Pocket

昨今の仮想通貨バブルが追い風となり、国内の仮想通貨取引所最大手ビットフライヤー(bitFlyer)の評判や口コミが気になる方が増えてきているようですね。

 

ビットフライヤー(bitFlyer)は2017年に”仮想通貨元年”と銘打ち日本における仮想通貨の認知度を爆発的に上昇させた、国内の仮想通貨取引所の第一人者とも言える存在ですから当然の流れと言えますね。

 

結論から言うと、ビットフライヤー(bitFlyer)は絶対に口座開設した方が良いことと、しかも登録が早ければ早いほど恩恵を受けることができるので、今すぐに登録しましょう。

 

また、ビットフライヤー(bitFlyer)を効果的に活用する方法もあるので口座開設したからといってすぐに取引を始めるのではなく、効果的な活用方法をご覧になってから取引を開始してくださいね。

口座開設はこちら:ビットフライヤー公式サイトへ

メリットからわかる、ビットフライヤーの評判とは?

まず、ビットフライヤーの評判をメリットから見てみましょう。

新規上場銘柄が爆発的に上昇する

先ほども申し上げましたが、ビットフライヤーは国内最大手の取引所で登録者数や流入額も大きいため、新規銘柄がビットフライヤーに上場するだけで爆発的に価格が上昇します。

 

例えば、2017年にビットフライヤーがモナコイン(Monacoin)を上場させた途端、価格50円が1.4倍の70円台に価格を乗せ、その他好材料も後押しした結果一気に2000円台まで押し上げたのです。

 

つまりビットフライヤーに登録しておくだけで、暴騰銘柄を購入できるチャンスがあるということなんですね。

>>ビットフライヤーに登録する

資金力があり信頼性が抜群

まず、仮想通貨取引所には今でも”マウントゴックス事件”が尾を引いており、信頼性が取引所を選ぶ上で大事なポイントとなっています。

 

ビットフライヤーには三井住友銀行グループ、みずほフィナンシャルグループ、第一生命の3メガバンクなどが出資しており、国内取引所の中で一番潤沢な資金を持っています。

 

資金を持っているということはそれだけ倒産・破産リスクが少なく、そもそも大手ヘッジファンドが投資しているということだけで信頼性という点に関してはクリアしているといって良いでしょう。

 

また、ビットフライヤーは国内で唯一監査法人契約を終結している取引所であり、金融庁も”仮想通貨交換業者第一号登録”として政府も認めているため、このことからもビットフライヤーは国内取引所の中でもっとも安心、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

損失(被害)補償

ビットフライヤーには、万が一あなたのログイン情報やパスワードが破られ日本円が不正送金された場合に限り残高金額に応じた分の補償をしてくれる損失(被害)補償があります。

 

・残高100万円超:500万円まで補填
・残高100万円以下:10万円まで補填

 

この盗難補償のおかげで安心して取引ができるので、非常に嬉しいサービスですよね。

 

ただし、この補償を受けるには本人認証を行ないかつ二段階認証設定を完了しているアカウントに限られるので必ず設定しておきましょう。

 

”ハッキング”と聞くと、仮想通貨市場に興味がない人は実感が湧かないかもしれませんが、仮想通貨取引所へのハッキング行為は日々確認されています。

 

実際に、2017年の上半期だけでも23件の不正ログインによるハッキングが確認されており、そのほとんどのアカウントが二段階認証を怠っていたことがわかっているので二段階認証の大切さがわかりますよね。

 

なので、必ず二段階認証は設定しておきましょう。

参考:【超簡単】ビットフライヤー(bitflyer)の口座開設方法を図解解説!

