Pocket

 

仮想通貨の時価評価額ランキングをみると上位にいるNEO(ネオ)という仮想通貨があるけど、果たして投資していいものか、今後や将来性が気になる方も多いかと思います。

 

後でも話しますが、実はこのNEOはスタート当初からなんと100倍まで価格をあげており、2017年9月に大暴落した何とも騒がしい仮想通貨です。笑

 

それでも、まだ仮想通貨時価総額ランキングで8位にいますので、十分にチカラがある仮想通貨と言っていいでしょう。

 

 

価格が100倍になるというのは普通の投資ではあり得ないので、まさに仮想通貨ドリームなのですが、そのドリームは再来するのか?

 

ということで今回の記事では、ネオとはどんな仮想通貨なのか、今までどういった動きをしてきたのか、また今後はどのような動きをするのか、そして取引所から購入方法までわかりやすく簡単解説していきます。

 

ネオ(NEO)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

そもそもNEO(ネオ)とはどんな仮想通貨なのか?

 

当たり前の話ですが、情報を知らずに投資するのはアレですので、「まずはNEO(ネオ)とはどんな仮想通貨なのか」を知っておきましょう。

 

NEOとは中国初の仮想通貨で「中国版のイーサリアム」と呼ばれています。

 

そのため、基本構造はイーサリアムと同じで、スマートコントラクト(ブロックチェーン内に契約を盛り込むことができる)機能を持っているのが特徴です。

 

またNEOは元々、AntShares(アントシェアーズ)という名前だったのですが、2017年6月に名称が変更して今のNEOになりました。

 

NEOはプラットフォームそのものを指し(通貨もNEO)、理念としては独自の技術を活かして、将来的に誰でも快適にNEO内で生活が完結する経済圏を目指しています。

 

例えば、NEOのプラットフォームが実装する機能として、先ほど取り上げたスマートコントラクトはもちろん、ソーシャルネットワーキング、資産登録、証明書の発行、知的財産取引、オーガーが持つ未来予測市場の機能などのアプリケーションがあげられます。

 

実現すれば、まさになんでもできるプラットフォームで、その注目はマイクロソフトやアリババといった世界的企業が提携していると噂されるほど大きくなっているのです!

NEOは一時スタートの100倍の価格に!?

 

こちらはCoinGekyoのチャートでNEOのこれまでの動きで、見てわかる通りかなり激しい動きで時価が動いているのがわかるかと思います。

 

2017年6月では約1ドルだった価格が7月に入ると急速に高騰していき、8月にはなんと50ドルになり、2ヶ月で50倍、プレ価格の100倍以上の値段まで上がっているのです。

 

普通に考えて欲しいのですが、50倍になる前に100万円分NEOを購入していれば、単純な話、5000万円にまでなっていたんですね。笑

 

まさに仮想通貨ドリームです!

 

ただ、最近では急激に上がりすぎてしまった反動と、中国のICO禁止という政治的な背景もあって暴落して調整段階にあるところです。

仮想通貨NEOが暴落!?今後・将来性は?

 

NEOの今後の将来性ですが、やはりなんと言っても中国の今後の仮想通貨に対する動きに依拠するでしょう。

 

10月16日にNEOがさらに5000万枚追加されたのですが、特に目立った変化はなく、下落傾向にはあります。

 

とはいえ、ビットコインが80万円を超えたように、何が起こるのかがわからないのが仮想通貨市場で、このタイミングでNEOを購入しておいて長期保有するのも1つの手と言えるでしょう。

 

NEOは中国版のイーサリアムとして様々な機能を持ち合わせており、今後もいろいろな機能が実装され動きも大きくなっていくでしょうから常に動向を追っておくに越したことはありません。

 

マイクロソフトやアリババと提携しているという点から考えても、中国という大きな人口を味方にしている背景からしても、将来性には期待してもいいのではないか、とは思いますね。

 

その他有望とされるコイン:Lunyr(ルーナー / LUN)とはどんな仮想通貨?チャート・将来性・取引所・購入方法!

NEOを扱っている取引所と購入方法

 

NEOを購入したい、と思った時、bitFlyerやZaifなどのような国内の取引所では取り扱いがないため、NEOを取り扱っている海外の取引所で購入しなければなりません。

 

NEOを取り扱っている海外の取引所は「bittrex」や「Binance」という取引所が有名です。

 

その中でも取引量が世界一であり、取引されている仮想通貨の種類が最も多いBinanceで購入するのがおすすめです。

 

ネオ(NEO)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

海外の取引所でNEOを購入する方法としては、まずはbitFlyerやcoincheckなど国内の取引所でビットコイン(BTC)を購入します。

 

そして、「bittrex」や「Binance」のアカウントを作成しておき、国内の取引所から作成した海外の取引所にビットコインを送金します。

 

海外の取引所にはビットコインが入っているでしょうから、そのビットコインを使ってNEOを購入する、という流れになっています。

 

海外の取引をしたことがない場合は不安かもしれませんが、やり方はシンプルで一度やって仕舞えばあとはスムーズにできるようになりますのでトライしてみてください。

 

その他有望とされるコイン:【仮想通貨】HempCoin(ハンプコイン / THC)とは?チャート・将来性・取引所・購入方法!

まとめ

 

NEOは中国版のイーサリアムで、誰でも快適にNEO内で全て生活が完結する経済圏を目指しており、様々な機能を持ち合わせている。

 

実際にNEOはマイクロソフトやアリババと提携しているとも言われており、その価格は一時、時価総額で8位、プレ価格の100倍まで高騰した。

 

今後の動きは中国の動きと関係してくるだろうが、中国の人口や世界的企業を味方につけているため期待はできそうな仮想通貨。

 

NEOを購入するには海外の取引所で購入しなければならず、日本の取引所からビットコインを海外の取引所に送り、NEOを買うという流れになっている。