か?

 

Kin(キン)は2017年9月12日に公開された仮想通貨で、カナダの大手メッセージアプリの会社が発行しています。

 

このKinの由来は「kinship」からきており「人と人とのつながり」を意味しています。

 

そのため、このKinはデジタルサービスの非中央集権的なシステムを目指しており、ソーシャルメディアや支払い、チャットなどのサービスにしようされるという特徴を持っています。

 

この仮想通貨の開発を進めているのはKikという会社はすでにメッセージアプリで3億人以上のユーザーを抱えているため、ICOの段階から非常に期待されていました。

 

実際に、KikがICOでトークンセールを実施した際には、2017年9月26日までに1億ドルを集めることに成功した実績を持っています。

 

簡単にいうと、日本でいうLINEの会社が自社のサービスやソーシャルメディアで使用できる仮想通貨を作っているというイメージだとわかりやすいでしょう。

 

なお、KinはERCトークン20としてイーサリアムブロックチェーンを基盤として開発されています。

 

その他注目コイン:【仮想通貨】iXledger(アイエックスレジャー / IXT)のチャート・将来性・取引所・購入方法!

 

チャートから見るKin(キン)の今後の将来性

 

Kin(キン)のチャートは上記の通りで、2018年に入り、価格を大きく伸ばしています。

 

取引開始直後から12月初旬までは「1KIN=0.00006ドル前後」を推移しており、12月から価格を上げ、1月9日現在では「1KIN=0.001ドル前後」となっています。

 

Kinの今後の将来性に関しては、運営会社であるKikがデジタルサービスの市場としてどれだけ成長していけるか、にかかっています。

 

Kikのブログ運営をしたり、デジタルコンテンツの利用によってKinを獲得できる仕組みですので、そもそもの運営会社Kinの成長が仮想通貨での利用・需要につながるのです。

 

また、Kikはこの仮想通貨の開発を見越して、2015年、2016年にKikポイントというポイント制度を試験的に作り、大成功を収めていることも期待されている理由の1つでしょう。

 

このKinは最終的に出前だったり、通販、ネットショップなどで使用できるようになるとされています。

 

Kinはまだまだ公開されて間も無く、徐々に開発も進んでいくでしょうから最新情報が届き次第、随時更新していきます。

 

参考:VeChain(ヴェチェーン / VEN)とはどんな仮想通貨?チャート・将来性・取引所・購入方法!

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

Kin(キン)を扱う取引所・購入方法

 

Kinを購入できる取引所ですが、まだ主要な取引所には上場しておらず、Ether delta、Mercatox、Cossで買うことができます。

 

取引量が最も多いのは「Ether delta」ですが、購入までの手続きが難しく、おすすめなのはついで取引量が多く、使いやすい「Mercatox」です。

 

Kin(キン)を購入するには:>>Mercatox公式サイト

 

Mercatoxにログインし、ビットコインを送金した後は、取引銘柄一覧の項目から「KIN / BTC」を選択します。

 

 

すると、「KIN / BTC」のチャートが出てきますので、さらにその下にある購入項目欄を入力すれば、購入できます。

 

 

Kinの価値はまさに開発社でもあるKikにかかっていると言っても過言ではありませんので、投資をするのであれば、企業に投資をするというイメージで長期的に見ていくといいでしょう。

 

参考:【仮想通貨】centrality(セントラリティ)とは?ICOへの参加方法・期間は?

まとめ

 

Kin(キン)はカナダの大手メッセージアプリの会社が発行している仮想通貨で、デジタルサービス上で使用される仮想通貨。

 

開発会社であるKikのサービスにはすでにユーザーが3億人以上いることや、kikポイントをテストしていたという点で将来性に期待している人は少なくない。

 

Kikのデジタルサービスで使用される以上、Kinの価格が上がるかどうかはKikの成長次第と言っても過言ではない。

 

Kinは現在、「Mercatox」で購入することが可能。

 

Kin(キン)を購入するには:>>Mercatox公式サイト

 

参考:Dent(デント / DENT)とはどんな仮想通貨?将来性・チャート・取引所・購入方法まとめ!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>