Pocket

 

イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)やリップル(XRP)と並んで時価総額でもトップを走る仮想通貨です。

スマートコントラクト、仮想通貨の開発プラットフォーム、ICOで使用される通貨として、イーサリアムは不動の人気を誇っています。

 

2017年だけでも、「1ETH=1000円台」から最高値で「1ETH=14万円台」まで高騰しており、多くの人がその将来性に期待して所持しています。

時価総額でもトップクラスを走り安定した資産とも言えるイーサリアムですが、どの取引所で購入するのが最もおすすめなのでしょうか?

 

ということで、今回はイーサリアム(ETH)を買うのにおすすめの取引所をランキング形式で取り上げていきます。

また、なぜイーサリアムがここまで人気なのか、その将来性もわかりやすく解説していきますので、その価値を理解した上でお得に購入してみてください。

 

第1位:イーサリアム(ETH)を唯一日本円で購入できる「Zaif(ザイフ)」

 

Zaifでイーサリアム(ETH)を購入する>>Zaif公式サイト

 

イーサリアム(ETH)を購入するのであれば、最もおすすめの取引所は「Zaif(ザイフ)」になります。

というのも、Zaifは国内で唯一、「日本円」でイーサリアムを指値購入することができる取引所だからです。

 

指値というのは、自分が購入したい金額を取引所で表示させて、その価格で売ってくれる相手を待って取引を行う買い方になります。(難しく書いていますが、非常に簡単です。)

Zaif以外の取引所では、日本円でイーサリアムを購入することができず、一度、ビットコインに替えてから、イーサリアムを購入しなければなりません。

 

その手間を考えると、安心して購入できるのは「Zaif」ということで1位にランクインしました。

また、Zaifでは仮想通貨の積立投資を行うことができますので、長期的に堅実に投資をしたい方はぜひ利用してみることをおすすめします。

 

Zaifでイーサリアム(ETH)を購入する>>Zaif公式サイト

 

参考:【簡単・安心】Zaif(ザイフ)の登録、口座開設から本人確認までを図解解説!

Zaif(ザイフ)でのイーサリアム(ETH)の買い方

指値取引について触れてしまい、少しややこしく感じたかもしれませんので、Zaifでのイーサリアム(ETH)の買い方も図解で解説いたします。(本当に簡単です。)

日本円を入金後、取引画面で下記のように、取引する仮想通貨を選択します。

 

 

クリックすると、下記のように仮想通貨ペアが出てきますので、「ETH / JPY」を選択してください。

 

 

すると、イーサリアム(ETH)と日本円のチャートが出てきますので、下記の通り、購入したい量を入力して「買い注文」を入れると購入完了になります。

なお、指値が先ほどお話した希望価格を待つ買い方で、成行が現在の価格での取引です。(すぐに買いたい方は成行を。)

 

 

日本円で購入できるというのは、ビットコインへの交換の手間が省けるため、イーサリアム(ETH)を購入するのであれば、Zaifを利用しましょう。

 

Zaifでイーサリアム(ETH)を購入する>>Zaif公式サイト

第2位:取引手数料無料「bitbank.cc(ビットバンク)」

 

ビットバンクでイーサリアム(ETH)を購入する>>ビットバンク公式サイト

 

第2位は、仮想通貨の取引手数料無料キャンペーン(〜2018年6月31日まで)を実施している「bitbank.cc(ビットバンク)」になります。

取引手数料が無料ですので、安く購入することができるのですが、先ほども話したように、ビットコインでしか購入することができません。

 

日本円→ビットコイン→イーサリアムという交換の手間を考えると、シンプルで安心して取引ができる「Zaif」の方がおすすめ、と言えるでしょう。

ビットコインでの取引とはなりますが、bitbank.ccでは指値取引も可能となっています。

 

なお、bitbank.ccでは日本円でリップル(XRP)を取引手数料無料で購入することができますので、リップルを買いたい場合は、こちらを使いましょう。

イーサリアムはZaifで、リップルはbitbank.ccでと使い分けておくとお得に取引を行うことができますよ。

 

ビットバンクでイーサリアム(ETH)を購入する>>ビットバンク公式サイト

 

登録方法を確認する>>【簡単】ビットバンク(bitbank.cc)とは?評判から口座開設まで図解解説!

第3位:仮想通貨FXで有名「GMOコイン」

 

GMOコインに登録する>>GMOコイン公式サイト

 

第3位は仮想通貨FXで有名なGMOコインになります。

本来、第3位はCoincheck(コインチェック)だったのですが、ネム(NEM)盗難事件もあり、第3位にGMOコインがランクイン。

 

GMOコインでの取引は販売所形式となっており、購入価格と売却価格に差(スプレッド)があります。(この差額が取引所の利益になる。)

スプレッド分だけGMOコインにお金をあげているということになりますが、「Zaif」「bitbank.cc」で購入すれば問題ありません。

 

どの取引所で購入するかによっても、損得が変わってくるということを理解しておけば問題ないでしょう。

仮想通貨FXをするのであれば、GMOコインのスマホアプリは非常に使い勝手がいいので、利用してみてください。

 

GMOコインに登録する>>GMOコイン公式サイト

 

参考:【図解】GMOコインの登録・口座開設方法を超わかりやすく解説!

