Pocket

 

Centrality(セントラリティ / CENNZ)はICO時点で前評判がよく、ICOでも即完売し、無事、取引所への上場も果たしている仮想通貨になります。

そして、このCentralityは2018年の仮想通貨開発に際して、非常に大きな役割を担うと言われています。

 

ということで今回は、Centralityとはどんな仮想通貨なのか、今後の将来性や購入することができる取引所、最新情報まで徹底解説していきます。

まだ公開されていない情報も数多く存在しており、わかり次第、随時更新しTwitterで情報を配信しますので、フォローしておいてください。

 

※2018年注目の仮想通貨はこちら:HTトークン(Huobi Token)がアツい!?どんな仮想通貨?将来性、買い方、取引所まとめ!

 

Centrality(セントラリティ / CENNZ)はDAppsの開発プラットフォーム構築を目指す仮想通貨

 

Centrality(セントラリティ / CENNZ)は一言でいうと、仮想通貨のDAppsプラットフォームの構築を目指している仮想通貨になります。

「DApps(Decentralized Applications)」は分散型アプリケーションの略で、「仮想通貨」に分類されるものは、ほとんどこのDAppsと言うことができます。

 

なお、分散型アプリケーションは下記の3つを満たしているものと述べることができます。

 

  • オープンソース、かつ暗号化されたブロックチェーンを利用している
  • 非中央集権で、ユーザーの合意に基づいて改善などを行う
  • 独自のトークン(通貨)を持ち、それをアプリ内で使用できる

 

イメージしづらいと思いますので、これらの要素を満たしたDAppsを開発するためのプラットフォームが「Centrality」と考えておいてください。

スマートフォンの場合、Android版であれば、Googleが開発プラットフォームを用意、iPhoneであればAppleがプラットフォームを用意しており、その中で個人や企業がアプリを開発していきます。

 

この仮想通貨もそれらと同じで、CentralityがDAppsを開発するためのプラットフォームを実現しようとしており、そのプラットフォームで個人や企業がDAppsを開発していくこととなります。

要するに、Centralityのプラットフォームを利用することで、仮想通貨の開発が容易になり、結果として、個人・企業による仮想通貨開発を身近なものとし、仮想通貨をさらに発展させていく役割を担うと期待されています。

 

OmiseGoやAugurといった仮想通貨はEthereumのプラットフォーム上で動作するのですが、このCentrality(CENNZ)はEthereumやNEO、Wavesと同じようにプラットフォームを提供する仮想通貨となります。

 

その他注目コイン:TRON(トロン / TRX)とはどんな仮想通貨?将来性・チャート・取引所・買い方を徹底解説!

Centrality(CENNZ)がDAppsプラットフォームを構築する意義・将来性

 

なぜこのCentrality(セントラリティ / CENNZ)が仮想通貨開発において大きな役割を担うのかと言うと、先ほども話した通り、個人や企業が「DApps(分散型アプリケーション)」を開発できるようにプラットフォーム(土台)を構築しているからです。

と、言ってもイマイチその重要性がピンとこないと思いますので、その意義・将来に与える影響を紐解いていきます。

 

まず、プラットフォームというのは簡単に言うと、「共通部分の土台」のことであり、このプラットフォームが存在することで我々ユーザーにも開発側にも非常に大きなメリットがあるのです。

開発側の視点で言うと、1つ1つのDApps(分散型アプリケーション)を開発していくのは非常に大変なことで、それは想像できるかと思います。

 

そこで役に立つのが、このプラットフォームで、DAppsを開発する上で共通する土台の部分を0から開発する必要がなくなります。

共通した土台の部分があり、その上で新しい機能や性能を加えていくのであれば、開発側からしても労力やコストが削減されますし、開発に対するハードルもグッと下がります。

 

結果、さらに便利な分散型アプリケーションが出てきて、我々の生活も豊かになる、ということにつながります。

また、ユーザー側の視点から言うと、プラットフォーム(共通部分の土台)があることで、単純に使いやすくなるというメリットがあります。

 

例えば、決済までの流れであったり、入金や送金などの流れなどがプラットフォーム化されていれば、基本となる部分が同じになりますので、一度使ってしまえば他のものにも応用が効くわけです。

このように、Centralityは開発コストを削減したり、ハードルを下げるだけでなく、ユーザーとっても使いやすい基盤を提供してくれる役割を持っています。

 

その他注目コイン:Paccoin(パックコイン / PAC)とはどんな仮想通貨!?チャート・将来性・取引所・購入方法!

 

 

※Centralityの最新情報がわかり次第、随時追記をしてTwitterで情報を配信しますので、フォローしておいてください!

Centralityのプラットフォームで使用されるCENNZトークンとは?

 

Centrality(セントラリティ / CENNZ)のプラットフォームでは、CENNZトークンが使用されるのですが、このCENNZトークンはどのように使われるのでしょうか。

現在、公表されている情報によると、CENNZトークンはアプリの開発者同士の支払いに使用されたり、アプリ内でのボーナスとしてユーザーに与えられたり、異なるアプリからトークンを受け取れたり、という仕組みになっています。

 

また、アプリ開発者がアプリ開発に必要なモジュールを購入する際にも、このCENNZトークンが使用される見込みです。

さらに、PayPalのように「CENTRAPAY」という決済システムを導入すれば、実社会でもCENNZが使用できるようになります。

 

Centralityの開発が進み、このプラットフォームを利用して開発する人が増えていけばいくほど、その必要性は高まり、価値も高くなるでしょう。

もちろん、開発が全く進まないというリスクもありますが、それ以上のハイリターンも期待できるというわけで、投資をしようと思う方は余剰資金で投資してみるといいでしょう。

 

参考:VeChain(ヴェチェーン / VEN)とはどんな仮想通貨?チャート・将来性・取引所・購入方法

Centrality(CENNZ)の今後の将来性や評判

分散型アプリケーションの開発プラットフォームを提供するCentrality(CENNZ)ですが、果たして、その将来性には期待できるのでしょうか?

 

Centrality(セントラリティ / CENNZ)はICOの前から「有望」との声が上がっており、実際に、2018年1月のICOではわずか6分で約100億円を調達することに成功しました。

その後、SingularXという分散型取引所に上場を果たしており、今後もBittrexやHitBTCといった取引所に上場する噂が立っています。

 

なお、Centralityの開発はニュージーランドを本拠地としており、すでに多くの企業が提携を発表しています。(※公式サイト参照。)

 

 

また、すでにCentrality上でBelongやUShareといったアプリが10以上出来上がっており、プロダクトのベースが出来上がっているというのも好材料としてあげることができるでしょう。

 

投機の面からみると、ICOでCENNZトークンを購入していた方は、取引所への上場で値段が上がり、大きなリターンを得ることができる可能性が高いと言えます。

ただし、もちろんいい面だけではなく、マイナス面の評判があるのも事実です。

 

 

仮想通貨インフルセンサーとして有名なイケダハヤト氏は、このCentralityにはマイナスの印象を持っているようです。

ちなみに、このツイートに見られるブロックチェーンラボとは、セミナー・ミートアップ・カンファレンスなどしている組織で、金融庁から警告が入ったことで話題になりました。

 

EthereumやNEOのように、分散型アプリケーションの開発プラットフォームを提供するプロジェクトは仮想通貨の開発になくてはならないものであるため、その期待は少なくありません。

いかにCentralityのプラットフォームを利用してもらうことができるか、それが可能になれば、自然とCENNZトークンの需要も高まっていくでしょう。

Centrality(CENNZ)の最新情報

2018年1月:ICOを実施、6分で完売

CentralityのICOは2018年1月に無事スタートし、有望という声も後押ししてか、なんと6分で完売してしまいました。

Twitterでは購入できた、という方もいれば購入することができなかったという方も多くいて、その競争率・期待がいかに高いかがわかる結果となりました。

 

 

https://twitter.com/ruu_uzuki/status/952891865627467777

 

 

また、ICO実施後6週間後に、SingularXという取引所に上場?される噂が出ていますので、今後も見放すことができない銘柄と言えるでしょう。

 

2018年2月末:取引所への上場

6分で完売したICOから約6週間後、Centralityは「SingularX」という分散型取引所に上場を果たしました。

分散型取引所ですので、まだまだ流動性は低いのですが、今後はBittrexやHitBTCといった大手の取引所に上場すると噂されています。

 

 

大手の取引所に上場すれば、おのずと、取引量も増えて価格が上昇していくでしょうから、そういう意味でも期待が高まっています。

ただし、イケハヤ氏がマイナス点を指摘していたように、仮想通貨市場はまだまだ不透明で、何が起こるかわかりませんから、投資をするにしても、余剰資金で取り組むようにしましょう。

 

※Centralityの最新情報がわかり次第、随時追記をしてTwitterで情報を配信しますので、フォローしておいてください!

まとめ

 

Centrality(セントラリティ / CENNZ)は「DAppsの開発プラットフォーム構築」の実現を図る仮想通貨。

DAppsプラットフォームが構築されれば、開発者は共通部分の開発の手間が省け、労力・コストダウンにつながり、ユーザー側にとっても使いやすいなど将来性はかなり高いと見られている。

 

CentralityのICOはすでに終わっており、取引所への上場も果たしている。

これからいかにDAppsの開発事例を増やし、プラットフォームとしての実用性を発揮できるかどうかがポイント。

 

その他注目コイン:【仮想通貨】急騰中のRaiBlocks(ライブロックス / XRB)とは?将来性・チャート・取引所・購入方法!

 

※Centralityの最新情報がわかり次第、随時追記をしてTwitterで情報を配信しますので、フォローしておいてください!

 

その他参考記事:ビットフライヤー(bitFlyer)の登録・口座開設方法!セキュリティも世界トップで安全取引!