Pocket

 

「poloniex(ポロニエックス)に登録して取引始めてみたいなぁ・・」

 

あなたはそう考えていませんか?でもpoloniex(ポロニエックス)は運営元はアメリカ(海外の取引所)のため、表記は全て英語です。なので「英語わからん…」と、目を背けてしまう人も多いはず。

 

しかも、アカウント登録しても本人確認まで完了させていないとpoloniex(ポロニエックス)から取引金額を引き出すことができないのです。(取引は可能)

 

そこで、poloniex(ポロニエックス)の登録方法と本人確認のコツを誰でも簡単にできるように丁寧にまとめました。

 

図解付きなので、英語が一切わからなくても迷わず登録できてしまいます。

 

この記事に書いてある通りに登録→本人確認を行うだけで、10分後にはpoloniex(ポロニエックス)で取引ができてコインを引き出すことができているでしょう!

poloniex(ポロニエックス)登録に絶対必要なモノ

まずpoloniex(ポロニエックス)に登録するために必要なものを準備しましょう。

登録に必要なもの

・身分証明証(パスポートまたは運転免許証)

 

はい、これだけです。本人確認に必要なパスポートか運転免許証を手元に置いて作業してください。

 

逆にパスポートや運転免許証がないと

 

”poloniex(ポロニエックス)に登録してるけど送金ができない”

 

という状態になってしまうので、持っていない方は必ず取得してくださいね。

超簡単!poloniex(ポロニエックス)の新規登録方法

それでは、poloniex(ポロニエックス)に新規登録する方法をご紹介します。

アカウントを作成する【作業時間5分以下】

まず、poloniex(ポロニエックス)の公式サイトへアクセスしてください。

 

https://poloniex.com

 

アクセスしたら、『Create Your Account』ボタンをクリックしてください。

 

そうすると、以下のような画面が開くので必要事項を記入していきましょう。

・Country:Japan
・Email:あなたのメールアドレス
・Password:あなたが設定したパスワード
・Repeat Password:パスワード再入力
・私はロボットではありません:チェックを入れる
・I agree to the Terms of Use(利用規約):チェックを入れる

 

上記全て記入したら、『Register』ボタンをクリック。

 

すると、以下の画面に切り替わり先ほど入力したメールアドレスにpoloniexからメールがきているはずです。

 

poloniexのメールのリンクをクリックすると、以下のような画面に切り替わります。

・Email:先ほど設定したメールアドレス
・Password:先ほど設定したパスワード
・私はロボットではありません:チェックを入れる
・全て記入したら、『Sign in』をクリックします。

 

すると、『SIGN IN TO YOUR ACCOUNT』の画面に遷移します。

・Email:設定したメールアドレス
・Password:設定したパスワード

 

全て記入して『Sign in』をクリックすると、「Welcome to Poloniex」という画面に遷移します。

おめでとうございます^^

 

これでpoloniexのアカウント作成は完了となります。

 

しかし『Withdrawal limit: $0 USD equivalent per day』=『引き出し限度額:1日あたり0米ドル相当』なので、このままではpoloniexからビットコインを引き出すことができません。

 

そこで、一番大事な本人確認をする必要があるのです。

本人確認をする【作業時間5分】

というわけで、本人確認を行いましょう。

 

本人確認というと面倒なイメージがありますが、非常に簡単です。

 

パスポートか運転免許証さえあれば、ほんの数分で認証完了できるのでサクッと終わらせてしまいましょう!

