Pocket

 

仮想通貨はその大幅な価格変動から、現在は投機対象として資産運用の役割を担っています。

そんな資産運用と仮想通貨のブロックチェーン技術を利用した仮想通貨が今回取り上げるDigixDAO(DGD)になります。

 

このDigixDAO(DGD)は他の仮想通貨とは異なり、仮想通貨市場への大きな変動の影響を受けない資金避難先としても注目を集めています。

DigixDAOとはどのような仮想通貨なのか、今後の将来性には期待できるのか、取り扱いのある取引所、購入方法までお話していきますので参考にしてみてください。

 

DigixDAO(DGD)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

 

DigixDAO(ディジックスダオ / DGD)とはどのような仮想通貨?

 

 

DigixDAO(ディジックスダオ / DGD)はイーサリアムのプラットフォームを基盤として、物理的に存在する「金(ゴールド)」をトークンとなっている仮想通貨で、シンガポールで開発が進められています。

金(ゴールド)は政治や経済の状況に左右されず価格が安定しているため、長期投資に向いていると言われていますが、問題はその保管方法でした。

 

銀行では、銀行が破綻してしまった場合の保証がなく、個人で保管といっても金を保管するのは盗難のリスクもあり、自分のものである証明もできないため、おすすめできません。

そんな保管問題を解決するのがDigixDAOであり、実際に存在している金とトークンが「Proof of Asset」という仕組みにより、結びつけられて、所有権を証明することができます。

 

「Proof of Asset」は金の重量や保有者、公式の監査機関、登録日時などの情報をブロックチェーン上に記録し、その金塊の所有者を証明するプロトコルとなっています。

これまで所有権を証明できなかった金ですが、このDigixDAOによって、誰でも閲覧でき、価値の証明が可能となりました。

 

なお、実際の金資産の取引や決済はDGDトークンではなく、DGXトークンが使用され、このトークンは1グラムあたりの金の価値を示しています。

DGXで取引をされる金はすでにブロックチェーンで、その存在が証明されており、透明性と証明性が確保された上での取引が可能になります。

 

また、実際に、DGXを金塊に交換しようと思った時には、シンガポールに行かなければなりません。

このDGXトークンは実物の金の価格に上下されるため、仮想通貨の大幅な価格変動に影響を受けることはなく、長期保有の資産としての役割を果たすことを期待されています。

 

なお、DGDトークンはDigixDAOの開発資金を獲得するためのICOで販売されたトークンであり、これが仮想通貨取引で使用されるトークンです。

このDGDを一定数保有していると、3ヶ月に1度、手数料の一部が配当としてもらえたり、運営に対する投票権がもらえることも特徴の1つとなります。

仮想通貨DigixDAO(DGD)の今後の将来性

 

金の所有権を証明し、透明性を確保するDigixDAO(DGD)ですが、果たして、今後の将来性には期待できるのでしょうか?

ICOの時点では、DGDトークンがたった14時間で6億円弱を集めることに成功し、完売していますので、注目が全くないわけではありません。

 

また、価格が金の価値に影響されるため、仮想通貨市場の影響をさほど受けないのが特徴であり、2018年2月にビットコインが100万円を割った暴落期に、唯一価格をあげていた仮想通貨になります

このような価格変動を防ぐことができたり、DGXトークンを実物の金に変えることができるという意味でも、資金避難先として使えると考えている人は少なくありません。

 

ただ、仮想通貨の利点である物質的制約を潰してしまっているのではないか、との声もあり、その実用性や将来性に賛否両論があることは否めないでしょう。

とはいえ、仮想通貨の中でも唯一市場の影響を大きく受けずに、長期保有できるという独自性はDigixDAO(DGD)の大きな強みです。

DigixDAO(DGD)を扱う取引所・購入方法

DigixDAO(DGD)を扱う取引所はBinanceやHuboiといった海外の取引所になります。

日本語に対応しているユーザービリティ、取引銘柄の豊富さ、取引量の多さから考えて、DigixDAO(DGD)を購入するならBinanceがおすすめと言えるでしょう。

 

DigixDAO(DGD)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

なお、Binanceにしろ、Huboiにしろ、海外の取引所では日本円での入金ができませんので、国内の取引所からビットコインを送金する形で入金を行います。

入金後はBinanceの取引銘柄の項目から「DGD / BTC」を選択してください。

 

 

すると、DGDのチャートが出てきますので、下記のように、赤枠から購入したい量を入力すれば購入が完了になります。

 

まとめ

 

DigixDAO(DGD)はイーサリアムを基盤としており、金の所有権を証明し、透明性を確保する仮想通貨。

DigixDAOは実物の金の価格に上下されるため、仮想通貨の大幅な価格変動に影響を受けることはなく、長期保有の資産としての期待されている。

 

実際に、2018年2月にビットコインが100万円を切るまで暴落した時でも、唯一価格をあげていた仮想通貨。

なお、購入は取引量も多く、取引銘柄が豊富なBinanceでの購入がおすすめ。

 

DigixDAO(DGD)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。