Pocket

仮想通貨(ビットコイン)を扱っているとよく耳にする”マイニング(採掘)”ですが、仕組みを徹底的に解説していくので絶対に覚えておきましょう。

 

マイニングはあなたの仮想通貨投資にも深く関わっており、実は仮想通貨(ビットコイン)を得る方法は2つしかなく、1つは取引所や個人間で売買する方法でもう1つがマイニング(採掘)なのです。

 

取引所や販売所で購入、取引している仮想通貨(ビットコイン)は既に流通しているモノですが、マイニングで入手できる仮想通貨は新規で発行される仮想通貨(ビットコイン)です。

 

新規で発行されるなら仮想通貨投資よりマイニングの方がいいのでは!?

 

と考えた人もいると思いますが実はマイニングをして仮想通貨(ビットコイン)を得るには相当厳しい現状があり、個人が参入するのは実質不可能なのです。

 

でも、どうにかしてマイニングで利益を出したいあなたのために、マイニングの仕組みからマイニング業界の現状まで解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

マイニングの仕組みとは?徹底解説!

まず仮想通貨(ビットコイン)のマイニングの仕組みを理解できていない人もいると思うので簡単に説明します。

ブロックチェーンとは?

仮想通貨(ビットコイン)には”ブロックチェーン”と呼ばれる大きな取引台帳データが存在しており、過去全ての取引履歴を記録しています。

 

この取引台帳データは全世界のコンピュータに繋がっており、全世界の人がデータを見ることができるため不正取引を一切行えない仕組みになっています(例えば誰かがデータを改ざんしたらすぐに気づくため)。

 

取引履歴は取引データを1つの塊(ブロック)にして1列に繋げており、それら取引を承認して繋げていく(ブロック連結)ことで膨大な取引履歴として存在しています。

 

取引データが改ざんできない仕組みは仮想通貨(ビットコイン)のセキュリティの基盤になっている重要な概念で、”ブロックチェーン”と呼ぶのです。

マイニングとは?

しかしブロックを連結(取引台帳を更新)させるには”非常に難解で複雑な計算を解読する”必要があり、さらに”一番早く計算を解く必要がある”ため世界中の人(企業)が計算の解読スピードを競っています。

 

この人(企業)たちのことを”マイナー(採掘者)”と呼び、検証作業のことを”マイニング(採掘)”と呼びます。

 

マイナーのおかげで私たちはビットコインの取引を安心安全に行うことができるのです。

 

例えばあなたがAさんへ1ビットコインを送付する場合、一つの塊となって取引データが作成され、マイナー達はこの取引データを解読し整合性が取れた(検証)と判断されたらAさんの元へ1ビットコインが送付されます。

 

もし一生取引データが解読されずにブロックの塊が生成されないとブロックが繋がらないため取引の認証がおりず、Aさんへ1ビットコインが送付されないどころか1ビットコインが永久に電子データ上に漂うことになってしまいます。

 

ちなみに取引台帳の更新は10分間に1度だけ行われ、計算を一番早く解いた人は12.5ビットコイン(BTC)の報酬を得ることができます。

 

12.5ビットコインは現在の価値で1000万円を超えるのでマイニングに興味を持つ人もいると思いますが、、そう簡単には行かない現状があるのです。

マイニングする方法はある?

マイニングの方法として1つは個人で行うかクラウドマイニングに出資する方法の2つがあり、個人で参入するには非現実的なので”クラウドマイニング”が現実的です。

 

詳しい話の前に、マイニング業界の現状をみてみましょう。

マイニング業界の現状

今のマイニング業界は世界中の『莫大な予算を持つ企業』がシェアを奪い合っている状態が続いており、特に中国のシェア率が凄まじく全体の7割以上が中国企業が占めています。

 

引用:https://blockchain.info/ja/pools?timespan=24hours

 

 

先ほども申し上げましたがマイニングは非常に複雑で難解な計算を解く必要があり、そのためには『スーパーコンピュータ並の性能を持つPC(サーバー)』を数百台以上、24時間フル稼働させておく必要があります。

 

当然それだけのサーバーをフル稼働させるためにはそれ相応の電気代がかかってきてしまうので、電気代が安いという条件が付いてきます。

 

またサーバーを冷却する設備も必要で、日本のように高温多湿の国は不向きです。

 

つまり、電気代が安く気温も低いことが条件に合わないと大量の予算を投下しても利益を出すことが難しいので、日本という国はどうしてもマイニングという作業環境には向いていないのです。

 

その上、それだけの装備を積んでも『1番に解読しないと報酬は0円』という制約があるため相当にシビアな業界です。

 

まだビットコインの流通量も多くなかった頃は個人が持つPCでも利益をあげることができましたが、今ではほぼ不可能です。

 

このような現状から個人の力のみで参入するにはほぼ不可能と言っても良いでしょう。

クラウドマイニングとは?

