Pocket

仮想通貨のビットコイン(BTC)やアルトコインを保管するために必要不可欠なウォレット(財布)ですが、どこの種類やサービスを使っていいかわからないですよね?

 

確かに仮想通貨のウォレットはオンライン上で完結する取引所内のウォレットや物理的に保管できるウォレットなど選びがいはありますが、それぞれ特徴(メリット・デメリット)があってどれを利用したら良いのかイマイチ決めかねている人も多いと思います。

 

そこで、あなたが利用すべきウォレットを徹底比較して本当におすすめできるウォレットをご紹介するので参考にしてみてください。

仮想通貨ウォレットには4つの種類がある

冒頭でも軽くお話しましたが仮想通貨のウォレットには4つの種類があり、各々まるで特徴が異なります。

 

ビットコイン(BTC)のような仮想通貨はデジタルデータとして『ビットコインアドレス=口座番号』『秘密鍵:暗証番号』の二つを持っており、ウォレットは『秘密鍵』を保管しておく大事な場所です。

 

つまり秘密鍵をどこに保管するかでセキュリティや利便性も異なってくるので、あなたの投資スタイルに合わせて導入するようにしましょう。

オンライン上のウォレット(Webウォレット)

もっとも利用者が多いのがオンライン上のウォレット(Webウォレット)でインターネット上で利用するウォレットで、ネットバンキングをイメージすればわかりやすいと思います。

 

利便性:
安全性:

オンライン上のウォレット(Webウォレット)のメリット

オンライン環境ならいつでもどこでもアクセス可能

最大の特徴はネット環境につながっていればすぐに利用できる使い勝手の良さです。

 

家だろうが会社だろうがカフェだろうが、思いついた時にすぐ入金や送金ができてしまう利便性の高さが魅力です。

秘密鍵紛失リスク0

オンライン上のウォレット(Webウォレット)を提供している会社に秘密鍵が生成されるので保管する必要がなく、秘密鍵を紛失・失念する心配が一切ありません。

 

無料で利用可能

基本的にウォレットを開設するだけなら無料で利用できてしまいます。

 

入金や送金にかかる手数料はかかる場所もありますが、保管には一切かかりません。

オンライン上のウォレット(Webウォレット)のデメリット

ハッキング対象となりやすい

オンライン上に秘密鍵を公開していることで、常にハッキング対象となっています。

 

こちらでは口座開設後に2段階認証等でセキュリティ強化を行なっても、セキュリティはWebウォレット提供会社に依存する(会社のデータベースにハッキングされたらどうしようもない)ので注意が必要です。

 

あくまでも取引所は”仮想通貨売買を行う場所”なので、仮想通貨の保管には向いていないのです。

 

それに取引所内はあなたのIDやパスワードを知っているので”中の人”が悪意を働く可能性も捨て切れず、かの有名なマウントゴックス事件が再来してしまうかもしれません。

代表的なオンライン上のウォレット(Webウォレット)

代表的なオンライン上のウォレット(Webウォレット)は以下の通りです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はCMでもおなじみの仮想通貨取引所です。

 

万が一日本円が不正送金された場合最大で500万円まで保障する制度を設けているので安心ですね。(ただし仮想通貨が盗まれた場合は保障対象外)

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法はこちら

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は取引手数料マイナス0.01%で人気を博す仮想通貨取引所です。

 

また、毎月決まった金額の銘柄を自動で購入していく”コイン積立”も人気の一つです。

 

Zaif(ザイフ)の口座開設方法はこちら

ブロックチェーンウォレット

ブロックチェーンウォレットは一番有名なWebウォレットで、取引所の機能がない純粋なWebウォレットです。

 

仮想通貨のビットコイン(ETC)とイーサリアム(ETH)を預けることが可能で、取引所ではないのでハッキング対象になりにくくcoincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)より安全性は高いと言われています。

クライアントウォレット(デスクトップウォレット)

クライアントウォレットは自分が保持しているデバイス(PCやスマホ)に専用のソフトウェアをインストールして仮想通貨を管理できるウォレットのことで、専用のアプリ内に秘密鍵とビットコインアドレスを保管することで、セキュリティが格段に向上します。

 

”ソフトウェアウォレット”とか”デスクトップウォレット”とか”モバイルウォレット”とか呼ばれたりもしますが、この記事ではクライアントウォレットと統一します。

 

利便性:
安全性:

クライアントウォレットのメリット

オフライン管理

専用のアプリをインストールして、デバイスをオフラインにすれば事実上ハッキング対象から外れます。

クライアントウォレットのデメリット

デバイスがウィルス感染すると盗まれる可能性がある

もしクライアントウォレットを利用しているデバイスがウィルスに感染してしまうと、データごと盗まれてしまう可能性があります。

 

デバイスが故障すると引き出せない

デバイスが故障かつバックアップも取っていない場合、仮想通貨を紛失することになります。

 

