Pocket

 

モナコイン(MONA)は日本発祥のコインで、2017年末に大きく高騰したことで話題になった仮想通貨の1つです。

具体的にいうと、2017年のはじめには1MONA=2,3円前後をうろついていたのが、年末には1MONA=2000円台にまで乗せるほどの高騰を見せました。

 

今でこそ価格が落ち着いてはいるものの、熱狂的なコミュニティ、ファンに支えられて再び大きく高騰する可能性を秘めていると言われています。

実際に、秋葉原ではモナコインで支払いができたり、メイドカフェでも支払いができるなど、お金として使用できる数少ない仮想通貨になります。

 

ということで今回は、モナコインを最もお得に購入するならどの取引所がおすすめなのか、また、なぜモナコインが期待されているのか、解説していきます。

 

第1位:取引手数料無料「ビットバンク(BitBank.cc)」

 

ビットバンクでモナコインを購入する>>ビットバンク公式サイト

 

モナコインをお得に購入できる取引所で、最もおすすめなのは「ビットバンク(bitbank.cc)」になります。

というのも、2018年6月末までビットバンクでは手数料無料で取引を行うことができるから。

 

もちろん、モナコインだけでなく、リップル、イーサリアムといった主要の仮想通貨も手数料無料で購入することができるため、非常におすすめの取引所になります。

後でもお話しますが、モナコインの短期的な投資であればこの「ビットバンク(bitbank.cc)」、長期的な投資をするのであれば「ザイフ(Zaif)」での取引をおすすめします。

 

また、ビットバンクでは仮想通貨をオフラインウォレットに保管していますので、セキュリティ対策にも余念がありません。

登録も非常に簡単ですので、手数料無料でお得に取引したい方はサッと登録を済ませて、購入してみましょう。

 

ビットバンクでモナコインを購入する>>ビットバンク公式サイト

 

登録方法を確認する>>【簡単】ビットバンク(bitbank.cc)とは?評判から口座開設まで図解解説!

第2位:モナコインの長期保有なら積立投資の「ザイフ(Zaif)」

 

Zaifでモナコインを購入する>>Zaif公式サイト

 

モナコインの短期的な投資をするのであれば、取引手数料が無料であるbitbankでの購入がおすすめなのですが、長期的な投資をするのであれば、Zaifを使うことをおすすめします。

というのも、Zaifには他の取引所にはない「積立投資」のシステムがあるから。

 

積立投資は毎月決めた額を自動で購入してくれるシステムで、価格の安いモナコインは積立投資との相性はバッチリです。

2017年末のような高騰を期待して、毎月積立をしながら、「その時を待つ」という戦略を取りたい方はぜひ、Zaifでの取引をおすすめします。

 

Zaifでモナコインを購入する>>Zaif公式サイト

 

参考:【簡単・安心】Zaif(ザイフ)の登録、口座開設から本人確認までを図解解説!

第3位:初心者でも簡単購入!セキュリティも万全「ビットフライヤー(BitFlyer)」

 

 

BitFlyerでモナコインを購入する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

モナコインは基本的にビットバンク(bitbank.cc)かザイフ(Zaif)で事足りるのですが、ビットフライヤー(BitFlyer)でも購入することができます。

ビットフライヤーの場合は、上記2つの取引所とは異なり、販売所での購入となるため、手数料が高くなってしまいます。

 

それでも、販売所での購入は非常に簡単になりますので、新しく取引所の登録をするのは嫌で、サッと購入してしまいたいという方はビットフライヤーでの登録をおすすめいたします。

また、ビットフライヤーは世界の安全な取引所ランキングでも第1位に輝いているほどですので、安心して取引を行うことができますよ。

 

BitFlyerでモナコインを購入する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

参考:【超簡単】ビットフライヤー(bitflyer)の口座開設方法を図解解説!

第4位:海外取引所でもモナコインは買える!?「ビットレックス(Bittrex)」

 

Bittrexに登録する>>Bittrex(ビットレックス)公式サイト

 

モナコインは日本発祥の仮想通貨ですが、「ビットレックス(Bittrex)」といった海外の取引所でも購入することができます。

ただ、わざわざビットコインの送金が必要で手間がかかる海外の取引所で買うメリットはありませんので、参考までにとどめておくといいでしょう。

 

なお、仮想通貨投資で大きくお金を増やしたいというのであれば、国内の仮想通貨だけでなく、海外の取引所も利用することをおすすめします。

特に、世界最大の取引所であるBinanceの銘柄は有望という声が多いため、Binanceのアカウントは事前に持っておきましょう。

 

実際に、2017年に価格を大きくあげたTRON、ADA、IOTAもBinanceの銘柄ですので、ここからお宝銘柄を見つけ出してみてください。

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

参考:仮想通貨投資をするなら「Binance(バイナンス)」への登録が”必須”である3つの理由

なぜモナコイン(MONA)に期待する声が多いのか?

 

モナコインは当初、ネタコインという位置付けだったのですが、2017年の高騰をきっかけに、投資先として将来性が期待されるようになりました。

モナコインに期待する声が多いのは、基本的に以下の4つが大きな理由とされています。

 

  • 日本発祥の仮想通貨で情報が入りやすい
  • 実際に決済として使用されている
  • 熱狂的なファン・コミュニティが存在する
  • Twitterのトレンドにピックアップされるなど話題性がある

 

仮想通貨の多くは海外で開発されているものが多いため、どうしても入ってくる情報にスピード感が欠けてしまったり、信ぴょう性に欠けてしまいます。

しかし、モナコインは日本発祥のため、すぐに情報が入ってきて、多くの日本人が購入する可能性を秘めています。

 

また、冒頭でもお話しましたが、モナコインは秋葉原のメイドカフェやゲームショップで使用できたりと実用性があるのも好材料です。

それに加えて、熱狂的なファンやコミュニティが存在していますので、モナコインが流通し、価格が上がっていくことも期待されています。

 

2017年末にモナコインが高騰した際に、Twitterのトレンドワードとして載ったように、モナコインが爆発した時の威力は計り知れません。

2017年に700倍になったということもあり、今後も同じように爆発することが期待されているというわけです。

 

モナコインは多くの人が「また高騰するのでは」、と期待している仮想通貨ですので、ビットバンクで安く購入して、仕込んでおくことをおすすめします。

 

ビットバンクでモナコインを購入する>>ビットバンク公式サイト

まとめ

 

モナコイン(MONA)は2017年に大きく高騰して話題となった仮想通貨の1つ。

実際に決済に使用されている、熱狂的なファン、コミュニティが存在する、日本発祥の仮想通貨という点で、将来性に大きく期待されている。

 

もしモナコインを短期的に安く購入したいのであれば、ビットバンク(bitbank.cc)」での購入がおすすめ。

モナコインの将来性にかけて長期保有で投資をしていくのであれば、ザイフ(Zaif)で購入し、積立投資をしていくのがおすすめ。