Pocket

 

TwitterなどのSNSで話題となって仮想通貨が高騰していくケースは少なくありませんが、その中でも今回取り上げるマカフィー砲の威力は段違いです。

 

マカフィー砲というのは、John McAfeeというセキュリティソフトウェアの分野での有名人によるツイートのことを指しており、彼にツイートされた銘柄は一気に高騰しているのです。

 

その威力の凄まじさにTwitterでも非常に話題になっており、マカフィー砲に期待する声も少なくありません。

 

 

https://twitter.com/zio55/status/945077618243547136

 

マカフィー砲のような有名人やトレンドで仮想通貨の市場は一気に動くからこそ、今回のマカフィー砲のような動きは注意してみておかなければなりません。

 

ということで今回は今、話題沸騰のマカフィー砲とそもそもマカフィー(John McAfee)とはどんな人物なのかをご紹介します。

※今後情報が入り次第追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^

 

マカフィー砲で仮想通貨が次々と高騰!?

冒頭でも話したように、マカフィー砲とはJohn McAfee氏のツイートのことなのですが、最近、彼が有望な仮想通貨を紹介し始めたことで注目を集め始めたんですね。

 

 

簡単に和訳すると、「2000以上読んだホワイトペーパーの中から世界を変える可能性のある仮想通貨を紹介する」とのことでした。

 

これが2017年12月21日のツイートで、ここからがマカフィー劇場の始まりだったのです・・・。

マカフィー砲1発目:BURSTCoin

 

まず、最初のマカフィー砲の標的となったのがBURSTCoinという仮想通貨で、このツイートだけでも4600以上リツイートされています。

 

その結果・・・。

 

ドーーーン!!!

 

 

今まで動きのほとんどなかったBURSTCoinの値がツイートされた瞬間に2倍に跳ね上がり、現在ではツイート前の約3、4倍の価格を推移しています。

 

「1ツイートでここまで価格が上がってしまうとは」と思っていたら、翌日にはさらにマカフィー砲が・・・。

マカフィー砲2発目:Digibyte (DGB)

 

まだまだ止まらないマカフィー砲、2発目はDigibyteという仮想通貨でこちらも3300以上リツイートされています。

 

ではチャートはどのように動いたのかというと、こちら。

 

 

この時、たった1発のツイートで2倍近く跳ね上がり、Digibyteが注目を集め一気に時価総額ランキング36位にまで上がりました。

 

仮想通貨の時価が、たった1人のツイートによってこんなにも変動されていいものなのでしょうか・・・しかし、事実として高騰しているのがマカフィー砲の威力なのです。

 

しまいには、マカフィー砲を期待する声すら上がっていきます。笑

 

https://twitter.com/shunboukun/status/945079836120309760

 

もちろん、マカフィーは毎日おすすめの仮想通貨を紹介するので、次の日も続きます。

マカフィー砲3発目:Reddcoin (RDD)

 

3発目はReddcoin(RDD)という仮想通貨で、こちらも2100リツイート勢いは止まりません。

 

さすがに3日連続もマカフィー砲が続けば、チャートへの影響もないと思いたいところですが・・・

 

 

「ドーン」と価格が上がっているのがわかると思いますが、はい、これがマカフィー砲の威力です。

 

3日連続で放たれたマカフィー方の威力は全く衰えることを知らず、それどころか勢いをまして、仮想通貨の価格を高騰させているのです。

 

実際に、このReddcoin(RDD)の時価は現在でも2倍を超えて推移しています。

 

衝撃的なマカフィー砲の威力にTwitterでも非常に話題になっています。

マカフィー砲に対するTwitterでの声はこちら

仮想通貨投資ではTwitterでの情報交換や発信が盛んであるため、このマカフィー砲にも非常に注目が集まっています。

 

 

 

 

 

また、こんなことを狙っている人も・・・。笑

 

 

冗談でこんなツイートも。笑

 

 

また、下記のように、ブロックチェーン・仮想通貨の分野における専門家もマカフィー砲に注目をしています。

 

 

他にも、マカフィーのツイートするコインを当てようとしている人も現れたり、とマカフィーの影響は止まることを知りません。

 

ちなみにマカフィーの偽物までも現れました。笑

 

https://twitter.com/cryptoJD1010/status/944943449735757824

 

たった1人のツイートでここまでの価格を動かしてしまうことからも、仮想通貨投資における媒体力、影響力、トレンドの大きさがいかに重要かわかりますね。

 

<今後情報が入り次第追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

 

そもそもマカフィー(John McAfee)とはどんな人物?

 

そもそもマカフィー砲として仮想通貨の世界を騒がせているJohn McAfee氏とはどんな人物なのでしょうか。

 

McAfee氏はセキュリティソフトウェアの草分けであるマカフィー・アソシエイツ創業者として有名ですが、その経歴もマカフィー砲に劣らずなかなか破天荒です。

 

  • 1994年複数の事業を立ち上げるも、同時に麻薬を愛用
  • 2012年には殺害容疑で逮捕
  • 2016年には米国の政治批判、大統領に立候補(予選敗退)
  • テロリストのiPhone解読に一躍

 

麻薬に殺害容疑から大統領立候補と振れ幅が半端ないマカフィー氏ですが、その発言力の大きさゆえ、Twitterでも40万フォロワーと大きな影響力を持ちます。

 

そんなMcAfee氏が2016年からブロックチェーン業界へ参入し、ビットコインのマイニング、セキュリティ、ハードウェアの開発なども行い始めたのです。

 

ビットコインのマイニングでも後発ながら、マイニングの売上で上位に立つなど存在感を示してきているというわけです。

 

こういった経緯もあり、McAfee氏のTwitterでの発言にも非常に大きな影響力が備わっているのです。

 

今回のマカフィー砲のように、著名人の発言・発信、トレンドなどで仮想通貨市場が大きく揺れ動くことがわかったかと思います。

 

そういう意味でも、このマカフィーだけでなく、日々の仮想通貨関連のニュースにはアンテナを張っておきたいですね。

 

 

参考:【2017年最新版!】仮想通貨人気ランキング!今後アツい仮想通貨は?

まとめ

 

仮想通貨事業でも非常に影響力の大きいJohn McAfee氏のツイートがマカフィー砲と呼ばれており、1ツイートで価格が2倍、3倍に上がっている。

 

そして、そのマカフィー砲が3日連続できているため、非常に注目を集めており、マカフィー砲に期待する声は大きい。

 

マカフィーという人物自身も非常に波乱万丈な人生を送ってきており、影響力・発信力の強い存在だからこそ、今回のマカフィー砲を起こすことができた。

 

そういう意味でも、影響力の強い著名人の仮想通貨への動き、トレンドには常にアンテナを張っておくのが吉。

 

 

参考: TRON(トロン / TRX)とはどんな仮想通貨?将来性・チャート・取引所・買い方を徹底解説!

 

 

 

<今後情報が入り次第追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>