Pocket

 

中国の大手取引所であるHuobi.Pro(フオビ)が「HTトークン(Huobi Token)」という独自トークンを発行しており、この独自仮想通貨が今後伸びていくのでは、と注目されています。

実際に、Binance Coinがそうであったように、取引所が発行する独自トークンは、その取引所を使用するユーザーが多くなればなるほど価格を上げていきます。

 

「HTトークン(Huobi Token)」を発行するHuobi.Proは世界でも取引量の多い大手の取引所であるため、その人気と合わせてHTトークンの需要も大きくなることが予想されています。

ということで、今回は「HTトークン(Huobi Token)」とはどんな仮想通貨なのか、将来性はあるのか、買い方・取引所などを徹底解説していきますので、じっくり読んでみてください。

 

※Huobiはその他の海外の取引所と同じ仕様になっていますので、すでに海外の取引所を使用されている方はサッとHuobiに登録して購入してみてください。

HTトークンを購入する>>Huobi.Pro公式サイト

 

HTトークン(Huobi Token)とはどんな仮想通貨?

 

HTトークン(Huobi Token)は冒頭でも話した通り、大手の取引所であるHuobi.Pro(フオビ)が発行する仮想通貨で、基本情報は以下の通り。

 

  • 通貨名:Huobi Token
  • 通貨略号:HT
  • 公開日:2018年1月
  • 発行上限数:500,000,000 HT
  • 取扱い取引所:Huobi.Pro
  • 公式Twitter:https://twitter.com/HuobiJapan

 

HTトークン(Huobi Token)のブロックチェーンはイーサリアムを基盤としており、主な特徴として、「4半期ごとに利益の20%を買い戻し」、「手数料50%OFF」、「プロジェクトへの投票」といったものが挙げられます。

4半期ごとにHuobiが利益の20%のHTトークンを買い戻し

これはBinanceが採用しているものと全く同じですね。

Huobi.Proが4半期ごとに利益の20%の買い戻しをすることにより、HTトークンの価格が上がるとされています。

 

また、買い戻すことによって、Huobi.Proはその分をハッキングされた時の対応に使用するとされており、投資をする人からすれば安心できる材料となっています。

HuobiがHTトークンの買い戻しをすることによって、HTトークン(Huobi Token)の価格の安定につながるのは大きなメリットと言えるでしょう。

HTトークンを使うことで取引手数料が50%OFFに

 

Huobi.Proで取引を行う際に、HTトークンを手数料として使用することで、取引手数料50%OFFで売買を行うことができる仕組みを採用しています。

ただ、こちらは事前にVIPサービスに申請して、先にある程度の金額を払っておくことで利用できる仕組みになっており、BinanceのBNBトークンよりは不便と言えるでしょう。

 

割引の比率は以下の通り。

 

  • VIP 1:120HT・・・10%
  • VIP 2:600HT・・・20%
  • VIP 3:1,200HT・・・30%
  • VIP 4:6,000HT・・・40%
  • VIP 5:12,000HT・・・50%

 

50%の割引の権利を得るためには、12,000HTが必要となるため、50%OFFは少々ハードルが高いですね。

ただ、VIP1やVIP2であれば割引を受けれる方も多いかと思いますので、割引を受けたい方はVIP申請をしてみてもいいでしょう。

HTトークンでプロジェクトへの投票が可能

 

Huobi.Proが今後、何かプロジェクトを行った際に、HTトークンで投票を行うことができます。

Binanceでいえば、上場投票が有名ですが、Huobiでも同じように新規上場銘柄の投票をメインに行っています。

 

新規銘柄が上場した際、その銘柄の取引量が増えるため、価格が高騰するというのがお決まりのパターン。

そのため、Huobiの上場投票を利用して、新規銘柄の高騰を狙っていくとうまくリターンを得られるかもしれませんね。

Huobi自体が注目されている取引所であり、HTトークンの高騰が期待できる

 

また、HTトークン(Huobi Token)を発行するHuobi(フオビ)自体、取引量が多く、今後の成長が期待されている取引所でもあります。

その理由の1つにアフィリエイトプログラム(紹介制度)が挙げられるでしょう。

 

2017年にBinanceが大きく成長することができたのも、このアフィリエイトプログラムで多くの人が登録を促し、取引量が増えていった背景があります。

アフィリエイトプログラムが始まったことで取引所が成長、それに応じて、HTトークンが成長というのは自然の流れであり、期待している人も少なくありません。

Huobiが日本版取引所の開設による取引量の増加

Huobi(フオビ)の公式サイトでは、2018年6月にHuobiの日本版サイトを開設する、という記載があります。

2018年3月には、Huobiの韓国版サイトを予定していて、実際に、進出が決定しています。

 

ただし、日本への進出は、改正資金決済法(仮想通貨法)の改正等で、仮想通貨交換事業所の審査が非常に厳しくなっています。

その審査を乗り越えて、多くの仮想通貨を扱うHuobiが日本に進出することができれば、HTトークンの取引量が増え、価格の高騰に期待ができるでしょう。

HTトークン(Huobi Token)の今後の将来性

 

Huobi.Proが発行する「HTトークン(Huobi Token)」ですが、その将来性に大きな期待が集まっています。

その理由は大きく2つ。

 

まず1つ目は大手の取引所が発行する仮想通貨であり、その取引所の利用者が増えれば増えるほど、需要が高まり価格が上がっていくことが期待されているからです。

実際に、Binanceが発行しているBNBトークンも、Binanceの利用が増える連れて価格を上げていき、たった半年で50倍以上に高騰しています。

 

同じように、Kucoinが発行しているKuCoin Shares (KCS)という仮想通貨も、今でこそ価格が下がっていますが、大きな高騰を見せました。

また、Huobi.Proの取引高も大きく、2018年4月時点で世界第3位となっており、非常に信頼性もあるのが好材料と言えるでしょう。

 

2つ目の理由として挙げられるのは、「HTトークン(Huobi Token)」そのものの人気です。

HTトークン(Huobi Token)は取引所に上場する前の初期セールでは、なんと衝撃の「1秒」で完売してしまいました。

 

世界でも有数の取引所が発行する独自トークンということで、世界からの人気も少なくなく、これがHTトークンの価値を支えてくれるでしょう。

大手の取引所発行の仮想通貨という過去の実例や、プレセールでの人気から照らし合わせてみても、「HTトークンはアツい」と期待されています。

 

HTトークンを購入する>>Huobi.Pro公式サイト

HTトークン(Huobi Token)の買い方・取引所は?

 

「HTトークン(Huobi Token)」を購入して仕込んでおきたい、という方に買い方・取引所をご紹介していきます。

HTトークン(Huobi Token)はHuobi.Proが発行する仮想通貨ですので、もちろん、購入できる取引所は「Huobi.Pro」になります。

 

HTトークンを購入する>>Huobi.Pro公式サイト

 

Huobi.Proは海外の取引所ですので、日本円での入金ができません。

そのため、国内の取引所からHuobi.Proにビットコインを送金する必要があります。

 

Huobi.Proにビットコインを送金する際は、下記のように、Huobi.Proの画面から「入金&出金」を選択します。

 

 

すると、下記の画面に遷移しますので、「BTC」の項目で「入金」をクリックして、ビットコインの入金アドレスをコピーします。

これを、国内の取引所での送金先として入力すれば、ビットコインを送金することができます、

 

 

Huobi.Proにビットコインを入金した後は、いよいよ「HTトークン(Huobi Token)」を購入します。

Huobi.Proの「取引所」へ進み、取引銘柄から「HT」を選択します。

 

 

すると「HT / BTC」のチャートが出てきますので、その画面下の購入欄から購入したい量を入力して、購入します。

 

 

事前に仕込んでおくことで、大きなリターンを得る事ができるのですが、「必ず」とは限りませんので、あくまで余剰資金での投資を心がけてみてください。

HTトークン(Huobi Token)のロードマップ

HTトークン(Huobi Token)はHuobi(フオビ)の独自トークンとして使用されるのですが、ロードマップは下記の通りです。

 

  • 2018年3月:Huobiウォレットの開発
  • 2018年3月:Huobi韓国版取引所の開設
  • 2018年6月:Huobi日本版取引所の開設

 

Huobiはウォレットの開発やアジア諸国の取引所開設をロードマップとして掲げており、取引量を増やそうと試みています。

実際に、2018年3月には韓国への進出が決まっており、着実にHTトークンの存在感は増してきています。

 

また、2018年6月にはHuobiが日本に進出する可能性を持っているとのことで、進出することができれば、取引量の増加、価格の向上に期待ができますね。

HTトークン(Huobi Token)に対するTwitterでの声

アフィリエイトプログラムが始まり、さらなる成長が期待されるHTトークンは、実際に4月から大きく価格をあげています。

実際に、この価格高騰やHuobiの成長を受けてのTwitterでの声をご紹介いたします。

 

https://twitter.com/inago_bch_jp/status/994567055880798208

 

 

 

 

仮想通貨市場自体が安定期として、停滞しているにもかかわらず、HTトークンは地合いが強く、大きく価格を伸ばしています。

ただ、まだまだ、2017年のBinanceほど話題にはなっていませんので、これからアフィリエイトが盛んになっていくと、大きく価格を伸ばして行く可能性を秘めていると言えるでしょう。

まとめ

 

「HTトークン(Huobi Token)」は中国の大手取引所であるHuobi.Proが発行している独自トークン。

HTトークンはBinanceと同じように4半期に一度、利益の20%の買い戻しが行われるため、その度に、価格が上昇する。

 

取引量の多い取引所が発行する仮想通貨ということや、初期セールで1秒で完売したということもあり将来性に期待されている。

HTトークン(Huobi Token)を購入するには、発行している取引所である「Huobi.Pro」で購入することができる。

 

HTトークンを購入する>>Huobi.Pro公式サイト