Pocket

 

トロン(TRON)は2017年12月に大きく高騰して話題になった仮想通貨で、高騰してからもずっと時価総額上位をキープしています。

具体的にいうと、12月はじめには「1TRX=0.2円」だったのですが、2018年1月には「1TRX=25円前後」、たった1ヶ月弱で100倍の価格になってしまいました。

 

この大きな上昇を見せたこともあり、トロン(TRON)を支持している人は少なくありません。

ということで、今回は高騰して大きく話題になったトロン(TRON)をお得に購入する買い方、取引所をご紹介していきますので、参考にしながら購入してみてください。

 

第1位:トロン(TRON)を最もお得に購入するならBinance(バイナンス)

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

結論からいうと、トロン(TRON)を最もお得に購入することができる取引所はBinance(バイナンス)になります。

トロンの取引量が最も多い取引所は「Upbit」という韓国の取引所なのですが、日本人は登録できませんので、2番目に取引量が多く、取引手数料の安い「Binance」が1位となりました。

 

Binanceではトロン(TRON / TRX)だけでなく、その他にも有望銘柄を多く扱っているため、非常に人気のある仮想通貨取引所になります。

仮想通貨投資で大きなお金を稼いでいる人で、持っていない人はいないと言われるほどの取引所です。

 

なお、Binanceの手数料は0.1%なのですが、Binanceが発行するBinance Coinを使用することで、手数料が0.05%となり非常に安く仮想通貨を購入することができます。

世界最大の取引量、有望銘柄が豊富、手数料も安い、使いやすいという点から、Binanceへ登録しておくことをおすすめします。

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

※現在、金融庁がBinanceへの注意を喚起しましたが、そこまで大きな問題になることもなく、今のところは問題なく取引をすることができます。

第2位:マイナーなコインも購入できるBittrex(ビットレックス)

 

Bittrexに登録する>>Bittrex(ビットレックス)公式サイト

 

続いては、マイナーな仮想通貨を購入することができ、世界でも有数の取引所であるBittrex(ビットレックス)が第2位にランクイン。

2017年の末から2018年にかけて、多くのマイナーなコインが高騰したことで、マイナーな仮想通貨を探すために登録する人が増えました。

 

トロン(TRON)を安く購入するのであれば、Binanceですが、マイナーなコインも発掘したいというのであれば、このBittrexで購入してもいいでしょう。

ただ、マイナーな仮想通貨が高騰する時代は終わった、という声も上がっているほどですので、トロンを購入するのであれば、Binance一択で問題ありません。

 

Bittrexに登録する>>Bittrex(ビットレックス)公式サイト

参考:仮想通貨投資をするなら「Binance(バイナンス)」への登録が”必須”である3つの理由

第3位:ICOの上場人気投票を行っているBit-Z

 

Bit-Zに登録する>>Bit-Z公式ページ

 

第3位は取引手数料が安く、ICOの上場人気投票も行っている「Bit-Z」がランクイン。

Binanceほど取引銘柄が豊富ではありませんが、使い勝手もよく、Binanceへの新規登録が規制されているのであれば、このBit-Zを使用するのも1つの手と言えるでしょう。

 

その他にもログインパスワードとは別に取引パスワードの機能を備えており、セキュリティの対策には余念がありません。

また、実施されたICOのコインを上場させるかどうか、投票で決まるようになっているのも面白い点と言えるでしょう。

 

あまり使用する機会はないかもしれませんが、登録してみたいという方はぜひ使ってみてください。

 

Bit-Zに登録する>>Bit-Z公式ページ

トロン(TRON / TRX)が期待されている理由・今後の将来性!

 

トロン(TRON / TRX)は2017年末に大きく価格をあげて、一躍人気の仮想通貨の仲間入りを果たして、今もなお、時価総額でも上位に位置しています。

トロンはエンターテイメント特化の分散型プラットフォームを開発しており、世界中のクリエイターを支援することが目標とされています。

 

そんなトロンに対して、「なぜここまで価格が上がっているのかわからない」と疑問を呈す人もいれば、トロンに将来性を見出している人も少なくありません。

トロン(TRON / TRX)がここまで期待されている理由、将来性は大きく下記の3つが代表的なものと言えるでしょう。

 

  • 提携や提携の噂が絶えず常に話題性がある
  • マカフィーなど著名人が取り上げている
  • 日本を含め数々の取引所への上場の噂

 

提携や提携の噂が絶えず、常に話題性がある

トロン(TRON / TRX)はとにかく提携や提携の噂が絶えず、常に話題性があります。

1000万人が利用するアプリである「Peiwo」での採用、台湾のobikeとの提携、中国版「Netflix」との提携、アリババとの噂など話題がつきません。

 

実際に、噂だけでなく、提携も多くあり、その分だけ利用される機会が増えるため、トロン(TRON / TRX)の価格が上がるでしょう。

特に、仮想通貨のこれまでの傾向では、実用性というよりも話題性で認知され、価格がつられて高騰するということが多かったため、その点では期待できるかもしれませんね。

マカフィーなど著名人が取り上げている

仮想通貨界隈では有名なJonh McAfee(マカフィー)氏が、Twitterでトロンのことを取り上げた際には、価格が大きく高騰することとなりました。

また、最初は仮想通貨に対して、懐疑的な意見を持っていた投資の神様・ウォーレン・バフェット氏も手にするのであれば、持っておきたい仮想通貨としてトロンを取り上げています。

 

このように、著名人がトロンを取り上げることにより、人々もトロンに投資をしていきますので、それにつられて価格が上がっていくというわけですね。

実際に、マカフィーがツイートしたタイミングでトロンの価格がグッと上がりましたので、著名人が触れるというだけでも投資の面では好材料となります。

日本を含めて数々の取引所へ上場!?

仮想通貨は取引所に上場したタイミングで取引量が増えるため、価格が上がる傾向にあります。

その点で、トロンはHuobiやCryptopiaなど数々の取引所に上場していっているため、取引量を順調に増やし、時価総額でも上位に位置することができました。

 

また、日本の取引所に上場するという噂もあり、さらに取引量も増えていくものと見られます。

提携の噂、著名人の注目、数々の取引所への上場、これらの観点から、トロン(TRON / TRX)に期待している人は少なくないでしょう。

 

ただ、どれだけ噂や情報があっても、投資に「必ず」は存在しません。

暴落しても冷静な判断ができるように、あくまで余剰資金で購入することを心がけましょう。

まとめ

 

トロン(TRON / TRX)はエンターテイメント特化の分散型プラットフォームで、世界中のクリエイターを支援するために開発が進められている。

なお、トロン(TRON)を購入するのであれば、取引銘柄も豊富で手数料が安いBinanceでの購入が最もおすすめ。

 

トロンは数々の企業との提携や提携の噂、著名人に取り上げられるなど話題性があり、取引所へいくつも上場しているということから将来性に期待している人も多い。

ただ、どんな情報にも「絶対」はないため、あくまで余剰資金で投資をすべき。

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!