Pocket

 

2017年12月20日、DMMのグループ会社が運営する仮想通貨取引所の東京ビットコインがDMM Bitcoinに社名変更することが発表されました。

 

DMM Bitcoinの口座開設の受付は2018年1月11日(木)から開始で、それまでは東京ビットコインのサービスも一部停止されることとなっています。

 

SBIにDMMと大企業がドンドン仮想通貨事業に参入してきているわけですが、果たしてこのDMM Bitcoinとはどんな取引所なのでしょうか。

 

ということで今回は、新しく発表されたDMM Bitcoinへの変更の概要と合わせて、口座開設の流れ、取り扱いをする仮想通貨の銘柄や手数料などのサービス概要を詳しくお話していきます。

 

仮想通貨投資への新規参入者の増加や大企業の業界参入でますます盛り上がっていくため、こういった企業も動向もアンテナを張ってチェックしておきましょう。

※DMM Bitcoinの口座開設の方法・登録に関してはサイトが公開され次第、追記します。

 

東京ビットコインがDMM Bitcoinに変更!口座開設は18年1月受付開始!

 

冒頭でも話した通り、東京ビットコインが社名変更し、DMM Bitcoinとなり、18年1月11日(木)から口座開設の受付を開始します。

 

上記の画像は東京ビットコインの新規口座開設のページで、すでに新規開設はサービス停止している状態ですね。

 

もともとの東京ビットコインは12月20日から下記のように段階的にサービスを停止して、DMM Bitcoinの新システムへと移行していくと発表されています。

 

  • 12月20日午前10時:新規口座開設受付停止
  • 12月29日午後5時:ビットコインキャッシュの対応や新規取引、入金、仮想通貨の入庫などを停止
  • 1月4日午後5時:出金や仮想通貨の出庫の停止
  • 1月10日:DMM Bitcoinの新サイト公開
  • 1月11日:DMM Bitcoin 口座開設受付開始

 

現在の東京ビットコインで残高を所持している人に対しては、この新サービスへの移行に関して、個別で郵送やメールで案内し、移行を受け付けるとのこと。

 

移行に関して、承諾・返信がない方は口座を解約し、保有しているビットコインも対応日のレートでDMMが買い取り、円換算して出金するという流れになっています。

 

口座開設の方法・登録に関しては、サイトがまだ公開されていませんが、下記のシンプルな3ステップで簡単に開設することができます。

 

 

口座開設の方法はサイトが公開され、受付がスタートされてから、追記してご紹介しますので、楽しみにしていてください。

 

参考:仮想通貨投資をするなら「Binance(バイナンス)」への登録が”必須”である3つの理由

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の取引通貨は?

 

仮想通貨の新しい取引所ということで、やはり気になるのはDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)がどの銘柄のコインを扱うのか、ということですよね。

 

DMM Bitcoinが取り扱う予定の仮想通貨は7種類で、下記の通りです。

 

  • ビットコイン(Bitcoin / BTC)
  • イーサリアム(Ethereum / ETH)
  • ネム(NEM / XEM)
  • リップル(Ripple / XRP)
  • ライトコイン(Litecoin / LTC)
  • イーサリアムクラシック(EthereumClassic / ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BitcoinCash / BTH)

 

現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアとなっています。

 

レバレッジ取引というのは、証拠金の何倍もの金額を取引できる仕組みのことで、例えば、3倍のレバレッジを効かせると、儲けも損も3倍になるというハイリスク・ハイリターンの投資方法になります。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のサービス・手数料概要

参考:DMM Bitcoin案内公式ページ

 

DMMはもともとFX取引に強く、そこで培ったノウハウや取引ツールを基盤に、このDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)を展開していく予定です。

 

まだ公表されたばかりなのですが、これらのノウハウやツールの優位性を生かして、国内最大の取引所となる可能性が高いという声も上がってきています。

 

実際のサービス・手数料概要は下記の通りです。

 

  • 現物取引3通貨ペア、レバレッジ取引14通貨ペア
  • 「DMM FX」で好評のツール提供
  • レバレッジ5倍のレバレッジ取引
  • 24時間365日での利用者サポート
  • 各種手数料無料
  • PC版だけでなくスマホ版のツールを提供

 

やはり他の仮想通貨と比べるとDMM FXの経験・ノウハウを基盤としたツール提供などはDMM Bitcoinの強みとなるでしょう。

 

また、日本円の入出金、仮想通貨取引(現物・レバレッジともに)、仮想通貨の入出庫の手数料が無料というのも魅力の1つ。

 

特にFXから仮想通貨投資の世界に入ってきた人にとっては、非常に魅力的な取引所でしょうから、大きな取引所となるかもしれません。

 

2018年1月11日に口座開設がスタートした後に、また詳しい内容がわかるため、その際にさらに追記していきます。

 

それにしてもSBIは「VCTRADE」をオープンし、DMMはこのDMM Bitcoinをオープンと、ますます仮想通貨は盛り上がりを見せるでしょうから楽しみですね。

 

参考:【VCTRADE】SBIが仮想通貨取引所を遂にオープン!口座開設を順次案内中!

まとめ

 

東京ビットコインがDMM Bitcoinに社名を変更し、2018年1月11日(木)から口座開設の一般受付を開始。

 

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)での取り扱い通貨は7種類で、ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ。

 

DMMはもともとFXに強い企業であるため、そこで培ったノウハウやツールを生かして仮想通貨事業に参入するため、大きな取引所になるのでは、と見られている。

 

 

参考:【2017年最新版!】仮想通貨人気ランキング!今後アツい仮想通貨は?