そこで、誰でも気軽にマイニングを行う方法として”クラウドマイニング”があります。

 

クラウドマイニングとは『あなたの代わりにマイニングをして配当金を出すから、投資してくれ』というマイニング代行サービスのことです。

 

クラウドマイニングには以下の特徴があります。

 

・マイニングに必要なサーバーや環境などは一切不要
・少額から投資できるためローリスク
・悪徳業者も存在するため見極めが必要
・短期リターンは望めない

 

一番良いのは、クラウドマイニングのマイニングに必要なサーバーや環境ははマイニング会社が用意してくれるのでお金を払うだけでマイニングに参加できるということです。

 

さらに1口500ドルのように少額から投資できるのも魅力で、自分一人で戦える設備を整えるには桁が1つ2つ変わってきます。

 

ただし実際には資金だけ集めて全くマイニングを行わない悪徳業者も存在するので注意が必要なのと、長期的な目で利益を狙う方法なので短期リターンを望む人にはおすすめできません。

 

それに投資をしたのに全くマイニングできないと当然配当も0なので、本当に投資すべき企業たる存在なのかを十分に調べるようにしましょう。

 

なのでマイニングを少額で始めたい人で、短期的なリターンを求めない人はクラウドマイニングを利用するのが良いでしょう。

 

ただしクラウドマイニングも投資なので十分に投資する企業を見極めた上で、自己判断で行うようにしてくださいね。

マイニングで価値が下がる?

しかし、「マイニングを行い続けると永遠に発行し続けることになり結果的にビットコイン自体の価値が暴落していくのでは?」と心配する人もいると思いますが、現段階でそれはありません。

 

例えば法定通貨の価値が下がるのは”国の信用がなくなる時””必要以上にお金を刷りすぎた時”の2つです。

 

2015年にジンバブエという国が経済政策失敗で信用を無くし、景気を循環させるためジンバブエドルという法定通貨をひたすら刷ったことでハイパーインフレ状態に陥りました。

 

『約300兆ジンバブエドル=1円』という通貨としての価値がほとんどない状態ですが、ビットコインはこの状態になることはあり得ません。

 

まずビットコインがここまで価値を高めている理由として”セキュリティ””送金の安さ”などから将来性を買われているからです。

 

先述した通りビットコインは”ブロックチェーン”で改ざんや不正取引を一切行うことができない仕組みを採用しており、今までに不正取引が行われた報告は存在しません。

 

送信アドレスを間違えたりマウントゴックス事件など取引所のセキュリティ問題は起こっていますが、ビットコイン自体のセキュリティの問題は発生していないのです。

 

しかしビットコイン自体の脆弱性が全くない訳ではなく理論上は改ざん可能で、それを”51%攻撃”と言います。

 

51%攻撃とは悪意を持ったマイナーの割合が51%以上存在すれば、取引を改ざんできてしまう方法です。

 

しかしそれを行なってしまうと仮想通貨(ビットコイン)自体の価値が下がってしまうことと、先ほどの採掘量の円グラフを見てもわかる通り現状1つのマイナーが50%を超えることは規模的にも難しいため、マイニングを行なった方が有益なのです。

 

つまり51%攻撃を行うメリットもないことと、これまでも改ざんが一切発生していないことからセキュリティ上の問題はないと判断できるので、セキュリティの脆弱性が理由での”ビットコインの信用”はなくならないということです。

 

またビットコインの発行枚数は2100万枚とあらかじめ決まっており2017年11月時点で全体の約8割の1670万枚以上発行済みで、2140年頃には全てのビットコインの発行が完了する見込みです。

 

マイニング作業で支払う報酬のビットコインの量も”半減期”という約4年に1回訪れる報酬額を半分にする処理を行うことで価値を下げにくくしているため、”ビットコインが過剰に発行される”という心配がないのです。

 

 

このように、現状の報酬額は12.5ビットコインですが2020年頃には半分の6.25ビットコインに減少していきます。

 

なので現段階ではマイニングする旨味があるためマイナーも参戦していますが、報酬額が減少してくるとビットコイン時価との兼ね合いになるので数十年後にはどうなるかまだわかりません。

 

ただ、現状は仮想通貨(ビットコイン)業界は右肩上がりに上昇しているので心配はないでしょう。

マイニングのまとめ

マイニング(採掘)の仕組みは取引台帳データ(ブロックチェーン)に取引データを追記する作業であり一番早く作業を行なったマイナー(採掘者)に報酬が支払われる。

 

しかしマイニングを行うには莫大な予算を投じて設備を整える必要があるため個人での参入は不可能なため、クラウドマイニングに投資するのも一つの手である。

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング