Pocket

 

2017年は数多くの仮想通貨が何倍、何十倍、何百倍にも高騰し、仮想通貨元年として話題になりました。

今回取り上げるリスク(LSK)もそのうちの1つで、2017年はじめには「1LSK=10円台」だったのが、2017年末には最高値で「1LSK=4000円」まで到達しています。

 

2018年に入ってからも国内取引所であるビットフライヤー(BitFlyer)に上場、リブランディングなど話題性があり、日本でも人気を誇る仮想通貨です。

ということで、今回はリスク(Lisk / LSK)を最も安く購入できる買い方、おすすめの取引所をわかりやすく解説していきます。

 

取引所によって手数料や価格も変わり、しっかり取捨選択すれば安く購入することができますので、リスク(LSK)をできるだけ安く購入してみてください。

 

第1位:リスクを(LSK)最も安く購入するなら世界最大のバイナンス(Binance)

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

リスク(LSK)を最も安く購入することができる取引所は世界最大の取引所である「バイナンス(Binance)」です。

Binanceでは手数料が非常に安いため、「ビットフライヤー(BitFlyer)」などの国内の取引所で購入するよりも安く買うことができます。

 

ただし、海外の取引所となるため、日本円での入金はできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、それをBinanceに送金する形で入金を行い、そのビットコインでリスク(LSK)を購入する必要があります。

 

とは言っても、そんなに難しいことではありませんので、リスクを少しでも安く買いたい方は「Binance」で購入してみてください。

一方で、「海外の送金とかちょっと難しそうで不安」という方は、後ほどご紹介する「BitFlyer」で購入しましょう。

 

ただ、2017年に高騰した仮想通貨の多くはBinance銘柄のものばかりで、大きくリターンを得たいのであれば、Binanceに登録しておくことをおすすめします。

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

第2位:一番簡単でセキュリティも安心のビットフライヤー(BitFlyer)

 

BitFlyerに登録する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

2018年1月31日にリスク(LSK)は国内大手の取引所である「ビットフライヤー(BitFlyer)」に上場を果たしました。

BitFlyerは世界でもトップレベルのセキュリティを誇る取引所として評価されていますので、安心して取引を行うことができるでしょう。

 

また、BitFlyerは日本の取引所ですので、日本円で購入できるのが魅力の1つ。

Binanceでは安く買えるのですが、送金の手間や不安から、簡単に安心して購入することができる「BitFlyer」を選ぶのも1つの手と言えるでしょう。

 

BitFlyerではビットコインなどと同じように、サッと購入することができますので、登録を済ませて購入してみることをおすすめします。

 

BitFlyerに登録する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

参考:【超簡単】ビットフライヤー(bitflyer)の口座開設方法を図解解説!

 

また、ビットフライヤーでは、同じく大きく高騰して話題になったモナコイン(MONA)も購入することができますので、こちらも合わせてチェックしておくことをおすすめします。

 

参考:モナコイン(MONA)のお得な買い方!購入するならどの取引所がいいの?

コインチェック(Coincheck)やビットレックス(Bittrex)でも買えるが…

最も安く購入するのであれば「Binance」、最も簡単に安心して購入するのであれば「BitFlyer」、とおすすめの取引所を2つご紹介してきました。

ただ、リスク(LSK)は上記の2つの取引所だけでなく、コインチェック(Coincheck)やビットレックス(Bittrex)といった取引所でも購入することができます。

 

Coincheckはご存知の通り、2018年1月にネム(NEM)の盗難事件で話題となりましたので、不安が残ります。

また、Bittrexを使うのであれば、Binanceを使用する方がいい、というのが結論です。

 

そのため、リスクを購入するのであれば、「Binance」「BitFlyer」の2択と考えていいでしょう。

リスク(LSK)の将来性が期待されている3つの理由

 

日本国内ではリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)が人気を誇っていますが、このリスク(LSK)も負けないくらい将来性に期待されています。

高騰する前は「リスク=Risk」ということで揶揄されていましたが、2017年末の高騰で、リスクに期待している人が非常に多くなりました。

 

それでは、なぜリスク(LSK)にここまで期待されているのでしょうか、その理由は大きく以下の3つが挙げられます。

 

  • JavaScriptを使用できるDAppsの開発プラットフォーム
  • 2018年も話題性に期待できるロードマップ
  • BitFlyerへの上場やリブランディングなど動きが活発

 

リスク(LSK)とは、イーサリアム(ETH)やネオ(NEO)と同じDApps(分散型アプリケーション)の開発プラットフォームです。

要するに、このリスク上で新しい仮想通貨を開発したり、ICOという資金調達ができるということ。

 

さらに、イーサリアムやネオなどのプラットフォームと異なるのは、既存のプログラマーに馴染みの深いJavascriptを使用できるという点。

そのため、リスク上では既存のプログラマーでも簡単に仮想通貨開発ができるようになる、ということで注目を集めているわけです。

 

このリスクもプラットフォームが普及して、開発が進められるようになると、ますます仮想通貨の発展はスピード感を増していくでしょう。

リスクの詳しい内容をもっと知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

 

参考:リスク(Lisk / LSK)とはどんな仮想通貨?チャート、将来性、取引所まとめ!

 

また、リスク(LSK)は「モバイルとデスクトップアプリの発表」、「SDKの配布」、「分散型取引所のリリース」など2018年もまだまだ目白押しのイベントがたくさんあります。

こういったイベントごとに仮想通貨の価格が上がる傾向にありますから、リスクに期待している人も少なくないのです。

 

また、仮想通貨の中には全く開発状況や進捗がわからず、ICOの資金だけ集めて、そのまま放置というパターンも多くあります。

その点、リスクはBitFlyerへの上場やリブランディングなど話題性があり、動きにも透明性があるという点が安心材料となっているのかもしれません。

 

2017年にも高騰して話題となった仮想通貨ですので、興味がある方は余剰資金で投資してみてもいいでしょう。

その際は、「Binance」「BitFlyer」で購入することをおすすめします。

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

まとめ

 

リスク(LSK)は2017年に10円台から一時4000円台にまで高騰して話題になった仮想通貨。

また、2018年1月末にBitFlyerに上場し、日本円で気軽に購入することが可能になっている。

 

リスク(LSK)を最も安く購入するのであれば、海外取引所である「Binance」、安心して簡単に購入するのであれば「BitFlyer」がおすすめ。

Javascriptを使用できるDAppsの開発プラットフォーム、今後も開発の予定が目白押しであるという点から、国内でも人気のある仮想通貨の1つ。

 

BitFlyerに登録する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

参考:【超簡単】ビットフライヤー(bitflyer)の口座開設方法を図解解説!