ビットコインを無料で付与してくれる

ビットフライヤーにはビットコインを無料で付与するサービスがあります。

ログイン、書き込みボーナス

ログインするだけで1日1回500satoshi、チャットに書き込みするだけで500satoshiをもらうことができ、しかもチャット書き込みは上限30,000satoshiまで付与してくれる大変太っ腹なサービスです。

 

ちなみに1 BTC = 2,000,000 円 の場合、1 Satoshi = 0.02 円なので500satoshiは10円ほどの価値となります。

 

もしログインして、書き込みも上限まで行なった場合30,500satoshi=610円が毎日もらえるので、それだけで月に18,300円分のビットコインがもらえるのです。

 

もちろんビットコインの価格が上昇するほど日本円での価格も上昇していくので、うまくいけば1年間で数十万円以上利益を出せるかもしれませんね。

 

ただし注意点として、付与全体の1日の上限は0.05BTCなので、日付が変わったら早めにログインチャットへの書き込みを行いましょう。

購入価格に応じたビットコイン付与サービス

また、ビットフライヤー上で買い物や旅行等に申し込むと、購入価格に応じたビットコインをもらうことができます。

例えば、じゃらんで旅行を申し込めば代金価格の0.6%相当のビットコインが手に入りますし旅行は一回の単価も高くなりがちなので、それが還元されるのは嬉しいですよね。

 

ファッションが好きでZOZOTOWNを利用する人は、ビットフライヤー上で購入した方が断然お得です。

また、生活必需品を購入できるお馴染みの”イオンショップ”もありますので、日用品や食料品をこちらで利用するのもよいでしょう。

 

ただ普段の買い物をビットフライヤー上で変えるだけでビットコインが手に入るので、たくさん利用しましょう。

しかし、こんなデメリットも・・

しかし、ビットフライヤーにはこんなデメリットも存在しています。

手数料が高い

ビットフライヤーではスプレッド(価格差)が非常に高いため、仮想通貨を購入するときは高く、売却するときは安くなります。

 

ビットコインに関しては取引所で購入、売却することで、取引手数料だけで抑えることができますが、アルトコインに関しては”販売所”で売買することしかできないため、どうしても市場価格とは不利な値段での取引になってしまうので、注意しましょう。

参考:【今更聞けない】ビットコイン取引所と販売所の違いって何?

 

サーバーが重い

ビットフライヤーのサーバーはあまり頑強ではなく、利用者が増え一度に大量にトラフィックが流れると一時的にサーバーダウンが発生することが多々あります。

 

当然その間は取引はおろかログインすらできない状態なので、例えば損切りしたい場面などでは復旧することをただ待つしかありません。

 

ビットフライヤーに改善してほしい点の一つですね。

【ビットフライヤー限定】の効果的な活用方法!

さて、そんなビットフライヤーを効果的に活用する方法は以下の通りです。

 

『登録だけして新規銘柄が上場した直後に購入する』

『毎日のログインボーナスとチャット書き込みボーナスをもらう』

『ビットフライヤー上で生活必需品を購入する』

 

この3点です。

 

デメリットでも申し上げましたが、ビットフライヤーは”手数料が高い”ことと”サーバーが重い”ことから短期トレードには向いていません。

 

取引すればするほどスプレッドが響いてくることと、いざ取引したい時にサーバー負荷で接続できない状況に陥ってしまうとそもそもの取引ができませんから。

 

なので、ビットフライヤーでは取引を行うのは得策ではないということです。

 

しかし、ビットフライヤーは取引所最大手ということもあり銘柄が上場したと同時に価格が上昇する可能性が非常に高いため、新規で口座開設だけは済ませて置くことが何より大切なのです。

 

本人確認に1週間程度時間がかかるため、もしその間に新規銘柄が上場すると上昇トレンドに乗るチャンスを逃してしまうので、すぐに登録してしまいましょう。

 

また、ログインボーナスとチャットの書き込みボーナスも毎日上限まで行えば1年後には0.1ビットコイン以上手に入れている計算になるので、まさに”チリも積もれば”というやつです。

 

そして、普段の生活必需品をビットフライヤー上で購入すれば、さらにビットコインを手に入れることができるのです。

 

他の取引所ではここまでビットコインを無料で手に入れることはできずビットフライヤーが厚遇してくれているので、このサービスを利用しない手はありません。

ビットフライヤーの評判まとめ

ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は、メリットデメリットから判断して、登録すべきである。

 

その活用方法は、基本的には短期売買は行わず、『ログインボーナス』や『チャット書き込みボーナス』、生活必需品をビットフライヤー上で購入することでもらえるビットコインを無料で手に入れることである。

 

 

口座開設はこちら:ビットフライヤー公式サイトへ

口座開設方法はこちら:【超簡単】ビットフライヤー(bitflyer)の口座開設方法を図解解説!