Pocket

 

今、ドンドン熱を帯びてきている仮想通貨市場で、ビットコインが再度分裂(ハードフォーク)してビットコインゴールド(BTG)が生まれることになりました。

 

ビットコインを所持している人からすれば、2017年8月のビットコインキャッシュへの分裂でコインが付与されたため、「ラッキー」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、「ラッキー」と安直に考えるのは“非常に危険”です。

 

取引所の中には「リプレイアタック」を危惧しており、不正に分裂前の通貨を抜き取られるのではないか、と考えて警戒しているところもあるからなんですね。

 

そんなビットコインゴールドまわりが今後どうなっていくのか気になる方も多いと思いますので、今回はビットコインゴールドとはそもそもどんな通貨なのか、分裂に際して付与される条件、購入できる取引所、今後の予測など気になる情報を”全て”わかりやすく解説していきます。

 

仮想通貨は不透明な投資市場であるからこそ、正しい情報を収集して、今後の予測に仮説を立てた上で投資を進めていきましょう。

 

ビットコインゴールド(BTG)とは?なぜ分裂するの?

 

まず、押さえておきたいのがビットコインゴールド(BTG)とはそもそもどんな仮想通貨なのか、またなぜ今回分裂することになったのか、というところですよね。

 

結局のところビットコインゴールドとは、ビットコインから分裂して新たに生まれる仮想通貨のことを指し、公式サイトも存在する通貨になります。

 

ビットコインゴールド(BTG)公式サイト:https://bitcoingold.org/

 

じゃあ、ビットコインゴールドは元のビットコイン(BTC)とは何が違うのか・・・それは、「個人や企業がマイニング(採掘)に参加しやすい仕様になった」というものです。

 

中国の最大規模のマイニング集団がビットコイン市場を寡占的に支配しようとしており、その問題を解決する方法としてマイニング環境を整えようとして香港の企業が開発された通貨なんですね。

 

そもそもなぜこのような分裂が起きるのかというと、もともとビットコインが決済や取引で使用する想定で作られた仮想通貨ではなかったからです。

 

そのため、予想以上の取引量で技術的な問題が起き、それを解決するために行われているのが分裂(ハードフォーク)なのです。

 

今回のビットコインゴールドへの分裂も前回のビットコインキャッシュへの分裂も同じです。

 

  • ビットコインキャッシュ:データ量(ブロックサイズ)を増やすための分裂
  • ビットコインゴールド:マイニングを簡単にして処理できる取引人数を増やす

 

また、11月にもビットコインが新たに分裂して、B2Xという仮想通貨が生まれる予定でこちらも「Segwit(1回の取引にかかるコストを減らす)を行いつつブロックサイズを増やす」という技術的な問題解決が意図されています。

 

ビットコインゴールドよりもB2Xへの分裂の方が注目視されていますので、11月はビットコインを含め色々なアルトコインの時価に影響がある可能性が高いですね。

 

で、今回の分裂に際して前回のビットコインキャッシュと同様に、ビットコインと同等の量のビットコインゴールド付与されるのか、が気になるかと思います。

 

結論からいえば、ビットコインゴールドは前回同様付与されるのですが、それには条件があるのです。

ビットコインゴールド(BTG)が付与される条件がある!?

 

ビットコインゴールドは2017年10月25日にリリースされ、11月1日に取引所公開される予定ですので、現状はすでにリリースはされており、公開待ちという状況になります。

 

そのビットコインゴールドなのですが、ある条件を満たしていれば、前回のビットコインキャッシュと同様にビットコインと同数が付与されることになっているんですね。

 

その条件とは・・・「10月25日時点でビットコインゴールドの配布を発表している取引所やウォレットでビットコインを持っている」ことです。

 

この条件を満たしていれば、前回のハードフォークと同様、ビットコインゴールドを手にすることができるため「ラッキー!」ですね。

 

ただ、この分裂のタイミングで詐偽が横行するので、万が一、という可能性が0とは言い切れないでしょう。

 

じゃあ、この条件を満たす「ビットコインゴールドを扱うことを表明している」取引所やウォレットはどこなのでしょうか?

ビットコインゴールドってどの取引所で付与され、購入できるの?

 

ビットコインゴールドは付与される取引所と取り扱わないためそもそも付与をしない取引所があるため、それをしっかり知っておく必要があります。

 

国内の各取引所のビットゴールドに関する対応は下記の通りです。

 

  • 付与する・売買、入出金も可能:bitFlyer
  • 付与するが、売買・入出金は様子見:coincheck、BTCボックス
  • 付与するが、売買・入出金はしない:GMOコイン
  • 付与しない:zaif、ビットバンク、ビットトレード、Quoine

 

一方で海外の取引所は下記のようになっています。

 

  • 付与しすでに売買を開始している(入出金は未定):Bitfinex、YoBit
  • 付与しすでに売買も入出金も提供している:HitBTC
  • 付与するが売買の提供を行わない:Bittrex
  • 付与しない:Coinbase
  • 未定:Poloniex

 

このように、取引所によって対応が異なるのは、やはり、分裂に伴った「リプレイアタック」で不正に通貨が奪われたりなどのセキュリティを不安視しているためです。

 

「付与する」という取引所で10月25日までにビットコインを持っていれば、11月からの公開で同じ量だけビットコインゴールドがもらえるでしょう。

 

ただ、今後の売買や入出金を未定としている取引所は他の取引所の対応をみたりして変えてく流れとなる可能性が高いですね。

 

そして、公開される11月1日以降、ビットコインやビットコインゴールドの動きはどうなるのか、今後の予測もしっかりチェックしておきましょう。

ビットコインゴールドを持ってて大丈夫?今後の予測!

ここまででビットコインゴールド(BTG)のことがわかったかと思うのですが、気になるのはやはり「公開後どのくらいの価値に着地するのか」、今後、どのように価格が推移していくのか、ですよね。

 

実際に、ビットコインゴールドのチャートは下記の「BLEU TRADE」で確認することができます。

 

 

BLEU TRADE:https://bleutrade.com/exchange/BTG/BTC

 

一般的な見立てでは、ビットコインキャッシュの際と同様に1BTG=3〜5万円あたりに落ち着きそうではあるものの、公開直後は売買で大きく上下する可能性が高いでしょう。

 

ただ、このビットコイン分裂に際して、タダでビットコインゴールドがもらえるため、元のビットコインの値段が大きく上がっているので、分裂後の価格がどうなるのかこちらも注意してみておきたいですね。

 

いずれにせよ、今回の分裂よりも11月半ばあたりに起こるとされるB2Xへの分裂の方が世間での注目は大きいでしょうから、その情報をしっかりキャッチしておきたいところです。

まとめ

 

ビットコインがビットコインゴールドへ分裂するのは10月25日リリースで、11月1日から公開。

 

10月25日までにビットコインゴールドの取り扱いを表明している取引所でビットコインを持っている人にはビットコインと同量のビットコインゴールドを手にすることができる。

 

ビットコインキャッシュの分裂の際に、付与されたこともあって世間は楽観視しており、今回の分裂よりも11月半ばのB2Xへの分裂の方が注目されている。

 

ただ、もちろん、今回の分裂が100%安全というわけではなく下記の記事のようにビットコインゴールドを危惧している意見もあることを忘れてはならない。

 

参考:「分裂」で誕生。ビットコインゴールドは問題アリ!?

 

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング