Pocket

 

今やAmazonや楽天などのECサイトはなくてはならないものとなっていますが、顧客管理やユーザー間の紛争、セキュリティなどの問題を抱えています。

今回取り上げるCyberMiles(CMT)はその問題をブロックチェーンを用いた分散管理によって解消し、より低コスト高セキュリティのプラットフォームの実現を目指す仮想通貨です。

 

ということで、改めてCyberMilesとはどんな仮想通貨なのか、今後の将来性には期待することができるのか、取り扱いのある取引所や購入方法を解説していきますので、参考にしてみてください。

また、開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

 

CyberMiles(CMT)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

CyberMiles(サイバーマイルズ / CMT)とはどのような仮想通貨?

 

CyberMiles(サイバーマイルズ / CMT)はスマートコントラクトを備えた、オンラインマーケットプレイスに特化したプラットフォームになります。

オンラインマーケットプレイスは、簡単にいうと、楽天市場やAmazon、メルカリといったオンラインショップで、そのプラットフォームで使われるトークンがCMTというわけです。

 

現在のAmazonやメルカリといったオンラインマーケットプレイスは管理者が存在する中央集権の仕組みでは、個人情報の管理やユーザー間の紛争解決に莫大なコストがかかってしまいます。

また、仲介手数料としてユーザーに手数料を負担させてしまうことにもなります。

 

これらの問題を解決するために、CyberMiles(CMT)はブロックチェーン、契約を通貨内に記録して、透明性を保持するスマートコントラクトの機能を用いて、低コストでより高度のセキュリティのマーケットプレイスを実現しようとしているわけです。

もちろん、スマートコントラクトを備えたイーサリアムでも不可能ではないのですが、取引量が増えてしまうと、その手数料の高さ、取引処理速度の遅さが問題となります。

 

一方で、このCyberMiles(CMT)が取引量の多いオンラインマーケットで使用されることを想定して開発されているため、取引処理速度や手数料は問題となりません。

商品を買うユーザーにとっては仲介手数料が安くなり、企業からすれば運営コストが下がり、どちらにとってもWin-Winであることから注目をされています。

仮想通貨:CyberMiles(CMT)の今後の将来性

 

Amazonや楽天をみればわかる通り、オンラインマーケットプレイスの市場は非常に大きく、今後も伸びていくことが予想されています。

その市場で低コスト、高セキュリティを実現できるとなると、CyberMiles(CMT)の将来性にも期待がかかります。

 

また、実際に、CMTにはメルカリに似たアプリである「5miles」上ですでに採用されていることも好材料と言えるでしょう。

プロダクトがあっても、使われなければ意味がないわけで、すでに使用されるプラットフォームを抱えているのはプラスの材料で、これからさらに使用先を増やしていくことで普及が期待されます。

 

とはいえ、オンラインマーケットプレイスはその市場規模の大きさから、レッドオーシャンであることは間違いありません。

楽天が楽天コインの開発を発表したように、同じようなブロックチェーンを利用したプラットフォームを作る開発者は現れるでしょうから、その競争に勝てるかどうかがカギとなるでしょう。

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

CyberMiles(CMT)を扱う取引所、購入方法

CyberMiles(CMT)を購入するためには、BinanceやHuobi、Biboxといった海外の取引所で購入する必要があります。

取引量が多く、日本語対応もしており、取引銘柄が豊富であることから、Binanceでの購入がおすすめです。

 

CyberMiles(CMT)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Binanceでは日本円の入金ができませんので、国内の取引所からビットコインを送金する形で入金を行います。

Binanceへビットコインを入金した後は、取引銘柄から「CMT / BTC(BNB)」を選択してください。(BNBでの取引であれば、手数料が半額になります。)

 

 

すると、下記のように「CMT / BTC(BNB)」のチャートが出てきますので、赤枠から購入したい量を入力し、購入が完了になります。

 

まとめ

 

CyberMiles(サイバーマイルズ / CMT)はスマートコントラクトの機能を持つ、オンラインマーケットプレイス特化のプラットフォーム。

既存のオンラインマーケットプレイス(Amazonや楽天など)が抱えている、顧客情報の管理、ユーザー間の紛争解決にかかる莫大なコストを解消することで期待されている。

 

オンラインマーケットプレイス市場は非常に市場規模が大きいため、低コスト高セキュリテイを確保するCyberMilesには期待されているが、市場自体がレッドオーシャンゆえに、ライバルが現れることも考えられる。

なお、CyberMiles(CMT)の購入はユーザービリティにも優れているBinanceがおすすめ。

 

CyberMiles(CMT)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。