Pocket

 

2017年はビットコインが10万円から200万円を越えたり、モナコインが2円から2000円になったり、と非常に注目を集めてきました。

 

もちろん、その分、新しく仮想通貨投資を始める人が増えてきているのも事実で、18年はますます盛り上がりを見せていくでしょう。

 

新しく参入した人は主にCoincheckやBitFlyerなどで取引をしているかと思うのですが、もし本格的に仮想通貨投資を始めるのであれば、海外の取引所であるBinanceの利用は”必須”と言えます。

 

実際に、仮想通貨投資で大きなお金を得ている人はほぼ全員と言っていいくらい、Binanceを利用しているんですね。(それにはもちろん理由があります。)

 

逆に、Binanceを利用していない人は”大きなお金を得るチャンス”を逃していたりします。

 

海外の取引所と聞くと、不安に感じたりよくわからなかったりするかもしれませんが、実は日本語対応しているため、登録も利用も非常に簡単です。

 

ということで今回は、仮想通貨投資を本格的にする上でBinanceが必須である理由、なぜ大きなお金を得ているほとんどの人ががBinanceを利用しているのか、を徹底解説していきます。

 

登録もスムーズにできるよう解説をつけていますので、今回の内容を参考に必要だと感じたらサッと登録しておいてください^^

 

Binanceの登録はこちら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

仮想通貨投資にBinanceが”必須”である3つの理由

TRON、Vergeなど取引銘柄が豊富で投資の幅が広がる

2017年12月にはビットコインだけでなく、TRON(トロン)、Verge(ヴァージ)、CardanoADA(カルダノエイダ)など、数々の仮想通貨が高騰していきました。

 

そして、これらの仮想通貨は国内のCoincheckなどでは取り扱いがなく、Bainanceで購入するしか入手方法はなかったのです。

 

例えば、TRONの場合は下記のように12月1日には0.5円だったのにもかかわらず、12月19日には約5円まで高騰しました。

 

 

単純に1ビットコイン(=200万円)を入れていれば、25ビットコイン(5000万円)ですからね、ありえないリターンです。

 

1ビットコインを入れていなくても、10万円だったとしても250万円に跳ね上がっていたわけですから、仮想通貨がアツいと言われるのにも頷けるでしょう。

 

また、このTRON(トロン)だけでなく、Verge(ヴァージ)という仮想通貨も12月だけで「0.6円から6円」と10倍にまで急騰しています。

 

 

CardanoADA(カルダノエイダ)も同様に、12月だけでも「約13円から58円」、もっと早くから仕込んでおけば「約2円から58円」まで高騰しているのです!

 

このように、仮想通貨には様々な種類があり、それぞれの開発者が熱意を持って開発を進めているわけで、将来有望なコインは数多くあるわけです。

 

日本国内の取引所だけでは購入できる仮想通貨の種類は限られてしまうからこそ、Binanceに登録すべきなのです。

 

Binanceは海外の取引所の中でも取引している仮想通貨の銘柄が非常に多く、これから上がる将来有望なコインでも購入することができます。

 

仮想通貨投資で大きなお金を手にしている人は、こういったTRONやVergeといったコインがまだ安い時に仕込むことができているからなんですね^^

 

このように、購入することができる仮想通貨の銘柄を増やし、仮想通貨投資の幅を広げることができることがBinanceが必須である理由なのです。

 

今は購入する仮想通貨がなかったとしても、登録だけ済ませておけば、上がっているコインを見つけた時にスムーズに取引ができ、波に乗ることができるため、早めに登録しておくことをおすすめします!

 

Binanceの登録はこちら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

取引高”世界一”の取引所である

また、12月17日にBinanceが公表しているのですが、Binanceは取引高でも世界一の取引所となりました。

 

https://twitter.com/binance_2017/status/942233211018424325?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.ikedahayato.com%2F20171217%2F73643855.html

 

実際、Binanceは取引銘柄も非常に多く、手数料も安いため人気を博しており、取引量世界一も納得の結果です。

 

マイナーな取引所であれば利用が少ないために閉鎖されてしまったり、取引所自体が詐欺であることもあるのですが、取引高世界一となっているので、その可能性は非常に少なくなります。

 

取引量が多い、というのはその分、手数料も入ってくるため、経営が安定するということであり、私たち利用者のリスクも減るということなんですね。

 

海外の取引所は心配、怪しいと思われがちですが、本格的に仮想通貨投資をしている人たちが安心してBinanceを使用しているのにはこういう理由があるわけです。

 

「海外の取引所がよくわからない」という方にとっても、リスクがほとんどなく安心して使用できる取引所なのです^^

 

Binanceの登録はこちら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

日本語対応しており、登録も簡単!圧倒的に使いやすい

冒頭でも少し触れましたは、他の仮想通貨と比べてBinanceが圧倒的に使用しやすい理由は「日本語対応」です。

 

 

このように、Binanceでは日本語はもちろん、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語と他言語に対応している取引所なんですね。

 

自国の言語に対応していれば、入金や送金、購入をする際に誤った操作も減りますので、非常に安心して使えるというのが大きなメリットとなります。

 

日本人の私たちにとって、仮想通貨というだけでも大変なのに、それを英語でとなると、もうそれだけで嫌気がさしてしまいますよね。笑

 

それでも、使いやすさ、ユーザービリティを第一に考えて多国籍に対応している点も、Binanceが選ばれる点と言えるでしょう。

 

このように、登録はもちろん、購入や売却などの取引、送金、入金なども簡単にできる、圧倒的に使いやすいという点でもBinanceが非常におすすめなのです。

 

Binanceで購入できる仮想通貨を増やしておいて、今から上がっていく有望コインを早めに仕掛けたり、市場の動きをいち早く掴んで、大きなお金を掴みましょう^^

 

市場はあっという間に動きますから、事前に登録してすぐに取引できるよう慣れておくことをおすすめします!

 

Binanceの登録はこちら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

以上が、仮想通貨投資を本格的にすべき人がBinanceを利用すべき3つの理由でした。

 

ただ、これらだけではなく手数料が安かったり、ビットコインのハードフォークを支持していたりと他にも長所がたくさんありますので、ぜひ積極的に利用して賢く投資をしてみてください。

まとめ

 

仮想通貨投資を本格的にするのであれば、Binanceという海外の取引所を利用するべき。

 

「取引銘柄が多いため、将来有望のコインに早めに投資でき、投資の幅が広がる」、「取引量が世界一であり、人気・安心の仮想通貨取引所」、「日本語対応しており、圧倒的に使いやすい」というのが必須である理由。

 

実際に、TRONやVerge、CardanoADAは国内で購入することができないため、Binanceが必須であり、稼いでいる人は皆、利用している取引所。

 

 

Binanceの登録はこちら:>>Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!