Pocket

 

BXONEは海外の取引所ながら、日本円での入金が可能であったり、サポートも日本語に対応している仮想通貨取引所になります。

取り扱い銘柄は多くないのですが、厳選されたICOの発行や購入をBXONE上で行うことができるということで非常に利便性の高い取引所として注目されています。

 

ただ、まだまだマイナーな仮想通貨取引所ですので、その特徴から登録方法、本人確認、入出金の方法まで解説していきますので、参考にしてみてください。

なお、BXONEへは下記から登録をすることができます。

 

BXONEへ登録する>>BXONE公式サイト

 

BXONEとはどんな取引所?

 

BXONEは海外の取引所ですが、仮想通貨での入金以外にも、日本円で入金を行うことができる取引所で、大きな特徴は下記の通りです。

 

  • 取扱銘柄:BTC、ETH、BCH、DSH、BTG、LTC、OMG、QSH、BAT、IOT、XMR、XRP
  • セキュリティ:二段階認証、コールドウォレット
  • 入金方法:銀行振込、クレジットカード(導入予定)、仮想通貨BTC(ETHなど順次)
  • 出金方法:銀行振込、仮想通貨BTC(ETHなど順次)、デビットカード(導入予定)
  • サポート:info@bxone.trade(日本語可)
  • その他:新規ICOトークンの発行や購入が可能

 

BXONEは仮想通貨の取引、両替だけでなく、新規のICOトークンを発行することができたり、購入することができる取引所になります。

参加が複雑なICOでしたが、取引所上でICOに参加できるようになるということでかなり人気になる可能性を秘めていると言ってもいいでしょう。

 

また、海外の取引所ながら日本円で入金を行うことができることも大きな特徴の1つです。

その他、サポートも日本語でメール対応してもらえますので、安心して使うことができます。

 

取扱通貨はまだまだ少なく、出金方法も導入予定のものが多いですが、登録者が増えていく中で整備されていくでしょう。

BXONEの登録方法を図解解説!

それでは、BXONEへの登録方法を図解で解説していきますので、下記から公式サイトにアクセスしてください。

 

BXONEへ登録する>>BXONE公式サイト

 

公式サイトへアクセスすると、下記の画面に移りますので、「GET STARTED」で登録を進めていきます。

 

 

すると、下記のような登録情報を入力する画面になりますので、名前とアドレス、パスワードを入力して登録します。

なお、パスワードは大文字の英語、小文字の英語、数字が必須となっていますので、ご注意ください。

 

 

そして、登録したアドレス宛に届いたリンクをクリックし、認証を完了させれば登録の完了です。

今後はトップページの「Sign in」のボタンから登録情報を入力すればログインすることができます。

 

セキュリティ対策として二段階認証を必ずしよう

アカウントを作成したら、必ずセキュリティ対策として二段階認証の設定をしておきましょう。

設定の方法はシンプルで、下記の通り、ログイン画面から「Personal Setting」と進み、②のSNSでの認証設定をクリックします。

 

 

その後に、電話番号を登録し、認証が完了すれば設定完了になります。

シンプルにできますので、サッと登録しておきましょう。

BXONEの本人認証の方法

BXONEへの登録は基本情報とメールアドレスの認証だけでできるのですが、出金や取引をするためには本人認証が必要になります。

ただ、BXONEの本人認証はネット上だけで完結しますので、郵送で受け取らなければならない国内の取引所よりは比較的スムーズに認証を完了させることができます。

 

本人認証は先ほどの「Personal Setting」のメニューに進み、下の「Your Personal detail」から登録を行うことが可能です。

入力画面は下記のようになっており、全て英語での登録となります。

 

 

これらの情報を入力したら、さらに本人確認書類を提出していきます。

 

 

最低でも2つ以上の書類が必要で、住所は現在住んでいるものを提出するようにしてください。

この提出が完了したら、青い表記で「審査待ち」となりますので、審査が通るまで待っていましょう。

BXONEへの入金・出金方法

BXONEヘの入金、出金方法ですが、一般的にはビットコインアドレスを取得し、国内の取引所から送金をするのがおすすめです。

ただ、BXONEは海外の取引所ながら日本円での入金にも対応しており、その方法も合わせてご紹介いたします。

 

まず、サイドメニューの「Deposit」を選択します。

ビットコインでの入金の場合は、「BTC」を選択すると、ビットコインアドレスが表示されますので、国内の取引所から送金をしてください。

 

 

続いて、日本円の入金方法ですが、「JPY」を選択します。

すると、下記のように日本の銀行の振込先口座が出てきますので、こちらで振り込めば完了になります。(非常に簡単ですね。)

 

 

なお、出金の方法ですが、サイドメニューから「Withdraw」を選択してください。

今はまだ当サイトのアカウントでも本人確認待ちですので、確認後に改めて詳細をお話していきます。

 

 

今はまだ使用する機会が少ないかもしれませんが、今後、この取引所でICOがどんどん行われるようになれば、その利便性から人気の取引所になるかもしれません。

まとめ

 

BXONEは日本円の入金ができ、取引所内でICOへ参加できる取引所という特徴を持っている。

また、セキュリティ対策もしっかり行われており、サポートも日本語に対応しているとのことで、非常に使い勝手のいい取引所と言える。

 

登録は基本情報とパスワード、メール認証のみで、サッと登録が可能。

 

BXONEへ登録する>>BXONE公式サイト