Pocket

 

初心者には意外と知られていないのですが、ビットコイン(BTC)やその他のリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)といった仮想通貨の価格は取引所によって大きく変わります。

その中でも今回は、仮想通貨のトップに君臨するビットコインをお得に購入できる方法、取引所をご紹介していきます。

 

取引所を使いわけるだけで、お得に購入することができて、その分も投資に回せるわけですから使わない手はありませんよね。

おすすめの取引所でのお得な買い方、その他持っておきたい取引所、ビットコインの将来性に関して徹底解説していきますので、参考にしてみてください。

 

ビットコイン(BTC)の購入は取引手数料マイナスの「Zaif(ザイフ)」で

 

Zaifに登録する>>Zaif公式サイト

 

ビットコイン(BTC)といえば、出川哲郎のCMで話題になっていたCoincheck(コインチェック)で購入している方が多いのではないでしょうか。

ただ、そのCoincheckは2018年1月に600億円相当のネム(NEM)がハッキングされたことで、セキュリティに不安を残しています。

 

そこで、今、ビットコインを購入するのであれば、最もお得に購入することができる「Zaif(ザイフ)」がおすすめとなります。

というのも、Zaif(ザイフ)では、取引所で購入することができることに加え、取引手数料がマイナスになるから。

 

仮想通貨の交換には「販売所」と「取引所」があり、販売所ではいくらでも運営から通貨を購入できるのですが、その分、手数料を取られてしまいます。

逆に「取引所」では、取引所上で個人間が行う取引ですので、大きな手数料を運営にもっていかれることはありません。

 

実際に、BitFlyer(ビットフライヤー)などの販売所におけるビットコインの売買価格に差があるのですが、これが運営の利益となっています。

つまり、ビットコインやその他の仮想通貨を安く購入する鉄則としては、販売所ではなく、取引所で取引を行うことと言えるでしょう。

 

そして、Zaif(ザイフ)ではビットコインを取引所で購入できる、ということで最もおすすめと言えるわけです。

取引手数料マイナスで(逆に手数料分のお金がもらえる)取引を行うことができるのもZaifのみとなっています。

 

なお、Zaifでは積立投資で堅実に投資を行うことができますので、長期投資をする方はぜひ取り入れてみてください。

 

Zaifに登録する>>Zaif公式サイト

 

参考:【簡単・安心】Zaif(ザイフ)の登録、口座開設から本人確認までを図解解説!

取引手数料マイナスでのビットコインの買い方

 

先ほども話したように、「Zaif(ザイフ)」では取引手数料マイナスでビットコインを購入することができます。

maker(指値取引)では手数料が−0.05%に、taker(成行)では手数料が−0.01%となっています。

 

maker(指値取引)とは取引所で価格を板に並べて取引を行う方法で、現在の価格ではなく、指定した価格になったタイミングで自動的に売買が行われる取引のことを指します。

なお、指値でビットコインを購入する方法はシンプルで、下記のように取引所で「指値」を指定して購入すればいいだけです。

 

 

なお、成行での取引も下記のように、「成行」を選択して、購入したい量を入力するだけで購入が完了になります。

 

 

取引所での購入になりますので、安く購入できるだけでなく、手数料もマイナスでもらえる仕組みになっていますので、ビットコインを購入するのであれば、Zaif(ザイフ)を使ってみてください。

仮想通貨投資をするなら最低限この取引所を持っておくと便利

ビットコイン(BTC)を購入するのであれば、Zaifでの購入がおすすめですが、仮想通貨取引所を使い分けることによって、お得に取引を行うことが可能になります。

ビットコインだけならZaifだけで問題ないのですが、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)といった仮想通貨も購入したい方は取引所を使い分けることをおすすめします。

 

最低限持っておきたい取引所をその使い分けと合わせてご紹介しますので、まだ登録されていない方は登録をしておきましょう。

リップル(XRP)など全仮想通貨の取引手数料無料:bitbank.cc(ビットバンク)

 

ビットバンクに登録する>>ビットバンク公式サイト

 

BitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)と比べると、少し知名度が低くなりますが、bitbank.cc(ビットバンク)」は非常におすすめの取引所です。

というのも、2018年6月末まで全仮想通貨ペアの取引手数料が無料になっているから。

 

また、大人気のリップル(XRP)を日本円で購入することができる取引所になりますので、リップルを持っている方、購入したい方はbitbank.ccで購入することをおすすめいたします。

 

ビットバンクに登録する>>ビットバンク公式サイト

 

登録方法を確認する>>【簡単】ビットバンク(bitbank.cc)とは?評判から口座開設まで図解解説!

有望銘柄を多く取り扱っている世界最大規模の取引所: Binance(バイナンス)

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

仮想通貨投資の幅を広げるのであれば、海外の取引所である「Binance(バイナンス)」の登録は必要不可欠と言えるでしょう。

というのも、Binanceは取引銘柄が非常に多く、2017年末から2018年はじめにかけて、Binanceの銘柄が次々と高騰していったからです。

 

仮想通貨の取引量も世界トップクラスで、手数料も非常に安く、取引所の操作自体も使いやすく、マイナスの点がほとんど見当たりません。

仮想通貨投資で大きなリターンを得ている人のほとんどが登録して、取引を行っている取引所になりますので、ご登録されることをおすすめします。

 

Binanceに登録する>>Binance公式サイト

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

仮想通貨FXをするのであればこれ:DMM Bitcoin

 

DMM Bitcoinに登録する>>DMM Bitcoin公式サイト

 

仮想通貨でもFXを行うことができるのですが、仮想通貨FXをするのであれば、「DMM Bitcoin」の登録をおすすめします。

レバレッジは5倍までしかかけることができませんが、ビットコインだけでなくアルトコインでのレバレッジ取引が可能、追証がないという点で非常に魅力的。

 

DMMグループはもとより為替FX事業にも参入していることから、スマホアプリ、ツールも非常に使い勝手がいいので、仮想通貨FXをされる方はぜひ登録しておきましょう。

 

DMM Bitcoinに登録する>>DMM Bitcoin公式サイト

 

参考:【図解】DMMビットコインの登録方法と本人認証を超簡単に解説!

ビットコイン(BTC)の今後の将来性とは?

 

2017年のはじめには「1BTC=10万円前後」であったビットコインの価格は2017年末には200万円まで高騰しました。

この高騰によって非常に多くの人が資産を増やしたとともに、多くの人が仮想通貨や投資そのものに興味を示すようになりました。

 

当記事の執筆時点である2018年3月23日時点でこそ、ビットコインの価格は100万円を切って、市場は落ち着いていますが、その将来性には期待できるのでしょうか。

もちろん、今の状況を「仮想通貨バブル」と言う人がいたり、反対意見があるのは事実ですが、多くの大企業や経営者が開発に乗り出したり、好意的な意見を示しています。

 

例えば、Pay Palの創設者であるピーター・ティール氏はビットコインを資産の安全な避難先と例えています。

また、TwitterのCEOは「10年以内に仮想通貨が世界共通の通貨となる」という見解を示していたり、Googleも仮想通貨開発に乗り出しています。

 

このような状況からも、ビットコインに期待する声が大きいのが現状です。

実際に、今では「投機」としての役割を担っていますが、決済に使用されるシーンも増えてきています。

 

また、市場の動き、開発の流れは誰にも止めることができないものですので、このままビットコインが実社会に普及していく可能性も大いにあり得るでしょう。

まとめ

 

仮想通貨は取引所によって価格や手数料が大きく変わるため、取引所を使い分けることによって、お得に購入することができる。

ビットコイン(BTC)を購入するのであれば、「Zaif(ザイフ)」の取引所で指値取引を行うのが最も安く購入できる方法。

 

なお、Zaifだけでなく、手数料無料の「bitbank.cc(ビットバンク)」、取引銘柄が豊富なBinance(バイナンス)、追証なしでアルトコインのレバレッジ取引ができるDMM Bitcoinを登録しておくべき。

ビットコインの今後は否定的な意見もあるが、多くの企業や人が好意的な見解を示しており、開発が進み、市場が広がっていくことが期待される。

 

Zaifに登録する>>Zaif公式サイト

 

参考:【簡単・安心】Zaif(ザイフ)の登録、口座開設から本人確認までを図解解説!