Pocket

 

2018年注目の仮想通貨銘柄としてTwitterでも話題に登っているAidos Kuneen(ADK)ですが、なぜ1000種類を超える仮想通貨の中で注目を集めているのでしょうか。

ちなみにこのAidos Kuneenが有名になったのは、2017年12月にテレビで放送された「スタジオに絶対来られないスゴイ人」で取り上げられたからなのです。

 

 

 

このADKを2000万円分購入して、5億円まで跳ね上がったことで億り人になったことから、2017年12月から注目されている銘柄になります。

ということで今回は、Aidos Kuneen(ADK)とは果たしてどのような仮想通貨なのか、なぜそこまで注目されているのか、今後の将来性や取引所での買い方まで徹底解説していきますので、参考にしてみてください。

 

※2018年注目の仮想通貨はこちら:HTトークン(Huobi Token)がアツい!?どんな仮想通貨?将来性、買い方、取引所まとめ!

 

<今後、最新情報が入り次第Twitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

Aidos Kuneen(ADK)とはどのような仮想通貨?

 

Aidos Kuneen(エイドスクニーン / ADK)の最大の特徴はビットコインのようなブロックチェーンではなく、iMeshという技術を使用していることにあります。

このiMeshとはIOTAやByteBallで採用されているDAGという技術をもとに応用して作られたもので、第3のDAG通貨としてADKが注目を集めているというわけです。

 

仮想通貨の取引にはマイニングが必要となり、その際に、コスト(取引手数料)がかかってしまうことが問題とされていました。

しかし、このDAGという技術により、取引の記録が網目状に繋げられており、ビットコインで問題とされていたスケーラビリティ問題を解決できたり、取引手数料を無料にすることを可能にします。

 

取引手数料が無料であるため、少額の取引を何度も行うマイクロトランザクションでの利用に向いているとされています。

もちろん、DAGやiMeshの技術自体がまだまだ発展途上の新技術であるため、今後何かしらの問題が起きる可能性はあるでしょう。

 

また、ADKはI2P技術を採用しており、取引に匿名性を持たせることを可能にしているのも特徴の1つ。

さらに、ADKが注目されている理由にDAG技術だけでなく、オフショア銀行との提携というのが挙げられます。

 

オフショア銀行というのはいわゆる「租税回避地」で、お金を預けていることを秘密に保管してもらうことができ、合法的に税金を逃れたりマネーロンダリングができる銀行になります。

脱税と聞くと犯罪のイメージを持つかもしれませんが、世界的な大富豪やGoogleやWindowsといった大企業も利用しているのです。

 

ちなみに、このオフショア銀行の市場規模は3300兆円規模であり、仮想通貨市場の約300倍。

つまり、ADKはオフショア銀行と提携することで33oo兆円の市場で利用してもらうことを狙っている、ということであり、注目を集める理由でもあります。

 

参考:IOTA(アイオタ)とはどんな仮想通貨?今後の将来性・取引所・購入方法まとめ!

仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)の今後の将来性

 

DAGの技術をもとにして開発を進められており、注目を集めているAidos Kuneen(ADK)ですが、果たして本当に将来性があると言えるのでしょうか。

まず、DAG技術に関してはIOTAが時価総額ランキング10位前後、ByteBallがランキング30位〜60位前後を推移しており、ある程度の人気を誇っていると言っていいでしょう。

 

その他にも、リトアニア銀行との提携、リトアニアのミスタータンゴ銀行でデビットカードを発行、オンラインカジノでも使用できるようにゲーム会社との提携もしています。

2018年の第1四半期には「BTC-exchange」に上場が決まっており、取引量の増加が期待できるでしょう。

 

それに加えて、先ほどお話したオフショア銀行の提携が2018年に控えているなど材料を多く控えていることが注目の要因となっています。

 

 

将来性に関しても、中身のない投機のための仮想通貨とは異なり、実需があるという点も強みになるはず。

とはいえ、ADKも他の仮想通貨同様、メリットばかりではありません。

 

ADKの取り扱いをしているAidos Marketという取引所はメンテナンスや板が消えたり、入金が反映されないなどのバグが多く、ややリスクが高いのがデメリットです。

そのため、投資をするのであれば、必ず余剰資金での投資にしておきましょう。

 

その他注目コイン:Bibox Token(BIX)とはどんな仮想通貨?注目のBibox銘柄!将来性や取引所まとめ!

 

<今後、最新情報が入り次第Twitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>

Aidos Kuneen(ADK)を扱う取引所・購入方法

 

先ほども話したように、Aidos Kuneen(ADK)の取り扱いをしている取引所はAidos Marketのみです。

このAidos MarketはADKを取引するためだけに、ADKの開発者が作った取引所になります。

 

ただし、メンテンアンスが多かったり、入金が反映されないといったバグがあったりと少し不安な取引所ではありますが、世界で唯一、ADKを買うことができる取引所なのです。

 

ADKの購入はこちら>>Aidos Market公式サイト

 

Aidos Marketにログインすると、下記の「DEPOSIT」からビットコインの入金を行って、「TRADE-NOW」から取引を行います。

 

 

「TRADE-NOW」をクリックすると、下記のようなトレード画面が画面左にでてきますので、赤枠に購入したい量を入力して完了になります。

 

 

ただ、入金が反映されない、メンテナンスが続くなど不安要素を抱えている取引所ということを理解した上で、投資をしてみてください。

まとめ

 

Aidos Kuneen(エイドスクニーン / ADK)はブロックチェーンではなくDAGの技術を元にしたiMeshという技術を採用している仮想通貨。

スケーラビリティ問題を解決したり、取引手数料が無料になったりという点で技術的にも注目されている。

 

また、マネーロンダリングを行っているオフショア銀行との提携を目指しており、その市場でADKを使用してもらうことを意図していることも期待されている材料の1つ。

ADKの購入は、ADK専用の取引所であるAidos Marketで購入することが可能、しかし、運営には少々不安あり。

 

ADKの購入はこちら>>Aidos Market公式サイト

 

その他、開設しておきたい取引所:【仮想通貨取引所】Bibox(ビボックス)の登録方法・メリット・使い方を完全解説!

 

 

<今後、最新情報が入り次第Twitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>