また、デバイス自体が盗まれてしまうとそのままクライアントウォレットへ入り盗み出してしまう可能性もあるので持ち運びには注意するのとデバイスの認証パスワードをかけておくようにしましょう。

代表的なクライアントウォレット

breadwallet

breadwalletはOS専用のクライアントウォレットです。

 

インタフェースもシンプルで使いやすく、初心者でもすぐにりようできる手軽さが魅力です。

Copay(コペイ)

Copay(コペイ)はiOSでもAndroidでもPCでも、どのデバイスでも利用できるクライアントウォレットです。

 

復元コードを控えておけば利用デバイスが紛失・故障しても他のデバイスで復元できるのが最高です。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとはビットコインの秘密鍵をQRコード化させて紙に印刷して保管する方法で、完全オフラインなので安全性が高い保管方法です。

 

利便性:
安全性:

 

ペーパーウォレットのメリット

オフライン上でハッキングされる心配がない

紙という物理的な媒体にQRコードを印刷するので、ハッキング対象になることはありえません。

 

ペーパーウォレットのデメリット

紙を紛失すると復元不可能

オンライン上ではハッキングされませんが、物理的な心配をする必要があります。

 

紙を紛失してしまうと復元不可能ですし、濡れたり破けてQRコードが読み込めなくなっても同様なので取り扱いには十分注意する必要があります。

代表的なペーパーウォレット

BitAddress(ビットアドレス)

BitAddress(ビットアドレス)日本語を含む12ヶ国語対応のペーパーウォレットで、デスクトップ上でウォレットを作成し秘密鍵を自分で管理する方法を用いています。

ハードウェアウォレット

仮想通貨のみを保管する目的の専用デバイス(USB)で、今回ご紹介するウォレットの中で一番安全性が高く”家に鉄製の金庫を置くようなもの”と想像するとわかりやすいかもしれません。

 

利便性:
安全性:

ハードウェアウォレットのメリット

最強の安全性

オフライン環境で専用デバイス内で秘密鍵を生成、保管するのでハッキング対象からは完全に外れます。

 

しかもPINコードを打ち込まないとデータは取り出せないので、デバイス(USB)を盗まれても仮想通貨を取り出される心配もありません。

秘密鍵を持っていれば復元が可能

ペーパーウォレットでは盗難や紛失に気をつけなければいけませんでしたが、ハードウェアウォレットだとリカバリーフレーズに対応しているウォレットであればデバイスを紛失・故障した場合でも復旧可能なのです。

ハードウェアウォレットのデメリット

専用デバイス(USB)を購入する必要がある

専用デバイス(USB)は結構高額で、導入コストがかかります。

 

盗まれても心配ない仮想通貨の量であれば、利用する必要はないでしょう。

代表的なハードウェアウォレット

Trezor(トレザー)

Trezor(トレザー)はビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BTH)やイーサリアム(ETH)などに対応しているハードウェアウォレットで、リカバリーシード(復元キー)を使えば万が一紛失や故障をしてもデータを復旧することができます。

 

値段は仮想通貨ブームの煽りを受け値上がりしており、現時点(2017年11月)だとamazonで2万円以上です。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)はamazonの価格は1万円前後と、Trezor(トレザー)の半額程度ですが使用できる機能は基本的に変わりません。

 

ただ、Trezor(トレザー)は保管向けでLedger Nano S(レジャー・ナノS)は持ち運び用、といった感じですね。

比較した結果、おすすめするウォレットはコレだ!

4つの種類のウォレットを比較してわかったと思いますが、それぞれ特徴があるので用途を決めて運用するのがおすすめですね。

 

例えばオンライン上のウォレット(Webウォレット)やクライアントウォレットは入金や送金の使い勝手が良い反面、安全性に不安が残るので短期投資用の分のみを保管しておくようにしましょう。

 

短期投資で利用するウォレットとしておすすめするのは、『coincheck(コインチェック)』と『bitFlyer(ビットフライヤー)』と『ブロックチェーンウォレット』ですね。

 

『coincheck(コインチェック)』と『bitFlyer(ビットフライヤー)』でトレード用の資産を分散しておき、『ブロックチェーンウォレット』には直ぐに取引には使わないけど、今後使う予定がある程度の額を入れておきましょう。

 

逆に大量のビットコイン(BTC)を保管や寝かしておく場合、安全性の高いペーパーウォレットかハードウェアウォレットを利用してオフラインで管理することをおすすめします。

 

長期保管用であれば、Trezor(トレザー)を購入してしっかり保管しておきましょう。

まとめ

仮想通貨のウォレットの種類を比較してみましたが、用途別に使い分けるのが一番良いですね。

 

間違っても一つのウォレットに全ての仮想通貨を保管するのだけはやめて、複数のウォレットを賢く使ってリスクヘッジをしましょう!

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング