Pocket

 

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアムが関連した50億円相当のハッキング事件により分裂してできた仮想通貨です。

そのため、スマートコントラクトなど基本的性質はイーサリアムと同じであり、イーサリアムよりも高い安全性を確保できるよう開発が進められています。

 

イーサリアムクラシックも2017年に「1ETC=100円台」から最高値「1ETC=4500円台」と大きく高騰を見せました。

イーサリアムよりも高度なセキュリティを追求しているということで、イーサリアムクラシックに期待をしている人も少なくありません。

 

ということで今回は、イーサリアムクラシックのお得な買い方、安く購入できるおすすめの取引所や将来性をご紹介していきます。

取引所によって価格や手数料も変わってきますので、うまく使い分けることでかなりお得に購入することができますよ。

 

第1位:手数料が安くお得に購入できる「バイナンス(Binance)」

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

イーサリアムクラシックをお得に購入できる取引所として、最もおすすめなのは海外の取引所である「バイナンス(Binance)」です。

Binanceは海外の取引所なので、少し手間がかかりますが、手数料が非常に安いので、こちらで買う方が圧倒的にお得です。

 

具体的な購入方法は、「国内の取引所でビットコインを購入」→「Binanceへ送金」→「ビットコインでイーサリアムクラシック(ETC)を購入」という流れです。

難しく感じるかもしれませんが、実際は非常に簡単ですので、ぜひBinanceで購入してみてください。

 

また、Binanceは取引銘柄も多く、その中でも有望の通貨を多く取り扱っているため、2017年はBinance銘柄が次々と高騰していきました。

Binanceを使えるようになると、仮想通貨投資の幅も大きく広がりますので、仮想通貨投資で大きなリターンを得ている人はほぼ全員がアカウントを持っているほど。

 

登録方法も非常に簡単で、下記の記事でも詳しく解説していますので、参考にしながら登録して取引をしてみてください。

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

第2位:ちょっと高いけど日本円で簡単に買える「ビットフライヤー(BitFlyer)」

 

BitFlyerに登録する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

Binanceなど海外の取引所にはちょっと抵抗がある、という方は国内の「BitFlyer(ビットフライヤー)」での購入をおすすめします。

BitFlyerであれば、日本円で直接イーサリアムクラシック(ETC)を購入することができますので、非常に簡単です。

 

ただ、デメリットとしては、販売所形式となっているため、購入価格が高くなってしまいます。(手数料を取引所が収益としているため。)

日本円でサッと購入してしまいたい、という方はこちらの「BitFlyer」を利用してみてください。

 

セキュリティも世界トップクラスというのもBitFlyerの利点と言えるでしょう。

また、BitFlyerではモナコイン(MONA)やリスク(LSK)といった有望銘柄も扱っていますので、登録をしておくと何かと便利ですよ。

 

BitFlyerに登録する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

参考:【超簡単】ビットフライヤー(bitflyer)の口座開設方法を図解解説!

第3位:取引量が多く大量購入向き「ビットレックス(Bittrex)」

 

Bittrexに登録する>>Bittrex(ビットレックス)公式サイト

 

第3位は海外の取引所であるビットレックス(Bittrex)がランクイン。

ただ、Binanceに比べると手数料も高くなってしまいますので、基本的にイーサリアムクラシック(ETC)は「Binance」もしくは「BitFlyer」で購入すれば問題ないでしょう。

 

Bittrexを使う利点としては、やはり海外にはない仮想通貨の種類の豊富さ。

いろいろな仮想通貨を見てみたい、まだ高騰していないお宝コインを見つけたい、という方はぜひ登録してみてください。

 

Bittrexに登録する>>Bittrex(ビットレックス)公式サイト

第4位:レバレッジ取引のみ「DMM Bitcoin」

 

DMM Bitcoinに登録する>>DMM Bitcoin公式サイト

 

「DMM Bitcoin」ではイーサリアムを通常購入することはできませんが、レバレッジ取引を行うことができます。

レバレッジ取引というのは、原資を証拠金として、原資の何倍もの取引を行うことができる取引のことを指します。(FXの仮想通貨バージョンのイメージ。)

 

FXをもともとしており、仮想通貨FXにも挑戦してみたいという方には非常におすすめできる取引所になります。

仮想通貨FXと聞くと、難しく感じるかもしれませんが、通常のFXよりも動きが読みやすく、追証というシステムがない取引所が多いため、借金のリスクもありません。

 

そのため、仮想通貨FXは初心者にとっても取り組みやすいと言えるでしょう。

実際に、仮想通貨FXを使って資金を1ヶ月で数倍にまで増やしたり、「億」以上を稼いでいる人もいますので、興味がある方は挑戦してみてください。

 

DMM Bitcoinに登録する>>DMM Bitcoin公式サイト

 

参考:【図解】DMMビットコインの登録方法と本人認証を超簡単に解説!

イーサリアムクラシック(ETC)に期待できる点は?

 

イーサリアムとほとんど同じ特性を持っているイーサリアムクラシック(ETC)ですが、どういった点に期待できるのでしょうか。

スマートコントラクトやDAppsの開発プラットフォームなど、イーサリアムが持っている役割に期待されているのはもちろんですが、一番は非中央集権性でしょう。

 

というのも、イーサリアムのハッキングが起きた際に、「盗まれる前の状態に戻す」という処置で対応しました。

しかし、それでは開発者の意向や多数決などでプロジェクトの行方が決まってしまうため、ブロックチェーンの本来の利点である「非中央集権性」が問題視されてしまうわけです。

 

そこで生まれたのが、イーサリアムクラシックで、何も関与されない、介入されない、非中央集権制の強い仮想通貨の実現が目指されています。

そういう意味で、「信用性」の大きい仮想通貨と言えるでしょう。

 

もちろん、開発資金が乏しい、イーサリアムの二番煎じという声もありますが、それでも仮想通貨の時価総額には上位に位置しています。

上位の仮想通貨のほとんどは、ビットコインの高騰に合わせて、価格をあげていますので、イーサリアムも同様に価格をあげる可能性を秘めているでしょう。

 

このように、イーサリアムクラシックは、BitFlyerやCoincheck、DMM Bitcoionなど国内の取引所でも取り扱われており、期待されていますので、「Binance(安い)」「BitFlyer(簡単)」などで購入してみてください。

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

まとめ

 

イーサリアムクラシック(ETC)はイーサリアムから分裂した仮想通貨で、イーサリアムよりも高度なセキュリティ、非中央集権性の実現を目指している。

時価総額でも上位に位置しており、ブロックチェーン本来の利点である非中央集権性に期待されている。

 

なお、イーサリアムクラシックをお得に購入するのであれば、取引手数料が非常に安い「Binance(バイナンス)」がおすすめ。

少し高くても、簡単に、早く日本円で購入したいのであれば、「BitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しよう。

 

BitFlyerに登録する>>BitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

参考:【超簡単】ビットフライヤー(bitflyer)の口座開設方法を図解解説!