Pocket

 

リップル(XRP)はビットコインやイーサリアムなどと並ぶ人気の仮想通貨です。

2017年のはじめには、「1XRP=1円以下」だった価格が年末には「1XRP=400円以上」にまで高騰し、非常に話題になった仮想通貨でもあります。

 

この価格高騰した影響はもちろん、その将来性からもリップルを所持している人は少なくありません。(むしろ非常に多いくらいでしょう。)

ということで、今回は大人気のリップルを購入するのであれば、どの取引所で購入するのがいいのか、最もお得な買い方、購入方法をご紹介していきます。

 

購入する取引所を変えるだけでもかなりお得になりますので、今回の内容を参考にしながらリップルを購入してみてください。

第1位:取引手数料無料のbitbank.cc(ビットバンク)

 

ビットバンクに登録する>>ビットバンク公式サイト

 

リップル(XRP)を最もお得に購入するのであれば、「bitbank.cc(ビットバンク)」が非常におすすめです。

というのも、bitbank.ccでは2018年6月30日まで取引手数料無料キャンペーンを実施しており、その分だけお得に購入することができるから。

 

さらに、bitbank.ccの場合は、販売所(運営会社から手数料を上乗せされる)ではなく取引所での購入(取引所内の個人間売買)となるため、運営に手数料を取られることなく購入することができます。

bitbank.cc以外の取引所では販売所形式での購入となるため、手数料を乗っけられて、価格が高くなってしまうわけです。

 

そのため、リップルを購入するのであれば、間違いなく「bitbank.cc」で購入する方がお得でしょう。

なお、bitbank.ccではビットコインキャッシュや国内通貨で人気のあるモナコインの購入にも適していますので、ドンドンbitbank.ccを使ってみてください。

 

ビットバンクに登録する>>ビットバンク公式サイト

 

登録方法を確認する>>【簡単】ビットバンク(bitbank.cc)とは?評判から口座開設まで図解解説!

第2位:入出金に手数料がかからない:GMOコイン

 

GMOコインに登録する>>GMOコイン公式サイト

 

続いて、リップルをお得に購入できる取引所第2位は、「GMOコイン」になります。

GMOコインでは、bitbank.ccとは異なり、販売所形式ですので、その分だけ運営側に手数料を持っていかれることになってしまいます。

 

そのため、基本的にはbitbank.ccで購入することをおすすめいたします。

ただ、販売所形式での購入はすぐに購入することができるため、いますぐにでも買いたい、という方はGMOコインを使ってもいいでしょう。

 

また、GMOコインでは仮想通貨FXをする上でスマホアプリが非常に使いやすいとメリットやイーサリアム・ライトコインの取り扱いもありますので、登録しておいて損はない取引所と言えます。

 

GMOコインに登録する>>GMOコイン公式サイト

 

参考:【図解】GMOコインの登録・口座開設方法を超わかりやすく解説!

第3位:セキュリティに不安があるが取引銘柄の多いCoincheck(コインチェック)

bitbank.ccやGMOコインだけでなく、Coincheck(コインチェック)でもリップル(XRP)を購入することができます。

2018年1月にハッキング事件が起こらなければ、堂々の2位だったのですが、安全性、セキュリティの不安から第3位となりました。

 

Coincheckのメリットはやはり取り扱い銘柄が多い点と非常に使いやすい点でしょう。

しかし、こちらも販売所形式で手数料が高いため、安くお得に購入したいのであれば、あまりおすすめはできません。

 

やはり、お得に購入したいのであれば、取引手数料が無料で、取引所形式で運営に利益を上乗せされない「bitbank.cc(ビットバンク)」での購入をおすすめします。

 

ビットバンクに登録する>>ビットバンク公式サイト

リップル(XRP)が期待されている理由・将来性は?

 

ビットコインやイーサリアムと並んで、その将来性に大きく期待され、人気を博しているリップル(XRP)ですが、果たしてなぜここまで人気があるのでしょうか?

リップルが期待されている主な将来性は下記の3つが挙げられます。

 

  • 送金手数料や速度に優れており、海外送金を便利に
  • 大手の企業や銀行と提携して話題性に富む
  • 時価総額上位で大きな人気があり支持も大きい

 

やはり一番の期待は海外送金をもっと安く、もっとスムーズにすることです。

今の海外送金の仕組みでは、マイナーな仮想通貨であると、直接交換できず、アメリカドルやユーロに替えてから交換する必要があったり、時間やお金もかかってしまいます。

 

その手間を省くために、リップルが通貨間のハブとなって、通貨同士の送金、交換、決済を簡単にできるようにしてくれるのです。

現在の仕組みでは送金に日数もかかり、手数料も高くなってしまうため、リップルが実用化されることで、さらにグローバルな取引に利便性が増すことを期待されています。

 

また、リップルはすでに多くの世界的大企業や銀行と提携を結んでいるのも好材料と言えるでしょう。

やはり、大きな企業の後ろ盾があることで、その通貨自体も信用してもらうことができ、大企業が抱える顧客が利用してくれる可能性も高くなります。

 

そういう意味でも、リップルの今の状況は非常に恵まれていると言っていいでしょう。

なお、価格の高騰やこういった背景からリップルを長期保有している人も少なくありません。

 

このように、リップルの高騰や実用化を信じている人が多くいるということは、価格の安定にもつながりますし、これから波に乗った時に大きな勢いとなり得ます。

「1XRP=1000円」までいくのでは、とまで言われているリップルですが、実際に2017年だけでも400円台を掴みましたので、あり得る話かもしれませんね。

 

そんなリップルを購入するのであれば、やはり手数料無料で、取引所でのお得な購入(運営側の上乗せ手数料がない)ができる「bitbank.cc」がおすすめです。

 

ビットバンクに登録する>>ビットバンク公式サイト

まとめ

 

リップル(XRP)を購入するのであれば、取引手数料がかからず、取引所で購入することができるbitbank.ccが最もお得。

GMOコインやCoincheckでも購入することができるが、販売所形式となってしまうため、高くなってしまうのがデメリット。

 

リップルはその取引手数料の安さや送金速度の速さから海外送金の仕組みを変えると言われている。

2017年だけでも「1XRP=1円以下」から「1XRP=400円越え」まで上昇して人気の地位を確立したリップルだけに、その期待は大きい。