Pocket

 

仮想通貨は投機対象として取引が活発に行われている中でも、仮想通貨の技術開発は着実に進んできています。

その中でも注目を集めているのが、今回取り上げる分散型アプリケーション(DApps)というブロックチェーン技術を利用したアプリケーションです。

 

現在はまだ広く普及していませんが、開発が進んでいく中で、我々の生活でも利用される分散型アプリケーションが出てくると期待されています。

ということで今回は、分散型アプリケーション(DApps)とは一体何なのか、その特徴と活用事例、現在抱えている課題まで徹底解説していきます。

 

※仮想通貨の最新情報を配信していますので、フォローをお願いします!

分散型アプリケーション(DApps)とは何か?

 

分散型アプリケーション(DApps:Decentralized Apps)とは、スマートコントラクトとブロックチェーンを活用した非中央集権(特定の管理者がいない)のアプリケーションのことを言います。

今までのアプリケーションでは特定の管理者や1つのサーバーが集中的に管理(中央集権)しており、安価で高速な動作を可能にしていました。

 

しかし、既存のアプリケーションにも「主体の単一障害点」や「不透明性」といった問題点が指摘されています。

実際に、2018年1月には中央集権の取引所の代表であるCoincheckでNEMが盗難に遭いましたが、その不透明性や中央管理によるセキュリティの甘さが露見することとなりました。

 

中央集権のアプリケーションでは、あくまでも管理者を信用・信頼していることで成り立っている仕組みであり、取引所を例にあげると、ハッキングばかりされる取引所ではそもそも成り立たないという仕組みになっています。

一方で、分散型アプリケーション(DApps)はブロックチェーンの分散型台帳技術によって、ネットワーク上のサーバーとコミュニティが共同で管理(非中央集権)する仕組みになります。

 

分散型アプリケーションでは、ネットワーク上で分散管理をするため、「単一障害点」の問題はなく、個人情報や資産を預ける上で、高度なセキュリティを実現することができるとされています。

また、中央の管理者がいないため、手数料といった仲介料もなくなり、コストの削減につながります。

 

加えて、オープンソースであることから、誰でも過去の情報を参照することができ、そのデータも改ざんが不可能であることから、その透明性は非常に高く保たれます。

このように、分散型アプリケーションは既存のアプリケーションが抱える問題点を解消することができる、として注目されています。

 

なお、分散型アプリケーションの定義は以下の通りで、最初のDAppsはビットコイン(Bitcoin)になります。

 

  • オープンソースのアプリケーションで、特定の管理者に制御されず、自動化されている
  • 暗号化されたトークンを持ち、参加者にはトークンで報酬が支払われる
  • ユーザーの同意によってプロトコルが改善(例えばハードフォーク)される

 

この分散型アプリケーションを開発していくためには、柔軟にスマートコントラクトを実行できるイーサリアム(Ethereum)が開発プラットフォームとして期待されています。

もっと簡単にいうと、イーサリアムを開発基盤とすることで、様々なアプリケーションを構築することができ、それが分散型アプリケーション(DApps)ということ。

 

ただし、まだまだイーサリアム自体の処理速度が遅く、開発を進めて、その機能を高めていくことが必要になります。

分散型アプリケーション(DApps)が抱える主な3つの課題

 

現状、開発が進められている分散型アプリケーション(DApps)ですが、まだまだ開発途上であり、大きく以下の3つが課題とされています。

 

  • スマートコントラクトの実行速度
  • 手数料
  • プライバシー

 

もちろん、この他にも多くの課題が存在しますが、上記の主な課題を解決しなければ、分散型アプリケーション(DApps)の普及は難しいでしょう。

スマートコントラクトの実行速度

将来的に、数多くのスマートコントラクトを実行するためには、現状の処理速度は十分に速いとは言い切れません。

ブロックチェーンで構築された分散型ネットワークではP2Pのノードで構成されており、それぞれノードによって処理速度は異なります。

 

このようなノードの処理速度のバラつきで、どうしても差が出てしまい、低スペックのノードが取引速度を下げてしまうことが問題になります。

ただ、今後のアプリケーションの普及に伴うスマートコントラクト処理の増加に対して、イーサリアム開発サイドもいくつか解決策を提示しており、改善を進めています。

手数料

イーサリアムでトランザクションを実行するためには手数料(gas)が必要となります。

処理しなければならないトランザクションが増えるにつれて、手数料も増えていき、普通の送金ですら、多数の手数料を支払わなければならなくなってしまう問題があります。

 

この手数料の問題を解決するためには、多数のトランザクションの処理に対応するために、ネットワークのスケーラビリティを拡大させていくことが必要とされています。

プライバシー

分散型アプリケーションのスマートコントラクトを実行する上で、イーサリアムは「zk-SNARK」というプライバシー保護技術を採用しています。

しかし、この技術を利用した処理には多額の手数料が必要となることが問題。

 

分散型アプリケーションが今後普及していくためには、手数料を低くした上でプライバシーを保護できるように改善が求められています。

 

※仮想通貨の最新情報を配信していますので、フォローをお願いします!

分散型アプリケーション(DApps)の主な活用事例

 

分散型アプリケーションはまだまだ馴染みがないかもしれませんが、現在でもすでに活用されている事例がいくつか存在します。

特に、「取引所」、「ゲーム」、「予測市場」といった分野で分散型アプリケーションが応用されており、今後もますます普及していくと見られています。

分散型取引所(DEX)

現在、仮想通貨取引は特定の会社が管理をしている中央集権の取引所を介して行われています。

しかし、Coincheckのハッキング以外に数多くの仮想通貨取引所がハッキング被害にあっており、仮想通貨の安全性に不安が残ります。

 

そこで今後、重要になってくると見られているのが分散型取引所(DEX)で、秘密鍵を取引所に預けることなくセルフコントロールできるため安全性は飛躍的に上がります。

現在でも、0xやBancor、KyberNetwork、AirSwap、Wavesといった分散型取引所の開発が進められており、どの取引所が普及していくのか、注目されています。

ゲーム

ゲームは課金ガチャでの確率を意図的に操作されているのではないか、とその不透明性が問題となっています。

しかし、分散型アプリケーション(DApps)を応用させることによって、透明性を確保し、公平であることを誰でも確認できるようになるため、親和性は非常に高いと言われています。

 

現在でも、すでに「cryptkitties(クリプトキティーズ)」や「Etheremon(イーサエモン)」といったゲームがリリースされています。

予測市場

予測市場とは未来の出来事を予測する市場のことで、競馬や株価、スポーツなどの未来を予測してお金をかける市場のことを指します。

分散型アプリケーションでこの予測市場を構築できれば、仲介を行う管理者がいなくても、安全にかつ透明性の高い予測市場が可能になります。

 

実際に、すでにイーサリアムを基盤とした未来予測市場の仮想通貨の開発が進められており、「Auger(オーガー)」や「Gnosis(ノーシス)」などが代表的です。

まとめ

 

分散型アプリケーション(DApps:Decentralized Apps)は、スマートコントラクトとブロックチェーンを活用した非中央集権のアプリケーション。

このDAppsは、既存のアプリケーションが抱える「主体の単一障害点」や「不透明性」といった問題点を解消し、より高度なセキュリティと透明性を確保する。

 

ただし、現状ではスマートコントラクトの実行速度や手数料、プライバシー保護に問題があり、改善が進められている。

なお、このDAppsは、ゲームや分散型取引所、予測市場といった分野ですでに活用されている。

 

※仮想通貨の最新情報を配信していますので、フォローをお願いします!