 

まず、先ほどの「Welcome to Poloniex」画面の項目を埋めて行きましょう。

注意点は、日本の住所を英語に変換して記入する点です。

 

日本の住所を英語に変換するには、http://judress.tsukuenoue.com/が便利です。

 

記載例を載せておきますので、参考にしてくださいね。

 

・Street Address:(例 Marumaru101, Hogehogemachi)
・City:(例:Chiyoda-ku, Tokyo)
・Postal Code:100-0001
・Phone Number:9012345678

 

全ての項目を埋めたら、「Begin Verifiction」をクリックしましょう。

「Start ID verifiction」画面が開くので、「Start ID verifiction」をクリックしましょう。

 

すると、パスポートか運転免許証を選択する画面に遷移します。

 

今回は、運転免許証を使って本人確認を行うので、右側の「Driber’s license」をクリックします。

すると、ウェブカメラの使用許可を求めてくるので、「許可」をクリックします。

 

ウェブカメラで撮影する画面が表示されます(Netverify by Jumio)。

使い方を説明していきます。

 

①:ウェブカメラで撮影する被写体を撮影します
②:①の画像を撮影します
③:②で撮影した画像が表示されます
④:③の画像に問題なければ次に進みます

 

今回は本人確認の手段に運転免許証を選択しているので、必要な画像は

 

・運転免許証(表)のアップ
・運転免許証(裏)のアップ
・自分の顔のアップ

 

の3つです。ちなみにパスポートの場合だと1枚少ない

 

・パスポートのアップ
・自分の顔のアップ

 

の2つで済むので、パスポートの方がちょっと楽です。笑

 

それぞれの画像を撮影し終えると、次のような画面に遷移します。

 

少し待つと、すぐに画面が切り替わります。

 

「SUBMISSION RECEIVED」という画面が開くので、「profile」をクリックします。

 

画像を送ってすぐだと、「PENDING REVIEW」で確認待ちの状態なので数分待ちましょう。

すると・・

晴れて本人確認が承認され、1日25,000ドル金額相当のビットコインを送金できるようになりました!

 

これでガンガン取引して資産を増やして行きましょう^^

2017年10月にpoloniex(ポロニエックス)の登録仕様が変更!

これは余談ですが、poloniex(ポロニエックス)は2017年10月中旬頃にアカウント登録の仕様を変更しました。

 

2017年10月中旬以前に作成したアカウントは、poloniex(ポロニエックス)に登録するだけで1日2,000ドル金額相当のビットコインなら送金可能だったのです。

 

当時の本人認証は

 

・身分証明証
・身分証明証と撮影した日付がわかる紙を持った自分

 

の2つを撮影し、自分で画像をアップさせる必要がありました。

 

しかもIDや顔がぶれると認証されない可能性もあり、さらに認証まで数日〜数ヶ月後と期間にかなりバラつきもあったため本人確認でつまづく人も相当多かったのです。

 

問い合わせも当然英語でしなければならないので・・それはそれは不便な仕様でした。笑

 

しかし、2017年の10月中旬以降からpoloniex(ポロニエックス)の仕様が変更になり、送金には本人確認必須で、認証方法もウェブカメラを用いた、今回の方法へ変更になったのです。

2017年10月中旬以前に登録したユーザーの本人確認方法は?

そういう方も、新規ユーザーと同じ方法で本人認証することができます。

このように、ステータスが「LEGACY」で、本人確認だけが済んでいない状態です。

 

新規登録の時と同じく、あなたの住所を英語表記で入力してください。

 

・Street Address:(例 Marumaru101, Hogehogemachi)
・City:(例:Chiyoda-ku, Tokyo)
・Postal Code:100-0001
・Phone Number:9012345678

 

全ての項目を埋めたら、「Begin Verifiction」をクリックしましょう。

 

そのあとは新規登録の時と同じ手順です。

ウェブカメラによる認証が完了すると、このように本人認証が確認され、1日の送付金額も上昇しました。

 

まだ本人認証できていない方は、すぐに本人認証してしまいましょう!

まとめ

poloniex(ポロニエックス)の登録方法と本人確認の具体的な方法でした。

 

アカウントの登録は誰でもできますが、本人確認なしではpoloniex(ポロニエックス)から送金できません。

 

また、ユーザーアカウントだけ登録している人もすぐに本人確認をして、金額上限をあげておきましょう^^

 

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング