Pocket

 

ビットコインやイーサリアムなど有名な仮想通貨に投資をすることは安全に価格をあげていく反面、一気に10倍や20倍に上がることはほとんどありません。

 

しかし、時価総額ランキングの低く知名度が低い有望な仮想通貨へ早めに投資しておけば大きなリターンを得ることが可能です。

 

実際に、12月にはマイナーなコインであったXPが約100倍近く高騰し、億を稼いだ人も現れたほどです。

 

 

ということで今回は、「まだ知名度も低いが将来性があるのではないか」とされているHempCoin(ハンプコイン)という仮想通貨について徹底解説していきます。

 

もちろん、このHempCoin以外にも有望なコインは数多くありますので、判断材料を集め、よく考えた上で投資してみてください。

 

仮想通貨は動きが非常に激しいため、追記した最新情報をTwitterでお届けします!

HempCoin(ハンプコイン)とはどんな仮想通貨なのか?

 

HempCoin(ハンプコイン)は「Hemp=大麻」の意の通り、大麻産業や農業の分野における管理・流通を円滑かつ公正にすることを目指す仮想通貨です。

 

取引所への登録は2014年5月からと昔から開発が進められているコインであり、基盤はビットコインとライトコインとなっています。

 

「大麻」と聞くとマイナスイメージを感じるかも知れませんが、アメリカやカナダ、デンマークでは合法化の流れが進んでおり、医療の分野でも広く利用されるとされています。

 

したがって、2018年以降はさらに大麻の流通量が増えるでしょうし、それに合わせて、このHempCoinへの注目も増していくでしょう。

 

もちろん、大麻以外の農業の分野でも使用される仮想通貨であり、現状で農業分野における流通を円滑にする唯一の仮想通貨ということで大きく利用される可能性を秘めています。

 

このように日本ではマイナスなイメージがある「大麻」に関するコインですが、世界的な動きは大きく異なっているわけで、注目してみておきたい仮想通貨ですね。

 

その他有望とされるコイン:NEO(ネオ)とはどんな仮想通貨?今後の動きや将来性、取引所・購入方法

仮想通貨HempCoin(ハンプコイン)のチャート・将来性

 

2017年12月に数多くの仮想通貨の価格が高騰しましたが、HempCoin(ハンプコイン)もチャートを見てわかる通り、大きく価格をあげていきました。

 

2017年12月のはじめには「1THC=約3円」だったにもかかわらず、月末には「1THC=約56円」と上がっているのです。

 

では、このHempCoin、果たして投資をする価値はあるのでしょうか。

 

結論から言えば、かなり有望なコインと言ってもいいでしょう。

 

というのも、まず他の仮想通貨と比べて農業分野、大麻分野での流通と「使用用途が明白」になっているのが大きな理由の1つです。

 

また、先ほども取り上げたように、2018年以降は大麻の合法化されていくでしょうし、実際にカリフォルニアでは「大麻販売者」へのライセンス発行が始まっています。

 

参考:1月1日から嗜好用大麻が解禁に 米カリフォルニア州

 

さらに、好材料として2018年にHempCoinがハードフォークをすると発表しており、これも投資家たちの注目を集めて「買い」が入る要因となるでしょう。

 

 

また、マスターノード(※取引を承認できるコンピューター)の採用も公表しており、このマスターノードになると多くの手数料をもらうことができるため、なりたがる人は多いのです。

 

ただ、マスターノードになるためには一定量のHempCoinを購入しなければならない、つまり、「買い」が入って高騰する可能せいがあるということになります。

 

 

このような材料を多く持っているからこそ、HempCoinの今後には期待ができるという意見が非常に多くあるのです。

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

HempCoin(ハンプコイン)を購入できる取引所は?

 

2018年には好材料を多く控えているHempCoinですが、どの取引所で購入することができるのでしょうか。

 

まだまだ時価総額が低い仮想通貨ということもあり、現状ではBittrexでの購入となっています。

 

Bittrexのアカウントを持っている方はビットコインを送金して、購入することができるのですが、アカウントを持っていない方は、今現在、新規登録ができない状況です。

 

 

そのため、しばらく様子を見て、新規登録ができるようになってから購入してみてください。

 

参考:【簡単登録】bittrex(ビットレックス)口座開設と本人確認方法を図で解説!

 

価格が上がる材料が控えているとはいえ、必ず高騰するというわけではありませんので、あくまで自己責任、余剰資金での投資を心がけましょう。

 

参考:初心者におすすめの仮想通貨取引所ランキング!取引所はこれで完璧!

まとめ

 

HempCoin(ハンプコイン)は大麻・農業分野における管理・流通の円滑化・公平化を目指す仮想通貨。

 

日本ではマイナスイメージのある大麻でもアメリカやカナダでは合法化の流れが進み、これから流通量が増えていくことを考えると将来性は見込める。

 

また、2018年にはハードフォークとマスターノードの採用を控えており、価格の上昇を期待している人が多い。

 

HempCoinの購入は現在、Bittrexのみでの購入となる。

 

その他有望とされるコイン:Lunyr(ルーナー / LUN)とはどんな仮想通貨?チャート・将来性・取引所・購入方法!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>