Pocket

 

2017年だけでも700円から14,000円と価格を20倍まで引き上げたMonero(モネロ)という仮想通貨、果たして今後伸びていく将来性はあるのでしょうか。

 

実際、Moneroにはビットコインとは異なる独自の魅力を持っており、そこに期待している人も少なくありません。

 

ということで、今回はこのMoneroに期待してもいいのか、投資してもいいのか、その将来性を中心にわかりやすく解説していきます。

 

特徴、チャート、これまでの動き、取引所も合わせてお話していきますので、投資の判断材料としてじっくり読んでみてください。

 

Monero(モネロ)とはどんな特徴を持つ仮想通貨?

 

先ほども話した通り、Monero(モネロ)は17年だけでも価格を20倍にまで引き上げて、時価総額ランキングでも9位にランクインしています。

 

また、Moneroはビットコインとは異なり、通常の通貨としての役割に加えて独特な特徴を持っている仮想通貨の1つです。

 

そのMoneroの最も大きい特徴は「匿名性」で、その他にも「高速取引」、「マイニングが容易」という特徴を持つ仮想通貨になります。

 

Moneroの匿名性は、リング署名とワンタイムアドレスという技術を採用して実現させています。

 

まず、ビットコインは送金の際に、公開鍵と秘密鍵を用いて行うものであるから、誰がどれだけ誰に送金したのが公開されており、情報の追跡が可能です。

 

一方で、Moneroは複数人の公開鍵を用いる「リング署名」による送金処理を行うことで、署名した複数人のうち誰が送金を行ったのか、ブロックチェーン上で判断できなくなっている仕組みになります。

 

さらに、Moneroには閲覧用のアドレスと送金用のアドレスの2つがあり、送金する際にワンタイムアドレスが発行され、一定時間が経つとアドレスは変更される仕様になっています。

 

これらの機能のおかげで、他人から送金の履歴を追いかけることができず、匿名性を保っており、それがMoneroが注目される理由でもあるわけです。

 

その他にもビットコインだと10分かかってしまう取引処理でも、Moneroは高速取引が可能で、2分程度で取引の処理が完了してしまいます。

 

また、マイニング(採掘)も容易で、非常にハイスペックなコンピューターは必要なく、一般的なコンピューターでも採掘が可能という点も大きなメリットです。

 

Moneroの特徴は匿名性を中心とした仮想通貨で、その他の匿名性を長所とするDash(ダッシュ)、Zcash(ジーキャッシュ)と合わせて注目されている仮想通貨の1つになります。

投資すべき?チャートから読み解くMonero(モネロ)の今後の将来性!

 

仮想通貨投資をするのであれば、気になるのはその将来性ですが、果たして、このMoneroは今後伸びていく仮想通貨なのでしょうか。

 

結論からいえば、期待できる仮想通貨の1つということができるでしょう。

 

実際に、Moneroも17年だけでも1XMR=700円から14,000円まで急騰しているほどで、今後も注目してみていきたい仮想通貨でもあります。

 

ここまで急騰している理由としては、やはり「匿名性」というのが大きな武器で、DashやZcash、Monero、少なくともこの3つの通貨のうち1つは大きく普及していくことは間違いありません。

 

Moneroの匿名性は犯罪などに使われやすいと思われがちなのですが、Monero自体の発行部数が少ないため、大きな額が動くと“何かしたのではないか”という痕跡が残ります。

 

その点でも、犯罪防止の抑制力を持っている、ということですね。

 

こういった点から見ても、Monero、Dash、Zcashの3つを分散投資するか、1つに絞って投資するかしてみるのも面白いでしょう。

 

【参考】他の匿名性を持つ仮想通貨はこちら:

ダッシュ(Dash)とはどんな仮想通貨?今後の将来性、チャート、取引所を徹底解剖!

 

ジーキャッシュ(Zcash)とはどんな仮想通貨?今後の将来性や取引所・購入方法

Moneroを購入するにはどの取引所?

 

Moneroは国内の取引所で簡単に購入することができるので、比較的簡単に手に入れることができます。

 

国内の取引所でMoneroを取り扱っているものは、coincheckで、海外だとPoloniexなどが代表的ですね。

 

ここではcoincheckでの購入方法をご紹介しますので、まずは、coincheckにログインしてみてください。

 

coincheckのアカウントを持っていない方はこちら:【超簡単・超安心!】coincheck(コインチェック)の口座開設方法を図解解説!

 

coincheckにログインすると、下記のようにコインの銘柄が一覧で出てきますので、Moneroをクリックします。

 

 

すると、Moneroの購入画面に移りますので、購入する数を決めて購入、これで完了です。

 

 

匿名性の高いMoneroもその独自の特徴、時価総額から見ても注目に値するものですので、投資してみる価値はあるでしょう。

まとめ

 

Moneroは17年だけでも700円から14,000円まで価格が急騰した注目の仮想通貨。

 

リング署名とワンタイムアドレスというもので匿名性を維持している仮想通貨で、ZcashやDashなどと同じく期待されている。

 

Moneroを購入したいという場合は、国内ではcoincheck、海外ではPoloniexなどで買うことができる。

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング