Pocket

 

「どうせ仮想通貨に投資するなら、これから大きく伸びるアルトコインに投資したい」と考える一方で、どの仮想通貨に投資すればいいのかわからないという方も多いでしょう。

 

今回取り上げるファクトム(Factom)という仮想通貨も果たして投資しても大丈夫なのでしょうか?

 

今でこそ、価格が若干停滞ぎみですが、このファクトムはじわりじわりと上昇を描いており、注目を浴びている仮想通貨の1つと言えます。

 

ということで、今回はファクトムとはどんな通貨なのか、またこれまでどんな価格推移を描いているのか、そしてその将来性や投資方法、また購入方法・取引所に関して全てわかりやすくお話していきますので、投資の参考にしてみてください。

 

仮想通貨投資はどれも不透明なものが多いですが、それでも情報は大きな“武器” ですからね、じっくり読んでみてください。

 

ファクトム(Factom)とはどんな仮想通貨?

 

実をいうと、このファクトム(Factom)とは仮想通貨ではなく、ブロックチェーン上に電子データを記録・管理できる分散型プラットフォームのことを言います。

 

ファクトム公式サイト:https://www.factom.com/

 

そのプラットフォーム上で使われるFactoidというのが実際の仮想通貨となります。

 

ビットコインは送金や決済に使用することができるのに対して、このファクトムなどのアルトコインはその他の機能がプラスでついているため、第二の仮想通貨、すなわち、「仮想通貨2.0(ビットコイン2.0)」と呼ばれています。

 

もっと簡単にいうと、ビットコインは通貨であり、それに付加価値がプラスされたものが仮想通貨2.0で、このファクトムはその代表なんですね。

 

では、どんな付加価値がついているのかというと、先ほどお話しましたブロックチェーン上に電子データを記録し、管理できるというものです。

 

このおかげで、あらゆるデータを安全かつ低コストで管理できるようになった、というメリットがあります。

 

まず、個人情報などの漏洩は企業や公の機関にとって信頼を失墜させる大きな問題となりますので、その管理を徹底するために第3者に委託するなど莫大な資金がかけられているんですね。

 

その情報の管理を第3者ではなくブロックチェーン上でできる、というわけですから企業側からすれば大きなコストの削減になるわけです。

 

また、ブロックチェーンのセキュリティは外部から突破されたことは一度もなく、第3者に情報を管理してもらうよりもはるかに安全で、外部からの改ざんもできない仕組みとなっており、安全なのです。

 

さらに、ファクトムのメリットとして、誰かの管理下に情報が置かれるわけではなく、公に自分の権利等が証明できるようになるというものもあります。

 

要するに、ファクトム上に情報を記録しておけば、わざわざ住民票などをもらいにいかなくても自分自身の住所や本人であることの証明になる、というわけです。

 

個人が証明証を取りにいく手間、管理している機関が証明証を発行・管理する手間などあらゆるコストの削減を実現するのがこのファクトム(Factom)であり、非常に実用的なものなんですね。

 

特に住宅ローン市場では多くの契約・個人情報を不動産や金融機関などの第3者を挟んで管理しているため、このファクトムの機能には熱視線を向けていると言われています。

 

ここまで聞くと、「かなりファクトムは素晴らしい仮想通貨なのでは?」と思うのではないでしょうか?

 

では、実際にファクトムの市場からの評価をチャートから読み取って、将来性はあるのかどうか、投資すべきなのかをみていきましょう。

チャートから読み解くファクトムの将来性は期待大!?

 

チャートを見てわかるように、ファクトム(Factom)は2015年に発行された時は1FCT=0.1ドル(12円)だったのに対して、2017年5月から急上昇し、1FCT=33ドル(3600円)まで昇っています。

 

発行当初からファクトムを持っていた人は単純に300倍になっているわけですから、やはり仮想通貨投資には他にはないドリームがありますよね。

 

では、そんなファクトムですが今後の将来性に期待できるのでしょうか?

 

結論から言いますと、このファクトムという仮想通貨は他にはない独自の付加価値を持っていることから、将来性に期待できる仮想通貨と言えるでしょう。

 

また、ファクトムはビルゲイツ財団と手を組んだり、多くのベンチャーキャピタルから出資を受けていることからもその期待がいかに大きいかも理解できます。

 

実際、このファクトムの実用化が始まれば、情報の記録・管理において、莫大なコストを削減できるため、多くの企業や市場が実用に前向きであることは間違いありません。

 

では、そんなファクトムですが、実際のところ投資すべきなのでしょうか?

ズバリ、ファクトムに投資すべき!?

 

このファクトムの実用化がされれば、そもそもの情報の記録・管理の仕組みを変えてしまうため、世界に大きなインパクトを与えることは間違いないでしょう。

 

しかし、それほどの大きな変革をもたらすためにはどうしても中・長期的な時間が必要となります。

 

こういったことからファクトムへの投資は、「長期保有するのであれば投資する価値はある」と言えるでしょう。

 

ビットコインのように一朝一夕で価格が大幅に前後するわけではなく、ファクトムが現代社会で実用化され、価値を与えるタイミングで高騰していくと考えた方が吉ですね。

 

文書での記録や管理、自分自身の情報の証明は我々の日常生活に密接に関わっているからこそ、期待値が高いとも言えますね。

 

リップルも決済の仕組み自体を変えてしまうという期待のもと、価格を大幅にあげることになりましたので、そういった「実用化」の観点から投資する仮想通貨を選ぶのも1つの手でしょう。

 

ということで、ファクトムに投資する場合は、ファクトムが実用化されるまで長期保有しておくことをおすすめします。(もちろん、実用化に至らない場合もありますので、ご注意を。)

ファクトム(Factom)の購入方法、取引所は?

 

では、多くの企業やベンチャーキャピタルが熱視線を送るファクトム(Factom)はどの取引所で購入することができるのでしょうか。

 

最も簡単に購入することができるのは国内の取引所であるcoincheckで買ってしまうことですね。

 

coincheckは日本でも最も多くの種類の仮想通貨を扱う取引所で、このファクトムも下記の通り扱っており、購入することができます。

 

 

海外の取引所ではPoloniexBittrexでファクトムを購入することが可能です。

 

海外でしか買うことができない仮想通貨も多くありますので、Poloniexなどの口座を登録しておいて損はないでしょう。

 

参考:【図解】poloniex登録方法と本人確認を超具体的に解説!

 

先ほども話したように、このファクトムは社会の仕組みに大きな変革をもたらす可能性を秘めており、中・長期的な視野で投資するのは悪くないでしょう。

まとめ

 

ファクトム(Factom)はブロックチェーン上に情報を記録・管理できるプラットフォームで、実用化されれば莫大なコストを削減することが可能。

 

また個人情報をめんどくさい手続きなしでファクトムで証明することが可能であり、我々の生活を大きく変える可能性を秘めている。

 

そのため、ベンチャーキャピタルや多くの企業が熱視線を送っており、実用化されるまで長期保有する価値のある仮想通貨。

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング