Pocket

 

ICON(アイコン)はICOを経て取引所に上場して、価格を数十倍まで上げたことで注目を集めている仮想通貨です。

 

今回は、このICONとはどのような仮想通貨なのか、その特徴から将来性、取引所での購入方法まで徹底解説していきます。

 

今までの市場では「人々の期待」で価格が上がっていきましたが、長期投資をするのであれば、何よりも重要になるのは実用性、開発のロードマップ、機能性といった「中身」となるでしょう。

 

そういう観点から見て、ICONには投資する価値があると言えるのでしょうか。

 

ICON(アイコン)を購入するなら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

ICON(アイコン)とはどんな仮想通貨?

 

  • 通貨名:ICON(アイコン)
  • 通貨略号:ICX
  • 公開日:2017年9月22日
  • 発行上限数:400,230,000ICX
  • 承認システム:LFT
  • 公式サイト:https://www.icon.foundation/jp/

 

ICON(アイコン)とは簡単にいうと、スマートコントラクトを備えたプラットフォームの開発を目指している仮想通貨で、韓国で作られているため韓国版イーサリアムと呼ばれています。

 

韓国版イーサリアムということで、もちろん、プラットフォーム内で誰でも分散型アプリケーション(DAPPs)を作ることが可能です。

 

 

また、公式サイトによると、ICONは韓国国内ですでに銀行、証券、病院、大学といったコミュニティで繋がっており、ブロックチェーンIDや決済、取引などがコミュニティを越えて使用できるようになると公表されています。

 

簡単にいうと、将来的に、病院や銀行、証券など現実世界でもこのICONが使用されることを目指しているということ。

 

ただ、実際にどういった企業・機関と提携しているのかは記載がなく、その点においては懸念しておくべき点と言えるでしょう。

 

ICONの最新情報に関しては下記の公式ブログを確認してみてください。

 

参考:ICON公式ブログ:https://medium.com/helloiconworld

 

その他には、スマートコントラクトを利用して、ブロックチェーンIDを発行し、ICONのアプリケーションネットワークのサービスでは安全に電子署名、認証を行うことができる特徴を持っています。

 

ICONはウォレットの機能も備えており、分散型取引所を介して取引、決済、両替ができるようになっており、こちらもネットワーク内のサービスで利用が可能になっています。

 

参考:TRON(トロン / TRX)とはどんな仮想通貨?将来性・チャート・取引所・買い方を徹底解説!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

特徴から見るICON(アイコン)の今後の将来性!

 

韓国版イーサリアムと言われるとちょっと期待したくなってしまうかもしれませんが、果たして、このICONの今後の将来性には期待してもいいのでしょうか。

 

ポイントとなるのはやはり実用化の部分で、ICONの開発が進み、プラットフォーム上でアプリケーションが作られていったり、実社会で使用されるようになると、その価値はドンドン上がっていくでしょう。

 

中国版イーサリアムと呼ばれているNEO(ネオ)では、プラットフォーム上でICOが実施されたりと実用されてきているため、そちらの動きも参考にしてみることをおすすめします。

 

参考:NEO(ネオ)とはどんな仮想通貨?今後の動きや将来性、取引所・購入方法

 

また、ICONは2017年の9月に公開されたということを考えると、まだまだこれからの仮想通貨であると考えていいでしょう。

 

実用化ではなく、開発・マーケティングの観点では、ICONのアドバイザーには有力者が多く集まっていることも好材料の1つ。

 

 

具体的には、「ブロックチェーン革命」をはじめとして世界的ベストセラーを15冊以上も執筆したDon Tapscott氏や、クラウドファンディングの分野において世界でもっとも影響力のある10人のうちの1人選ばれたJason Best氏などがアドバイザーとして参加しています。

 

ICON(アイコン)を扱う取引所・購入方法!

 

ICON(アイコン)を購入するためには日本の取引所ではなく、海外の取引所で購入しなければなりません。

 

ICONの取り扱いがある取引所はBinanceやHuboiがメインとなりますが、取引量、取引銘柄、使いやすさの観点から「Binance」での購入がおすすめです。

 

ICON(アイコン)を購入するなら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Binanceは海外の取引所ですので、日本の取引所からビットコインを送金する形で入金を行い、Binanceの取引銘柄から「ICX / BTC」を選択してください。

 

 

すると「ICX / BTC」のチャートが出てきますので、下記の通り、赤枠から購入量を入力して購入を完了させましょう。

 

 

中国版イーサリアムと呼ばれているNEO(ネオ)と合わせて、今後の情報にアンテナを貼っておきましょう。

 

こちらのサイトでも最新情報があり次第、随時更新し、Twitterで配信していきますので、フォローしておいてください。

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

まとめ

 

ICON(アイコン)はスマートコントラクトを備えたプラットフォームの開発を目指している仮想通貨で、分散型アプリケーションも作ることができることから韓国版イーサリアムと呼ばれている。

 

ICONの将来性に関して、ポイントとなるのは実用化の部分で、プラットフォーム上でアプリケーションが作られていったり、実社会で使用されるようになると、その価値はドンドン上がっていくとされる。

 

今後のICONに関しては、開発が進んでいる中国版イーサリアムと呼ばれるNEO(ネオ)にも注目してみておきたい。

 

ICONを購入したいのであれば、取引量も多く、取引銘柄が豊富なBinanceでの購入がおすすめ。

 

ICON(アイコン)を購入するなら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

参考:ビットコイン投資は儲かるのか!?大きく儲ける投資戦略を徹底解説!