Pocket

 

2018年1月、国内最大級の取引所であるCoincheck(コインチェック)から580億円相当のNEM(ネム)が盗難される大事件が起こりました。

取引所でのハッキングは過去にも数多くありましたので、今回のCoincheckのように今後も起こる可能性を秘めています。

そのため、ビットコインをはじめとする仮想通貨を購入するのであれば、セキュリティの強い取引所での取引がおすすめ。

 

となると、国内でビットコインを買うなら、やはりbitFlyer(ビットフライヤー)一択でしょう。

なぜなら、bitFlyerはセキュリティの格付けをしているサイト「sqreen」で世界一のセキュリティを誇る取引所と認定されているのです。

ということで今回はbitFlyerがなぜ安全なのか、またその登録方法やセキュリティ対策、使い方まで完全解説していきます。

 

登録はこちらから>> ビットフライヤー(bitFlyer)公式サイト

Bitflyer(ビットフライヤー)が世界一のセキュリティを誇る取引所に!

参考:https://blog.sqreen.io/cryptocurrency-exchanges-security/

 

「我々は仮想通貨をどこで購入すべきか?」という主題で「sqreen」というセキュリティプラットフォームが仮想通貨取引所のセキュリティをランキング順でご紹介しています。

画像から見て分かる通り、bitFlyerがアメリカのcoinbaseと並んでセキュリティスコア「7 / 10」を記録し、世界でもトップレベルに安全な取引所であることが発表されました。

 

Coincheckのハッキング事件と衝撃的な事件があったことで、セキュリティの面にも注目が集まっており、これから多くのCoincheckユーザーがBitFlyerに流れていきそうですね。

実際、BitFlyerは国内最大手の取引所でビットコインの取引量日本一であり、最近ではLISK(リスク)という新しい仮想通貨を扱うなど堅実に成長している取引所と言えるでしょう。

 

こういった側面から見ても、ビットコインを買うのであれば、bitFlyerで取引をすることをおすすめします。

もちろん、ビットコインだけでなく、2017年末に高騰したMonaCoin(モナコイン)や先ほど取り上げたLISK(リスク)、LiteCoin(ライトコイン)なども購入することが可能です。

 

登録はこちらから>> ビットフライヤー(bitFlyer)公式サイト

【1分で完了】ビットフライヤー(bitflyer)の口座開設方法は?

 

まずビットフライヤー(bitflyer)の公式サイトへアクセスします。

 

>> ビットフライヤー(bitFlyer)公式サイト

 

 

アカウントは個人か法人を選択できますが、今回は個人アカウント開設方法を解説していきます。

 

①でメールアドレスを入力してから、②『アカウント作成」ボタンをクリックしましょう。

 

 

するとビットフライヤー(bitflyer)から登録確認メールが届いているので、リンクをクリックしましょう。

 

 

利用規約画面が表示されるので以下の操作を行なってください。

 

①:利用規約を確認したら全てにチェックを入れる
②:クリックをする

 

全てにチェックを入れたら『bitFlyerをはじめる』ボタンをクリックしたらアカウント登録は完了です。

 

この後はアカウントクラスをアップグレードしていきましょう。

ウォレットクラス→アカウントクラスへアップグレード

アカウント登録は非常に簡単ですが、ビットフライヤー(bitflyer)には”アカウントクラス”という概念が存在しておりウォレットクラスとトレードクラスによってサービス内容が異なります。

 

 

このようにウォレットクラスとトレードクラスではサービス内容に大きな開きが存在している(例えばウォレットクラスだと日本円を入金できるが仮想通貨の売買ができない等)ので、トレードクラスへアップグレードすることが望ましいのです。

 

トレードクラスへアップグレードするためには以下の手順が必要です。

 

・ご本人情報の登録
・ご本人確認資料のご提出
・お客様のお取引目的の確認
・転送不要の書留郵便の受取

 

1つずつ行なっていくので、登録途中の画面から入力を再開していきましょう。

 

 

『まずは取引時確認の入力からはじめる』ボタンをクリックしてください。

 

 

個人情報入力画面が表示されるので、項目内容に沿った個人情報を入力していきましょう。

 

①:個人情報を入力する
②:ボタンをクリックする

 

名前や住所などの個人情報を入力したら、『登録情報を確認する』ボタンをクリックしてください。

 

 

個人情報入力確認画面が表示されるので、①入力内容に間違いがなければ、②『ご本人情報を登録する』ボタンをクリックしましょう。

 

 

続けて本人確認資料を提出するので、『続けてご本人確認資料を提出する』ボタンをクリックしてください。

 

 

本人確認資料の提出画面が表示されるので、提出する本人確認資料を選択しましょう。

 

ただし、本人確認として利用できるのは”運転免許証”や”パスポート”など”顔写真付きの公的証明書”が必要で、本人確認資料を用意できないと身分認証ができないのでご注意ください。

 

今回は運転免許証を例にして解説していきます。

 

①:運転免許証を選択する
②:運転免許証の表面を撮影した画像をアップロードする
③:運転免許証の裏面を撮影した画像をアップロードする
④:クリックをする

 

画像は鮮明に写るよう、特に光の反射には気をつけて撮影しましょう。

 

身分証明証をアップロードし終えたら、『ご本人確認資料を提出する』ボタンをクリックしてください。

 

 

登録完了画面が表示されるので、『続けて、取引目的等を確認する』ボタンをクリックします。

 

 

お客様の取引目的等のご確認画面が表示されるので、取引目的にチェックを入れていきましょう。

 

全てチェックを入れて『入力する』ボタンをクリッしたらトレードクラスへのアップグレード準備は終了です。

 

登録した個人情報と送信した書類に不備がなければ、ビットフライヤーから郵送書類が届きトレードクラスへのアップグレードが完了となります。

 

ただし郵送には3日程度かかるので、その点だけ考慮しておきましょう。

 

 

アカウントクラスがトレードクラスへアップグレードされました!

取引前に入金をしよう

ウォレットクラスでも日本円の入金は行えるので、アップグレードを待つ間に入金しておくことをお勧めします。

 

再び前の登録画面から操作を行なっていきます。

 

 

 

『続けて銀行口座情報を登録する』ボタンをクリックしてください。

 

 

銀行口座情報の登録画面が表示されるので、①あなたの銀行口座情報を入力しましょう。

 

入力し終えたら②『登録情報を確認する』ボタンをクリックしてください。

 

 

銀行口座情報の登録確認画面が表示されるので、①入力内容に間違いがないことを確認してから、②『銀行口座情報を登録する』ボタンをクリックしましょう。

 

 

 

銀行口座情報を登録したら、『クイック入金はこちらから』ボタンをクリックしてください。

 

 

クイック入金画面が表示されるので、①入金金額を入力したら、②送金方法を選択してください。

 

ただしクイック入金は24時間365日振り込みできますが、振り込み手数料324円かかることだけ注意しましょう。

 

そのまま画面通りに手続きを終えたら、入金が完了です。

【必須】2段階認証の設定

アカウントを登録して入金まで完了したら、セキュリティを強くするため2段階認証の設定を行うことを強くお勧めします。

 

なぜなら2段階認証を設定すればメールアドレスやパスワードを紛失・盗まれたとしても不正ログインを防ぐことができることと、万が一不正送金された場合の補償対象が”二段階認証設定ユーザー”を対象にしているからです。

 

これはつまり二段階認証していないユーザーは一切補償を付けないということの裏返しでもあるので、必ず登録しておきましょう。

 

ビットフライヤーにログインした状態で、①左側の『設定』タブをクリック、②『セキュリティ設定』タブをクリック、③『二段階認証設定を変更する』ボタンをクリックします。

 

 

二段階認証設定画面が表示されるので、①認証コードを受け取る方法とタイミングを選択したら、②『次へ』ボタンをクリックしてください。

 

その後、選択した方法で2段階認証のコード入力と確認を促されるので、認証を行いましょう。

 

 

二段階認証のステータスが『設定済』へ変更されていたら、アップグレードは完了です!

まとめ

ビットフライヤー(bitflyer)の口座解説方法は非常に簡単だが、ウォレットクラスからトレードクラスへアップグレードするためには個人情報を登録する必要がある。

 

アカウントのアップグレードには3日程度かかるため、その前に銀行へ入金しておけばアカウントアップグレード後にすぐ仮想通貨の取引を開始できる。

 

また、二段階認証を行うことで保証セキュリティ強化に繋がり、不正送金時の補償対象にもなる。