第4位:スプレッドが大きいがセキュリティの高い「BitFlyer(ビットフライヤー)」

 

BitFlyerに登録する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

第4位は国内のビットコイン取引量No.1のBitFlyer(ビットフライヤー)がランクイン。

BitFlyerもGMOコインと同様に、販売所形式での購入となるため、手数料として幾分かのイーサリアムをもっていかれます。

 

販売所でのスプレッドがGMOコインよりも大きく、損をしてしまうため、BitFlyerが第4位となりました。

ただし、販売所での取引は一瞬で終わりますので、今すぐにでも欲しいという場合や、他の取引所に登録するのがめんどくさい場合は、「BitFlyer」を利用してもいいかと思います。

 

また、BitFlyerは世界でもトップクラスのセキュリティを誇る取引所ですので、安心・安全を購入するという意味で、購入してもいいかもしれませんね。

ただし、あくまでお得に、簡単にというのであれば、「Zaif」「bitbank.cc」をおすすめいたします。

 

BitFlyerに登録する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

参考:【超簡単】ビットフライヤー(bitflyer)の口座開設方法を図解解説!

イーサリアム(ETH)の将来性!なぜ期待されているの?

 

時価総額でもトップを走っていることで人気を誇るイーサリアム(ETH)ですが、なぜここまで期待されているのでしょうか?

イーサリアムが期待されているのは、その将来性にあり、大きく以下の4つをあげることができます。(もちろん、まだまだありますが。)

 

  • まだ開発途上であり、4段階のアップデータがある
  • ICOに参加するための通貨として利用される
  • 大企業によるスマートコントラクト研究
  • イーサリアムを基盤とした仮想通貨の普及

 

すでに時価総額でもビットコインに次いで2番目に位置しているイーサリアム(ETH)ですが、実はまだまだ開発途上なのです。

イーアリアムは4段階のアップデートがあり、現在はまだ3回目のアップデートを終えた段階。

 

4回目のアップデートは2018年中に行われる予定で、このアップデートが終われば、スマートコントラクトがより使いやすくなり、さらに普及していくこととなるでしょう。

そのため、4段階目のアップデート(セレニティーアップデート)が完了すれば、イーサリアムの価格が高騰するのでは、と期待されているわけです。

 

また、イーサリアムはICOという資金調達のための投資に参加するための仮想通貨として利用されています。

ICOに参加するためにはイーサリアムが必要・・・となると、必然的にイーサリアムの需要が高まり、価格が上がっていくというサイクルになるでしょう。

 

さらに、マイクロソフトやインテル、JPモルガン、三菱東京UFJといった世界的な大企業もスマートコントラクトの研究に力を入れていることも好材料としてあげることができます。

これらの多くの大企業がスマートコントラクトを導入することで、イーサリアムの利用される機会は増えるでしょうから、価格の上昇にも期待が持たれている、というわけですね。

 

また、イーサリアムはDApps(分散型アプリケーション)の開発プラットフォームであり、イーサリアムを基盤とした仮想通貨も多く誕生しています。

開発プラットフォームとして利用されることで、仮想通貨市場はさらに発展していくと見られており、そうなると、イーサリアムが与える影響は大きいでしょう。

 

このように、イーサリアムはスマートコントラクトや開発プラットフォームとして大きな役割を担っていることから、その将来性に期待されているのです。

イーサリアムを日本円でサッと購入したい方は「Zaif(ザイフ)」、ちょっと手間ですが、手数料無料で買いたい方は「bitbank.cc(ビットバンク)」で購入してください。

 

Zaifでイーサリアム(ETH)を購入する>>Zaif公式サイト

 

参考:【簡単・安心】Zaif(ザイフ)の登録、口座開設から本人確認までを図解解説!

まとめ

 

イーサリアムを購入するのであれば、日本円で購入することができる「Zaif(ザイフ)」がおすすめ。

また、ビットコインでの取引となるが、手数料無料でイーサリアムを購入することができる「bitbank.cc(ビットバンク)」もおすすめの取引所。

 

イーサリアムはスマートコントラクト、開発プラットフォーム、ICOへ参加できる仮想通貨として利用価値が高く、将来性に期待されている。

なお、GMOコインやBitFlyer(ビットフライヤー)での購入はスプレッド価格が大きく、損をしてしまうのでおすすめできない。

 

ビットバンクでイーサリアム(ETH)を購入する>>ビットバンク公式サイト

 

登録方法を確認する>>【簡単】ビットバンク(bitbank.cc)とは?評判から口座開設まで図解解説!