Pocket

ビットコインをはじめとする仮想通貨で稼ぐ方法は6つあり、中には無料で手に入れる方法も存在します。

 

その中でも”初心者向け”や”玄人向け”など仮想通貨に触れてきた経験や知識で稼ぎ方も異なってくるので、あなたに合う稼ぎ方を見つけてくださいね。

 

この記事を読めばあなたも仮想通貨で稼げるようになること間違いなしです。

 

ちなみに”無料”っていうと詐欺くさいですが合法なので安心してください。笑

仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐ・手に入れる方法

主にビットコインを稼ぐ、手に入れる方法を解説していきます。

①販売所で手に入れる

一番てっとり早くビットコインをはじめとする仮想通貨を手に入れるには、仮想通貨販売所での購入です。

 

流れとしては『仮想通貨取引所の口座を開設』 → 『日本円で取り扱い仮想通貨を購入』だけなので非常に簡単です。

 

というわけで、まだ仮想通貨を持っていない人はおすすめ仮想通貨取引所の『bitFlyer(ビットフライヤー)』の口座開設することから始めましょう。

 

口座開設後は日本円でビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入することができます!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法やビットコインの購入方法はこちらを参考にしてくださいね。

 

参考:【初心者必見!】ビットコイン(bitcoin)の買い方・購入方法まとめ!

②トレード・売買で稼ぐ

日本円⇔仮想通貨、または仮想通貨⇔仮想通貨同士のトレード・売買でも増やすことができ、大きく分けて短期トレード中・長期保有の2つに分かれます。

短期トレード

短期トレードは1日や数日など、短い期間でトレードを行う手法です。

 

例えば日本円⇔ビットコインの場合、ビットコインの価値が50万円の時に1ビットコインを購入し60万円で売れば手持ちの日本円が10万円増えます。

 

再びビットコインの価値が50万円に下がった時に今度は増えた分、60万円分のビットコインを購入すれば1.2ビットコイン保有することになり0.2ビットコイン増やすことに成功しました。

 

ここまで上手い話はそうそうないですが、仮想通貨のチャートはボラティリティが非常に大きく1日の値動きが激しいため、チャート読める人なら充分現実的な例なのです。

 

ただし、毎分毎秒目まぐるしく上下するチャートに精神的苦痛を伴う恐れがあるので、急激な下落にも耐えうるハート(心臓)を持った人じゃないとおすすめできません。笑

中・長期保有

中・長期保有は仮想通貨銘柄を数ヶ月〜数年単位で持ち続ける手法です。

 

例えば2017年1月1日のビットコインの価格は約11万円でしたが半年後の6月30日には約27万円と倍以上を記録しています。

 

 

もちろんその間に上下することはありますが、長期保有と決めるだけで瞬間のチャートの値動きで動揺しなくなりますし、仮想通貨業界自体もまだまだ右肩上がりで信頼できる銘柄は下がる材料も少ないです。

 

ただし、仮想通貨自体の価値暴落につながるニュース(例えばブロックチェーン技術の不具合など)が流れれば一気に価値がなくなる可能性もあるので最新情報は常にチェックしておきましょう。

③マイニング(採掘)で稼ぐ

ビットコインにはマイニング(採掘)と呼ばれる、『新規ビットコインを受け取る仕組み』が存在しています。

 

例えばAさんからBさんへ1ビットコインを送金する場合以下のような流れです。

 

①AさんからBさんへ1ビットコインを送金を行う

 

数分〜数十分後・・

 

②BさんはAさんから1ビットコインを受け取る

 

ビットコインを送金する人の視点だとこれだけのことですが、①と②の間では壮絶な戦いが起こっているのです。

壮絶な戦いとは

①と②の間には、”マイナー(採掘者)”と呼ばれる人(企業)同士で『取引台帳の更新速度』を争っているのです。

 

簡単に解説すると、ビットコインの送金を完了するには”取引台帳データの上書き”が必要で、そのためには”非常に難しい計算問題”を解かなければいけません。

 

”非常に難しい計算問題”を解くと取引台帳データの上書きが完了し、あなたが送金したビットコインは指定されたビットコインアドレスへ送られます。

 

そして最初に”非常に難しい計算問題”を解いた人(企業)には12.5ビットコインの報酬が支払われるのです。

 

しかし、個人がマイニングに参加して利益をあげるには『マイニングを行える設備』や『それを維持するだけの資金』が必要なので現実的ではありません。

 

どうしてもマイニングに参加したいなら、”クラウドマイニング”と呼ばれる『マイニング事業に出資するサービス』を利用すればあなたの代わりにマイニングを行なってくれて、うまくいけば不労所得も夢ではないかもしれません。

 

マイニング(採掘)の詳細はこちらから。

 

参考:仮想通貨(ビットコイン)マイニングとは?仕組みを徹底解説!

