Pocket

 

多くの仮想通貨は取引所に上場する前に、事前にトークンを発行し、それを販売するICOで開発資金を調達しています。

 

今回取り上げるcentrality(セントラリティ)という仮想通貨もまだ取引所には上場しておらず、これからICOで資金を集め開発がスタートする予定となっています。

 

そして、このcentralityは2018年の仮想通貨開発に際して非常に大きな役割を担うとされているんですね。

 

ということで今回は、centralityとはどんな仮想通貨なのか、ICOの流れ、参加方法まで徹底解説していきます。

 

まだ公開されていない情報も数多く存在しており、わかり次第、随時更新しTwitterで情報を配信しますので、フォローしておいてください。

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

centralityとは仮想通貨のDAppsプラットフォーム構築を目指す

 

centrality(セントラリティ)は一言でいうと、仮想通貨のDAppsプラットフォームの構築を目指している仮想通貨になります。

 

「DApps(Decentralized Applications)」は分散型アプリケーションの略で、「仮想通貨」に分類されるものは、ほとんどこのDAppsと言うことができます。

 

なお、分散型アプリケーションは下記の3つを満たしているものと述べることができます。

 

  • オープンソース、かつ暗号化されたブロックチェーンを利用している
  • 非中央集権で、ユーザーの合意に基づいて改善などを行う
  • 独自のトークン(通貨)を持ち、それをアプリ内で使用できる

 

イメージしづらいと思いますので、これらの要素を満たしたDAppsを開発するためのプラットフォームがcentralityと考えておいてください。

 

スマートフォンの場合、Android版であれば、Googleが開発プラットフォームを用意、iPhoneであればAppleがプラットフォームを用意しており、その中で個人や企業がアプリを開発していきます。

 

この仮想通貨も同じで、centralityがDAppsを開発するためのプラットフォームを実現しようとしており、そのプラットフォームで個人や企業がDAppsを開発していくこととなります。

 

結果、centralityは個人・企業による仮想通貨開発を身近なものとし、仮想通貨をさらに発展させていくため、2018年には非常に大きな役割を担うとされています。

 

その他注目コイン:TRON(トロン / TRX)とはどんな仮想通貨?将来性・チャート・取引所・買い方を徹底解説!

centralityがDAppsプラットフォームを構築する意義・将来性

 

なぜこのcentrality(セントラリティ)が大きな役割を担うかと言うと、先ほども話した通り、個人や企業が「DApps(分散型アプリケーション)」を開発できるようにプラットフォームを構築しているからです。

 

と、言ってもイマイチその重要性がピンとこないと思いますので、その意義・将来に与える影響を紐解いていきます。

 

まず、プラットフォームというのは簡単に言うと、「共通部分の土台」のことであり、このプラットフォームが存在することで我々ユーザーにも開発側にも非常に大きなメリットがあるのです。

 

開発側の視点で言うと、1つ1つのDApps(分散型アプリケーション)を開発していくのは非常に大変なことで、それは想像できるかと思います。

 

そこで役に立つのが、このプラットフォームで、DAppsを開発する上で共通する土台の部分を0から開発する必要がなくなります。

 

共通した土台の部分があり、その上で新しい機能や性能を加えていくのであれば、開発側からしても労力やコストが削減されますし、開発に対するハードルもグッと下がります。

 

結果、さらに便利な分散型アプリケーションが出てきて、我々の生活も豊かになる、ということにつながります。

 

また、ユーザー側の視点から言うと、プラットフォーム(共通部分の土台)があることで、単純に使いやすくなるというメリットがあります。

 

例えば、決済までの流れであったり、入金や送金などの流れなどがプラットフォーム化されていれば、基本となる部分が同じになりますので、一度使ってしまえば他のものにも応用が効くわけです。

 

このように、centralityは開発コストを削減したり、ハードルを下げるだけでなく、ユーザーとっても使いやすい基盤を提供してくれる役割を持っています。

 

だからこそ、仮想通貨がさらに普及してくるであろう2018年に大きな役割を担うだろう、と期待されているのです。

 

その他注目コイン:Paccoin(パックコイン / PAC)とはどんな仮想通貨!?チャート・将来性・取引所・購入方法!

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

centralityのICOで購入するCENNZトークンとは?

 

centrality(セントラリティ)はまだ取引所に上場しておらず、資金を調達するICOを実施しようか、という段階です。

 

centralityのICOにおいて、我々はCENNZトークンを購入することでICOに参加できるのですが、そのCENNZトークンはどのように使われるのでしょうか。

 

現在、公表されている情報によると、CENNZトークンはアプリの開発者同士の支払いに使用されたり、アプリ内でのボーナスとしてユーザーに与えられたり、異なるアプリからトークンを受け取れたり、という仕組みになっています。

 

また、アプリ開発者がアプリ開発に必要なモジュールを購入する際にも、このCENNZトークンが使用される見込みです。

 

さらに、PayPalのように「CENTRAPAY」という決済システムを導入すれば、実社会でもCENNZが使用できるようになります。

 

centralityの開発が進み、このプラットフォームを利用して開発する人が増えていけばいくほど、その必要性は高まり、価値も高くなるでしょう。

 

ICOは取引所にすら上場していない段階での応援となりますので、早めに資金を投資しておいて、開発が進んでいけば、その投資は何十倍、何百倍にも返ってきます。

 

もちろん、開発が全く進まないというリスクもありますが、それ以上のハイリターンも期待できるというわけで、投資をしようと思う方は余剰資金で投資してみるといいでしょう。

 

参考:VeChain(ヴェチェーン / VEN)とはどんな仮想通貨?チャート・将来性・取引所・購入方法

centralityのICOはいつから?参加方法は?

centrality(セントラリティ)のICOに参加して、無事、トークンを購入するためにも事前登録を行っておきましょう。

 

そのためにも、まずはcentralityの公式サイトにアクセスします。

 

>>centrality公式サイト

 

そして、トークンセールの画面から下記の通り、「登録」をクリックして事前登録へと進んでいきます。

 

 

すると、個人か法人かの選択になりますので、個人(法人)を選択してください。

 

 

続いて、メールアドレス・パスワード(15文字で設定)を入力します。

 

 

続いて、電話番号を入力、その電話番号にSMSでコードが送られてきますので、入力して進んでください。

 

 

続いて、プロフィール情報の入力をしますので、下記のように、名字から順に入力してください。

 

 

さらに、身分認証へと進んでいきます。(仮想通貨取引における身分認証ではパスポートが必要不可欠です。)

 

 

住所と国、証明できる書類を選択します。(ここではパスポートがもっとも確実ですので、パスポートを選択してください。)

 

 

ここまで進むと、公開鍵の設定となりますので、持っていない方は上の「アドレス作成」、持っている方は下の「既存のアドレスを使う」を選択しましょう。

 

 

既存のアドレスを使用する場合は、マイイーサウォレットのアドレスを入力してください。

 

 

ここまでいくと、あとはメールが届きますので、そのメールで認証をして事前登録完了になります。

 

 

ICOは人気のあるプロジェクトであれば、一瞬で売り切れてしまいますので、ICOが開始する時間にすぐ購入できるようスタンバイしておきましょう。

centralityの最新情報

centralityのICOは無事スタートし、有望という声も後押ししてか、なんと6分で完売してしまいました。

 

Twitterでは購入できた、という方もいれば購入することができなかったという方も多くいて、その競争率・期待がいかに高いかがわかる結果となりました。

 

 

https://twitter.com/ruu_uzuki/status/952891865627467777

 

 

また、ICO実施後6週間後に、SingularXという取引所に上場?される噂が出ていますので、今後も見放すことができない銘柄と言えるでしょう。

 

 

 

centralityの最新情報がわかり次第、随時追記をしてTwitterで配信しますので、フォローしておいてください^^

 

 

まとめ

 

centrality(セントラリティ)は「仮想通貨のDAppsプラットフォームの構築」の実現を図る仮想通貨で、現在ICO前段階。

 

DAppsプラットフォームが構築されれば、開発者は共通部分の開発の手間が省け、労力・コストダウンにつながり、ユーザー側にとっても使いやすいなど将来性はかなり高いと見られている。

 

現在、まだICOは始まっておらず、参加方法や期間についても随時更新していく。

 

その他注目コイン:【仮想通貨】急騰中のRaiBlocks(ライブロックス / XRB)とは?将来性・チャート・取引所・購入方法!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>