Pocket

 

仮想通貨投資を本格的にしている人であれば、Binanceという取引所を知らない人はいないでしょう。

 

Binanceは今や世界一の取引量を誇り、豊富な仮想通貨銘柄、日本語対応で取引所の圧倒的な地位を築き上げた取引所です。

 

ですが、そんなBinanceが仮想通貨を開発していたというのをご存知でしょうか。

 

BinanceはBinance Coinという仮想通貨を開発しており、それも1月8日現在の時価総額ランキングで31位と人気を博しているのです。

 

ということで今回はBinance Coinとはどんな仮想通貨なのか、投資するほどの将来性を持っているのか、どうやって購入すればいいのか、など徹底解説していきます。

 

Binance Coin(BNB)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Binance Coin(バイナンスコイン)とはどんな仮想通貨?

 

Binance Coinは先ほども話しましたが、1月8日現在、時価総額ランキングで31位、「1BNB=18ドル」、基本的な概要は下記の通りです。

 

 

取引所として圧倒的な地位を誇るBinanceが開発しているBinance Coinですが、果たしてどんな特徴を持ったコインなのでしょうか。

 

基本的な特徴は「取引手数料割引」、「四半期ごとにBNBの価値が上がる」、「ERC20トークン」の3点が挙げられます。

仮想通貨取引手数料割引

BinanceではBTCやETHなどのペアで取引を行う際、取引手数料は0.1%となっています。

 

しかし、Binance Coinをペアで使うことによって、取引手数料を通常の半分の0.05%に割引される特徴を持っているんですね。

 

ただでさえ取引手数料の安いBinanceでさらに安く取引ができるというのは何度もトレードしたり、大きな額を動かす人からすれば願ってもないことでしょう。

 

なお、割引は年度ごとに率が変わり、1年目で50%、2年目で25%、3年目で12.5%、4年目で6.25%、5年目からは割引なしとなっています。

四半期ごとにBNBの価値が上がる

Binance Coinの発行上限数は2億BNBですが、すでに全てのコインが発行されています。

 

BNBによる取引手数料の割引率が低くなっていく代わりに、Binanceが発行されているBNBを四半期ごとに利益の20%分買い戻すことも発表しています。

 

これはどういうことかというと、発行されて市場に出回るBinance Coinが減るため、コインの供給が減るということです。

 

供給が減れば、自然と需要が高まり、結果としてBinance Coinの価値が上がるようになっています。

ERC20トークン

さらに、Binance Coinはイーサリアムを基盤とした仮想通貨であるためERC20トークンとなります。

 

ERC20トークンはイーサリアム上で使われる規格のことで、AugerQtumなど数多くの仮想通貨がこのERC20トークンに当てはまります。

 

簡単にいうと、同じERC20トークン同士の取引であれば、どのトークンでも簡単に送受信ができて便利、ということですね。

 

また、ERC20トークンはスマートコントラクトを備えており、中央管理者がいない分散型取引所(DEX)での仮想通貨の取引ができます。

 

これにより、ハッキングやシステムダウン、倒産のリスクを軽減していくことが可能になるというわけです。

 

その他注目コイン:TRON(トロン / TRX)とはどんな仮想通貨?将来性・チャート・取引所・買い方を徹底解説!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

チャート・特徴からみるBinance Coin(バイナンスコイン)の将来性!

 

世界一の取引量を誇るBinanceが開発するBinance Coin(バイナンスコイン)ですが、果たして投資するほどの将来性はあると言えるのでしょうか。

 

チャートから見てみると、2017年7月に取引が開始され、12月までは「1BNB=1、2ドル」を低く推移していたところから、12月から1月の1ヶ月間で「1BNB=18ドル〜22ドル」まで上がっています。

 

結論からいえば、まだまだBinance Coinの価格が上がる可能性が高いと言えるでしょう。

 

というのも、やはり取引所が運営する仮想通貨で取引手数料も割引されるとなると、ユーザーが増えれば増えるほど、その需要は高まっていくからですね。

 

さらに、Binanceの上場投票ではBinance Coinが使用されるため、今後も投票があった場合は必ずその需要が高まります。

 

また、Binanceが四半期ごとに利益の20%を買い取るというのも少なからずBinance Coinの価格を上げる可能性を秘めていると言えるでしょう。

 

このように、BinanceがBinance Coinの需要を高めるような動きをしているため、必然的にBinanceが成長すればするほど、価格の向上に期待できます。

 

しかし、もちろんリスクもあります。

 

中国はICOの規制をするなど一度大きく世間を騒がせたこともありますので、中国当局の影響を受けて市場が乱れること可能性も0ではありません。

 

最近では仮想通貨の価格が軒並み上がっていますが、こういったリスクも潜んでいることを常に理解した上で、余剰資金で投資していきましょう。

 

その他注目コイン:Paccoin(パックコイン / PAC)とはどんな仮想通貨!?チャート・将来性・取引所・購入方法!

Binance Coin(バイナンスコイン)を扱う取引所・購入方法!

 

Binance Coin(バイナンスコイン)を購入したいと思った時はもちろん、Binanceで購入することになります。

 

Binance Coin(BNB)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

Binanceにログインした後は取引銘柄の項目から「BNB / BTC」を選択してください。

 

 

すると、下記のように「BNB / BTC」のチャートが出てきますので、赤枠部分を入力して購入完了になります。

 

 

あらゆる仕組みで価格が上がるようにしているBinance Coinですが、先ほど話した通り、リスクも存在するため、余剰資金で投資をするようにしてください。

 

参考:Dent(デント / DENT)とはどんな仮想通貨?将来性・チャート・取引所・購入方法まとめ!

まとめ

 

Binance Coin(バイナンスコイン)は世界一の取引量を誇るBinanceが手がけている仮想通貨。

 

主な特徴は、仮想通貨の取引手数料割引、四半期ごとにBNBの価値が上がる、ERC20トークンなどがあげられる。

 

Binanceの上場投票でBNBが使用されたり、四半期ごとの買い戻しで需要が高まったり、新規ユーザーの確保と手数料割引によりさらに需要が高まるため、将来性には期待できると見られている。

 

Binance Coinの購入はもちろん、Binanceで買うこととなる。

 

Binance Coin(BNB)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>