Pocket

 

2017年6月に香港の取引所であるBitfinexに上場したと同時に、時価総額ランキング6位にまで上昇し、彗星のごとく現れた仮想通貨であるIOTA(アイオタ)。

 

今では当たり前のように、時価総額で上位に入っていますが、果たしてこのIOTAには投資する価値、将来性はあるのでしょうか。

 

ということで今回は、IOTAとはどんな仮想通貨なのか、果たして投資するほどの将来性はあるのか、取引所、購入方法にいたるまでわかりやすく解説していきます。

 

仮想通貨投資をする上で”情報”は何よりの武器ですので、じっくり読んで投資の判断材料にしてみてください。

 

アイオタ(IOTA)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

仮想通貨IOTA(アイオタ)とはどんな仮想通貨?

 

IOTA(アイオタ)は最近、日本に上陸した仮想通貨なのですが、Bitfinexへの上場のタイミングで爆発的に注目を集めることになりました。

 

それもそのはず、ICOでは3億円程度だったのですが、この上場でなんと500倍にまで高騰して、仮想通貨ランキング上位に食い込んだわけですから。

 

ICOの時点で、このIOTAを購入されていた方からすれば、もう尋常ではないほどのリターンを受け取ったことでしょう。

 

もちろん、ICOは詐欺であるリスクもあるのですが、このように、仮想通貨バブルの恩恵を受けることができるのも魅力の1つですよね。

 

では、なぜこのIOTAはそこまでの注目・期待を集めることができたのか?

 

それはIOTAがIoT(モノのインターネット)の世界に革命をもたらす可能性を秘めているからなんですね。

IoTの世界に革命をもたらすIOTAの技術とは?

IOTAはIoT(モノのインターネット)の世界に革命をもたらす、と言っても、そもそものIoTが何なのかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

IoT(モノのインターネット)とはパソコンやスマホだけでなく、防犯カメラや家電とインターネットをつなげて、世の中を便利にする技術のことを指します。

 

すでに実社会に導入されつつあるIoTですが、あらゆるモノをネットに繋げるため、どうしてもハッキングのリスクが高まったり、通信コストがかさんでしまうというリスクが存在します。

 

そこで役に立つのがIOTAという仮想通貨で、その中でもTangleという技術が注目を集めているんですね。

 

TangleというのはIoTデバイス間のデータ通信や記録を最適化するために開発された技術のことを指しています。

 

このTangleを介することによって、IoT間のデータ取引に発生する少額の取引手数料を無料にすることができたり、1つの取引を行う際にPoWという方法で承認を行い、不正や改ざんがないか確認しているため、セキュリティの問題も解決します。

 

ちなみにIOTAはこのTangleの技術を採用しているため、世界初のブロックチェーンを持たない仮想通貨なんですね。

 

ブロックチェーンを持つことなく、ブロックチェーンよりも効率のよい方法でデータの取引手数料無料、処理スピードのアップを実現させていることから、ICOの段階から非常に注目を集めていたわけです。

投資の価値アリ!?チャートから読み解くIOTAの今後の将来性

 

IOTA(アイオタ)はモノのインターネットの仕組みを変えてしまうほどの仮想通貨であることがわかったと思うのですが、果たして、このIOTAに投資する価値はあるのでしょうか。

 

ICO時点で3億円、上場してから500倍にまで時価総額を引き上げた時点で、世間からも非常に注目されている仮想通貨であることは間違いありません。

 

実際、1IOTA=0.16ドル(約17円)だったのが、2017年8月にはグングン高騰し、1IOTA=1.8ドル(約197円)にまで上昇しました。

 

2017年11月現在では、1IOTA=0.89ドルを前後するほどで、まだまだ伸びしろは十分にあると言えるでしょう。

 

モノのインターネットであるIoTもまだまだ大きく広がっていく可能性を秘めていることに加えて、このIOTAが実用化されれば、その価値は想像以上に大きくなることは間違いありません。

 

ただし、大事なことは「絶対」というものは存在しないことを理解すること。

 

Tangleという優れた技術の開発を進めており、実生活にも変革をもたらすほどの将来性を持っているIOTAですが、必ず余剰資金、分散投資でリスクヘッジをしておくことを忘れないでください。

IOTAを購入するどこの取引所を使えばいいの?

 

IOTA(アイオタ)の今後の将来性にかけて、取引所で購入したいという方も多いので買い方までご紹介します。

 

実をいうと、IOTAはまだまだ上場したばかりの仮想通貨ですから、国内の取引所では取り扱っていないんですね。

 

そのため、購入するためには、海外の取引所である「Bitfinex」や「Binance」でアカウントを開設し、そこから購入しなければなりません。

 

取引量が世界一、他の仮想通貨の銘柄も数多く扱っているためBinanceでの購入をおすすめしますので、下記を参考にパッと登録してみてください。

 

アイオタ(IOTA)を購入するなら:Binance(バイナンス)公式ホームページ

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

 

Binanceには日本円の入金が対応していないため、国内の取引所からビットコインをBinanceに送金する形で入金をする必要があります。

 

ただ、時価総額ランキングでも上位に入っている仮想通貨ですので、後々、国内の取引所でもIOTAの取り扱いが始まるでしょう。

まとめ

 

IOTA(アイオタ)は上場してすぐにICOの時価総額から500倍まで引き上がり、時価総額ランキングでも一気に6位まで浮上した話題の仮想通貨。

 

特徴としてはTangleという技術を使い、IoTのデバイス間における取引手数料、セキュリティを向上させる仮想通貨。

 

IoTがまだまだこれから発展していく中で、この技術が実社会に導入されるとなると、その価値は計り知れないほど上昇していくだろう。

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング