Pocket

 

EDUCare (EKT / エデュケア) は2018年1月24日に発行されたDAppsの開発プラットフォームを提供する仮想通貨になります。

5月23日時点では小規模な取引所を除くと、Bit-Zにしか上場しておらず、Bit-Zでは取引高が上位に位置していることから、注目している方も多いのではないでしょうか?

 

ということで今回は、EDUCare (EKT)とはどんな仮想通貨なのか、その特徴や将来性、取引所での買い方などを徹底解剖していきます。

EDUCare (EKT)を扱っているBit-ZはICOで注目されている銘柄を上場させていますので、今後伸びていく可能性も秘めていますので、それも踏まえてじっくり読んでみてください。

 

EDUCare (EKT)を購入するなら>>Bit-Z公式サイト

 

EDUCare (EKT) とはどんな仮想通貨?特徴と将来性!

 

 

EDUCare (EKT)は、冒頭でもお話した通り、DAppsの開発プラットフォームであり、マルチチェーン、マルチコンセンサス、高性能のパブリックチェーンを特徴としています。

開発では「AWM」と呼ばれるスマートコントラクト開発言語を用いて、DAppsを開発していくことができます。

 

なお、開発から後ほど、JavaScript、nodej、Pythonなどの主流言語をサポートするとのことで、多くの人が開発しやすくなる環境を整えるとのこと。

メカニズムはDPOS + Paxosコンセンサスメカニズムを採用しており、マルチチェーンアーキテクチャを設計しているカソウツウカになります。

 

EDUCare (EKT)の将来性に関して、投機的な意味では注目している方も少なくないでしょう。

というのも、Bit-Zという取引所で取引高が高く、その他の大手取引所に上場していないため、上場の際に取引高を伸ばして高騰するのではないか、と言われています。

 

また、Bit-Zも最近では注目されていたICO銘柄を積極的に上場させていることから、今後の取引高を伸ばしていくのではないか、と期待されている取引所です。

こういう側面もあり、EDUCare (EKT)が他の取引所に上場する前に仕込んでおくと考えている人も少なくありません。

EDUCare (EKT) を扱う取引所、買い方とは?

 

EDUCare (EKT)を購入したいのであれば、現在、取り扱っている取引所はBit-Zになりますので、そちらで購入をしていきましょう。

Bit-Zのアカウントを登録していない場合は、下記の公式サイトと手順を参考に登録してみてください。

 

Bit-Zに登録する>>Bit-Z公式サイト

 

参考:【仮想通貨取引所】Bit-Z(ビットジー)の登録方法、送金、使い方、期待されている理由や評判は?

 

なお、Bit-Zは海外の取引所ですので、国内の取引所からビットコインやイーサリアムを送金する形で入金を行います。

入金の方法は上記の記事でも紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。

 

Bit-Zにログインして、取引所の項目から「EKT」をクリックしましょう。

 

 

その後、画面下の購入項目から取引したい量を入力して、購入すれば完了になります。

 

 

Bit-ZはWowoo(Wowbit)などの注目銘柄を上場させていたり、Bit-Zにしか取り扱いのない仮想通貨があるため、今後も成長していく可能性を秘めています。

なお、TrustNote(TTT)という仮想通貨もBit-Zでしか取り扱いがなく、取引高も高いため注目されています。

 

TrustNote(TTT)に関しては、下記の記事に詳しくまとめていますので、チェックしてみてください。

参考:TrustNote(TTT)とはどんな仮想通貨?特徴・将来性・取引所・買い方を徹底解剖!

まとめ

 

EDUCare (EKT / エデュケア) はDAppsの開発プラットフォームであり、マルチチェーン、マルチコンセンサス、高性能のパブリックチェーンを特徴とする。

EDUCareはBit-Zにしか取り扱いがなく、取引高が大きい、その他大手取引所に上場していないという意味で価格が上がる可能性を秘めている。

 

Bit-Zは注目されていたICOを上場させたり、Bit-Zにしか取り扱いのない仮想通貨があるため、今後の成長が期待されている。

なお、EDUCare (EKT)を購入する場合は、Bit-Zでの取引となる。

 

Bit-Zに登録する>>Bit-Z公式サイト

 

参考:【仮想通貨取引所】Bit-Z(ビットジー)の登録方法、送金、使い方、期待されている理由や評判は?

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。