Pocket

 

2017年にはビットコインをはじめとする多くの仮想通貨が高騰しているため、投資対象として熱視線を集めています。

今回取り上げるBlackmoon Crypto(BMC)は現実の経済と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供し、新しい資産運用の形を作り上げようとしている仮想通貨で、まさに投資の盛り上がりを象徴しているプロジェクトと言えるでしょう。

 

Blackmoon Crypto(BMC)とはどんな仮想通貨なのか、その特徴、今後の将来性、取り扱ったいる取引所、購入方法などをまとめてお話していきます。

今はまだ目立った動きのないBlackmoon Cryptoですが、動きがあり次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローしてみてください。

 

<今後、最新情報が入り次第Twitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

Blackmoon Crypto(BMC)とはどんな仮想通貨?

 

 

Blackmoon Crypto(BMC)とは、冒頭でも触れた通り、現実の経済世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するために、トークン化された資金のための枠組み(プラットフォーム)を作ろうとしている仮想通貨です。

投資家はBlackmoon Cryptoトークンを購入して、現実世界、仮想通貨世界の両方に参加することができ、まさに仮想通貨経済とリアル経済の橋渡しの役割を担うことが期待されています。

 

今までの投資ファンドは法定通貨のみを取り扱っており、専門的な金融知識や高度な数学的分析を駆使して、顧客の資産を大きくしてきました。

近年、仮想通貨が投資として注目される中で、仮想通貨で投資ファンドの運用ができる環境を整えようとしているのがBlackmoon Cryptoというわけです。

 

仕組みとしては、投資家がBlackmoonCryptoを購入し、2018年から運用が予定されている投資ファンドに投資を行ってBMCトークンでリターンを受け取るものとなっています。

なお、公式サイトによると、運用開始の投資ファンドは2017年8月時点で16個あり、金融テクノロジー会社、株式指数、ICOなど様々なものがあります。

 

法定通貨で投資ファンドを作ろうとすると、信託保全をしてくれる信託銀行を探したり、目論見書を準備したりと時間やコストがかかるところを、オンライン上での処理が可能になるメリットを持っています。

仮想通貨:Blackmoon Crypto(BMC)の今後の将来性

 

仮想通貨での投資ファンド運用を可能にするBlackmoonCrypto(BMC)ですが、果たしてこのプロジェクトの将来性には期待できるのでしょうか。

 

なお、BlackmoonCryptoのプロジェクトを主導している会社はBlackmoon Financial Groupというロシア人がアメリカに設立した会社になります。

この会社はローン商品を中心に展開している金融サービス会社であり、実体を伴わないバーチャル企業というものではないでしょう。

 

また、2018年第1四半期から投資運用業務を開始する予定で、最初の2つのファンドをBlackmoon Financial Group内で運用するとのこと。

仮想通貨投資はかなりの熱視線を集めており、今後、数々の仮想通貨の開発が進む中で、投資もさらに熱を帯びるでしょうから、このBlackmoonCryptoが日の目を浴びる可能性を持っていると言えるでしょう。

 

ただし、プラットフォームの実態やサンプルをまだ確認できていないことは懸念点として挙げられます。

他にもアメリカの証券取引委員会(SEC)は仮想通貨の売買に関して、「証券取引法が適用されるかもしれない」と発言しており、金融当局の意向を受けるかもしれません。

 

価格が上がるのは、仮想通貨投資が熱を帯び、投資ファンドの運用実績、実例を重ねていくことで、このBlackmoonCryptoの需要が高まったタイミング。

もちろん、上記の懸念点もありますので、将来性を持ちながらも不確定要素の多いプロジェクトということで余剰資金で投資をするよう心がけてください。

 

なお、BMCトークンの価格ですが、取引所に上場した直後の2017年9月にo.9ドル前後、12月に0.4ドル前後まで下落し、2018年1月に2ドル前後まで高騰を見せる推移をしています。

Blackmoon Crypto(BMC)を扱う取引所・購入方法

 

BlackmoonCrypto(BMC)の取り扱うがある取引所は海外のHitBTCやLiquiが主な取引所となっています。

どちらもセキュリティには不安を残しますが、LiquiよりもHitBTCの方が安全で便利だとする声が多いことから、HitBTCでの取引を推奨します。

 

BlackmoonCryptoを購入するなら>>HitBTC(ヒットビーティーシー)の公式サイト

参考:【本人確認不要】HitBTC(ヒットビーティーシー)登録方法を図で解説!

 

ただ2018年1月にCoincheckからNEM(ネム)が盗難されたように、安全性のリスクを伴いますので、必ずセキュリティ対策をした上で、購入するようにしましょう。

なお、HitBTCは日本円の入金ができませんので、国内の取引所でビットコインを購入し、送金する形で入金を行ってください。

 

 

入金が完了した後は、取引銘柄から「BMC」を選択してください。

すると、「BMC / BTC」のチャートが出てきますので、右下の取引入力欄から、購入したい量を入力して購入します。

 

 

価格が低いうちに購入することで、大きなリターンを得ることができますが、リスクが常に伴うことを忘れずに余剰資金で取引を行うようにしましょう。

 

仮想通貨の安全管理はこちら:【仮想通貨】最も安全で便利なウォレットとは?長期保有ならこの保管方法を!

まとめ

 

Blackmoon Crypto(BMC)は、現実の経済世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供して、橋渡しの役割を担うプラットフォーム。

法定通貨で投資ファンドを作る際には、信託銀行や目論見書の手配に時間やコストがかかる一方、ブロックチェーンを利用したBlackmoon Cryptoではオンラインによるスマートな処理が可能になる。

 

2018年第1四半期から実際に投資ファンドを運用していく予定で、今後、仮想通貨投資市場が盛り上がり、1つの資産運用の形になれば需要が期待できる。

ただし、金融当局の意向による影響を受けたり、プラットフォームの実態が確認できていないことは懸念点として挙げられる。

 

その他注目の取引所:【仮想通貨取引所】Bibox(ビボックス)の登録方法・メリット・使い方を完全解説!

 

 

<今後、最新情報が入り次第Twitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>