Pocket

 

今では飛行機は移動手段として欠かせないものとなっていますが、向こう20年で、飛行機の数は21,600機から2037年に43,560機になるとされています。

特にアフリカやアジア太平洋などの新興国での人口増加をきっかけとして、飛行機の利用が増えると見られています。

 

こういった展望を見据えて、Aeron(ARN)という航空関連の仮想通貨プロジェクトが誕生しました。

今回は、Aeron(ARN)とはどのような仮想通貨なのか、今後の将来性に期待できるのか、どの取引所で購入することができるのか、など徹底解説していきます。

 

Aeron(ARN)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

※2018年注目の仮想通貨はこちら:HTトークン(Huobi Token)がアツい!?どんな仮想通貨?将来性、買い方、取引所まとめ!

 

Aeron(ARN)とはどのような仮想通貨?

 

 

Aeron(ARN)は、イーサリアムを基盤として、パイロットや航空会社が飛行機の安全性を高めるために開発されている仮想通貨になります。

飛行機は時に墜落事故などが起こり大きな話題となりますが、人為的なミスによる事故が57%、技術的なミスによる事故が22%となっており、半数以上が人間によるミスにより起こっているのです。

 

もちろん、パイロットや航空会社はミスをしないように最善を尽くしてはいるのですが、問題は事故が起きた際に、原因を追求するデータを改ざんしたり、機密事項を公表しないという可能性があることです。

そのため、Aeron(ARN)は、パイロットたちが記録するデータを改ざんできないようにブロックチェーン上に記録し、透明性を保ち、飛行機の安全性を根本から高めていこうとしているのです。

 

仕組みとしては、パイロットにはパイロット用のAeronアプリがあり、それに操縦する航空に関する様々な情報を入力していくことでデータが記録されていきます。

また、航空会社には航空会社のAeronアプリがあり、オイル、燃料の補充、航空機のコンディションに関する情報を入力していきます。

 

これらのデータをブロックチェーンに記録することによって、データの改ざん、捏造を不可能にして、正確な原因を素早く突き止めることができ、航空事故も防げるようになることが期待されています。

冒頭でも話したように、飛行機での移動は世界規模で見て、ますます拡大していくとされるため、飛行機の安全性の向上はなくてはならないでしょう。

 

また、Aeron(ARN)の開発チームがプロジェクトに関して、動画を公開していますので、下記から確認してみてください。

 

 

開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

仮想通貨:Aeron(ARN)の今後の将来性

 

Aeron(ARN)はこれから新興国で急増していく航空需要から見ても、注目に値するプロジェクトだという声も上がっています。

実際、飛行機の事故は大きな話題として取り上げられ、事故を起こした企業は大きなマイナスの印象を受けてしまうことからも防ぎたいところでしょう。

 

もちろん、事故が起きた情報やデータ内容の透明性が確保されることによって、改ざんや捏造などができなくなってしまうことで苦い思いをする企業が出てくるかもしれません。

しかし、人為的なミスが起きていることは事実であり、航空の安全性を高めることは倫理的にも求められるでしょうから、人々からの期待は大きいでしょう。

 

飛行機の運転は精密さが求められるにもかかわらず、人によるアナログな運行がなされていることは大きな課題と言えます。

その課題を解消し、より安全な空の旅を実現させるプロジェクトであるとして、注目されています。

 

Aeron(ARN)の今後の開発ロードマップ

 

Aeron(ARN)のロードマップですが、公式サイトに詳細を公開されています。

かなり詳しく公開されていますが、2018年のロードマップだけをまとめると下記の通りです。

 

  • 2018年2月:航空当局とのロビー活動
  • 2018年3月:パイロットと企業アプリケーションの一般公開
  • 2018年4月:Aerontrips.com ブロックチェーンとの統合
  • 2018年6月:トークンの支払い、Aerontrips.comのサービス開始
  • 2018年8月:分散化と暗号化されたストレージへのデータベース移動
  • 2018年9月:航空局ポータル開発
  • 2018年11月:アーロンAPI公開
  • 2018年12月:ATCデータ自動処理の開発のためのデータ・ハブ

 

また、2019年、その後も開発は続いていき、かなり壮大なプロジェクトとなるため、長い目で期待して見ておきたいですね。

 

※その他、2018年注目の仮想通貨はこちら:HTトークン(Huobi Token)がアツい!?どんな仮想通貨?将来性、買い方、取引所まとめ!

Aeron(ARN)を扱う取引所・購入方法

Aeron(ARN)を取り扱っている仮想通貨取引所ですが、BinanceやBit-Z、HitBTCといった海外の取引所で購入することができます。

取引銘柄、取引量、日本語対応などのユーザービリティを考えると、Binanceでの購入が最もおすすめです。

 

Aeron(ARN)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

なお、Binanceでは日本円の入金に対応していませんので、国内の取引所から送金をして入金を行います。

入金を行った後は、Binanceの取引銘柄から「ARN / BTC」を選択してください。

 

 

すると、下記のように、「ARN / BTC」のチャートが出てきますので、赤枠に購入したい量を入力し、購入完了になります。

 

まとめ

 

Aeron(ARN)は、イーサリアムを基盤として、パイロットや航空会社が飛行機の安全性を高めるために航空データをブロックチェーン上に記録する仮想通貨。

飛行機の事故の約60%が人為的なミスからなること、データの改ざんや捏造が容易であることを考慮し、その透明性を確保するために開発が進められている。

 

今後、新興国の航空需要はますます高まることが期待されているため、安全性の確保は必須、その観点からも意味のあるプロジェクトと言える。

なお、Aeron(ARN)の購入は取引量の多いBinanceがおすすめ。

 

Aeron(ARN)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。