Pocket

 

今回ご紹介するAdEx(アデックス / ADX)という仮想通貨はオンラインの広告に関する仮想通貨になります。

広告市場は非常に大きく、既存のオンライン広告であればGoogleやYahoo、広告系の仮想通貨もAdEx以外にもいくつか開発が進められているほど。

 

ということで今回は、AdExとはどんな仮想通貨なのか、その特徴や今後の将来性、取引所での購入方法まで解説していきますので、参考にしてみてください。

仮想通貨の広告といえば、偽のURLでBinanceなど取引所を装って、入金してしまうと、お金が引き出されてしまうといったものが有名ですが、そういった問題も解決できるようになるのでしょうか。

 

AdEx(ADX)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

AdEx(アデックス / ADX)とはどのような仮想通貨?

 

 

AdEx(アデックス / ADX)とは、イーサリアムを基盤としたオンライン広告のプラットフォームになります。

従来のオンライン広告では、広告主と広告掲載者の間に代理店(Googleなど)が仲介しているのですが、AdExは広告主と広告掲載者間での直接売買(アドエクスチェンジ)を実現しようとしている仮想通貨です。

 

既存のオンライン広告では、透明性やエンドユーザーのプライバシーが十分に確保されていなかったり、詐欺広告の問題も抱えているため、ブロックチェーンとスマートコントラクトで問題を解決しようということですね。

また、広告はGoogleやfacebookの中央集権であり、規制やアカウントの削除などのデメリットがあるのですが、AdExは何が正しくて何が間違っているのか、分散管理により、ユーザーが判断できるようになります。

 

アドバイザーには、BITMAINの創業者かつビットコインキャッシュの仕掛人であるJihan Wu(ジハン・ウー)が務めていることでも注目を集めています。

その他にも、2017年8月にはネットワークをより効率的にするためにAdExをイーサリアムからNEOのプラットフォームに移植することを発表しています。

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

仮想通貨AdEx(ADX)の今後の将来性

 

オンライン広告の透明性やプライバシーを確保するために開発を進められているAdEx(ADX)ですが、果たして将来性に期待できるのでしょうか?

アドバイザーにJihan Wu(ジハン・ウー)がいるというのは好材料ですが、AdEx以外に広告関連の仮想通貨は存在しており、それがライバルになるのでは、と言われています。

 

その中でも、ライバルとされているのが、イーサリアムを基盤としたBAT( Basic Attention Token)が挙げられます。

まだまだプロジェクトは始まったばかりですので、どの広告系仮想通貨が主導権を握るのかはわかりませんので、注目して見ていきたいところですね。

AdEx(ADK)の今後の開発ロードマップ

AdEx(ADX)の今後のロードマップですが、下記の流れで開発が進んでいくこととなっています。

 

  • 2018年2月:β版のリリース
  • 2019年1月まで:サービスを利用してもらい、フィードバックを受ける、機能の改善
  • 2019年1月から:スケーラビリティなどの技術的な改革、領域拡大

 

広告の領域はライバルの仮想通貨はもちろん、GoogleやYahoo、各種ASPもライバルとなるため、今後の動き・様子を見る方が多いのではないでしょうか。

AdEx(ADX)を扱う取引所・購入方法

AdEx(ADX)は、Binance、Huobi、Liquiといった海外の取引所で購入することができます。

日本語対応、取引銘柄の豊富さ、取引量を考慮すると、ADXを購入するならBinanceでの購入がおすすめとなります。

 

AdEx(ADX)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

なお、Binanceは日本円での入金ができませんので、国内の取引所からビットコインを送金する形で入金を行います。

ビットコインの入金後は、取引銘柄の項目から「ADX / BTC」を選択してください。

 

 

すると、「ADX / BTC」のチャートが出てきますので、下記の赤枠から購入したい量を入力すれば購入完了になります。

 

 

※開発の進捗や最新情報が入り次第、追記してTwitterで情報を配信しますので、フォローをお願いします。

まとめ

 

AdEx(アデックス / ADX)とは、イーサリアムを基盤としたオンライン広告のプラットフォームの構築を目指す仮想通貨。

AdExのプラットフォームでは、広告主と広告掲載者間での直接売買を可能にし、透明性やプライバシーを確保することが可能になる。

 

ただ、他にも広告系の仮想通貨が存在しており、GoogleやYahooといった既存の広告プラットフォームもライバルになるため、今後の動きには注目が集まる。

なお、ADXを購入するのであれば、日本語対応、取引量、取引銘柄が豊富なBinanceでの購入がおすすめ。

 

AdEx(ADX)を購入する:Binance(バイナンス)公式ページ

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!