④ハードフォーク(分裂)で増やす

仮想通貨はハードフォーク(分裂)が頻繁に起こっています。

 

ハードフォーク(分裂)とは一言で言うとバージョンアップ(仕様変更)で、今までのルールを変更する行為で、文字通り既存の仮想通貨と新規の仮想通貨の2つに分裂するのです。

 

2017年にもたくさんのハードフォーク(分裂)が起きましたが、”ビットコインキャッシュ”や”ビットコインダイヤモンド”はビットコインを保持しているだけで付与され、200BTCを所持していた人は1,500万円増えた事例もあるのです。

 

取引所にビットコインを預けて起き、分裂したコインが付与されたらビットコインに変更すればビットコインの保持数を増やすことが可能となります。

 

ハードフォーク(分裂)に対応するかは取引所はそう多くないので、公式のアナウンスを待って判断するようにしましょう。

ハードフォーク(分裂)の懸念点

しかしハードフォーク騒動に取引所も辟易しており、対応箇所が少なくなってきた印象を受けます。

 

冷静に考えたらおかしな話で『ハードフォークした後もビットコインの価値はそのまま』かつ『新規コインにも価値がある状態』なので、新規コインをビットコインに変えるとビットコインの価値が上昇します。

 

新規コインの誕生で増えた分のお金を取引所がどこから捻出するのかが不透明で、最悪取引所が破産!というリスクも考えられます。

 

まさにハードフォークによる”バブル(お金が増えたように錯覚した状態)”で、取引所の対応箇所が減少しているのはこの影響も少なからずあるのではないでしょうか。

⑤買い物ついでに無料で増やす

これはほんのお小遣い程度ですが、bitFlyer(ビットフライヤー)上でお買い物をすると購入した金額に応じてビットコインがもらえるサービスがあります。

 

購入予定の商品やサービスをここで行えば、”実質無料”でビットコインを手に入れることができるというわけです。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)にログインして『ビットコインをもらう』をクリックすると様々なジャンルのオンラインショップが表示されます。

 

 

ファッションが好きな人はGU(ジーユー)。

 

 

ピザハットなんかも対象になっていますので、どうせ購入するならビットコインをもらうサービスを利用してはいかがでしょうか。

 

1万円を購入してもらえるビットコインは数百円程度かもしれませんが、価値の高騰で桁が変わる可能性も充分あり得ますから。

⑥ICOで増やす?

ICO(Initial Coin Offering)で上場前の仮想通貨を購入しておき、上場して価値が跳ね上がった瞬間に売却することで爆発的に稼ぐこともできますが・・・正直おすすめしません。

 

絵に描いた餅を並べ立てた理想像を並べ、実現不可能なプロジェクトの進捗の資金調達を行う詐欺の温床だからです。

 

とあるデータではICO案件の9割が詐欺だと言われハイリスクですが、万が一まともなICOを見つけ出し投資することができれば一攫千金も夢ではありません。

 

ギャンブル好きな人は刺激的で良いかもしれませんね。笑

おすすめは中・長期保有の分散投資

5つの仮想通貨で稼ぐ方法を解説してきましたが、一番おすすめなのは信頼できる複数の銘柄に投資する中・長期保有です。

 

ハードフォークなどまだまだ問題点も多い仮想通貨ですが市場価値は右肩上がりで伸び続けているため、単体の仮想通貨の価値が下がることはあっても分散投資ならトータルで+になります。

 

短期トレードはチャートを読み解く知識や経験が必須なので、玄人の世界になりがちです。

 

仮想通貨で莫大な資産を築いた人は

 

・ボラティリティを利用したトレードを繰り返した(短期トレード)
・値上がる前に大量購入し値上がった瞬間に売買した(中・長期保有)

 

この2つがほとんどなので、知識不要の中・長期保有をおすすめします。

参考:【初心者必見】仮想通貨投資を短期トレードではなく長期保有をおすすめする3つの理由

まとめ

ビットコインをはじめとする仮想通貨で稼ぐには6つの方法がある。

 

その中でもおすすめは、複数の銘柄に投資する中・長期保有だが、自信がある人は短期トレードも視野に入れると良い。

 

ICOのほとんどが詐欺なので、手を出さないほうが無難である。

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング