Pocket

 

ビットコインからハードフォークして生まれたビットコインキャッシュ(BCH)なのですが、2017年11月にその価格を急激にあげてきています。

 

分裂してからは3、4万円で落ち着いていたにも関わらず、一時25万円まで到達するほどの急騰していきました。

 

ビットコインキャッシュはビットコインにとって代わるのでは、とも言われており注目されている仮想通貨の1つですが、実際のところどうなのでしょうか?

 

ビットコインキャッシュに投資する価値があるのか、今回はビットコインキャッシュの特徴、今後の将来性、この急騰の理由などの観点からじっくり考えていきましょう。

 

常に最新情報を更新し、わかりやすくお伝えしていますので、ぜひじっくり読んで投資の判断材料にしてみてください。

 

ビットコインキャッシュとはどんな仮想通貨?

 

ビットコインキャッシュとは、ビットコインがハードフォーク(分裂)してできた仮想通貨で、現在も時価総額ランキングで第3位につけています。

 

2017年8月にビットコインが分裂をして、その際にビットコインと同じ分だけビットコインキャッシュが付与されるという現象が起きて多くの人がお金を手にしたので話題になりましたね。

 

ビットコインキャッシュの特徴はビットコインに比べてブロックサイズ(詰め込むことができるデータの量)が大きいことです。

 

具体的な数値でいうと、ビットコインが1MBに対して、ビットコインキャッシュが8MBとなっています。

 

ちなみに、もっと詳しくいうと、このブロックサイズの違いこそが、ビットコインがハードフォークした理由でもあるのです。

なぜビットコインはハードフォークしたのか?

そもそも、なぜビットコインがハードフォークしてビットコインキャッシュが生まれたのかというと、スケーラビリティ問題が理由です。

 

スケーラビリティ問題というのは、ビットコインの利用者が増えると取引に対して処理が追いつかずに送金や取引に遅れが生じてしまう、という問題のことを指します。

 

実際に、ビットコインの利用者は増え続け、送金・取引に遅れが見え始めており、それを解決するための手段がハードフォーク(分裂)だったのです。

 

ハードフォークは分裂という意味なのですが、もっと根本的なことをいうと、ビットコインが抱える問題を解決するために分裂してアップデートしたものを作り出す、ということを指します。

 

そして、2017年8月にこのスケーラビリティ問題を解決するためにブロックサイズを引き上げることを目的としてビットコインがハードフォークしたのです。

 

もちろん、既存のビットコインを支持する人もいるわけですから、その人たちは既存のビットコイン派に。

 

一方で、ブロックサイズを引き上げた方がいいと考え、ハードフォークに賛成している人たちがビットコインキャッシュ側についたわけです。

 

それではこのビットコインキャッシュ、今後の将来性から考えて投資する価値はあるのでしょうか?

ビットコインキャッシュのチャートから見る今後の将来性

 

ビットコインキャッシュの今後の将来性はあるのか、それを判断材料に投資をすべきかどうか考えている人は非常に多いかと思います。

 

実際の将来性はあるのか、結論から言うと・・・まだビットコインに取って代わるとは言えないが、ビットコインにかなり影響を受けて価格推移していくでしょう。

 

まず、ビットコインはすでに店舗での決済などが導入されているのですが、ビットコインキャッシュの実用化はまだまだ。

 

そう言う意味でもまだビットコインの地位は安定しており、ビットコインキャッシュが主役にと言うのは時期尚早ですね。

 

ビットコインはまだまだ問題があるため、8月にハードフォークしたり、11月にSegwit2X(B2X)に分裂する(しませんでしたが)などと騒がれています。

 

そのタイミングに合わせて、ビットコイン派のお金がビットコインキャッシュに流れたり、逆もあったりでかなり価格が上下しているのが現状です。

 

6~8万円から3万円前後まで一旦下がって、17年11月に25万円を超えてきたビットコインキャッシュですが、その急騰にも深い理由がありました。

最新!ビットコインキャッシュのレートが急騰した理由

ビットコインキャッシュのレートが11月に急騰した理由とは、やはりビットコインにありました。

 

と言うのも、先ほど話題に出したようにビットコインが11月に実施する予定だったハードフォークを中止したのが最も大きな原因と見られています。

 

今回のハードフォークはビットコインの問題を解決するためにSegwit2Xという機能を実装してブロックサイズを2MBに引きあげようというものでした。

 

しかし、多くのマイナーに反対をしてこのハードフォークは中止に。

 

結果、今回の中止に反対意見をもつ人たちがビットコインからビットコインキャッシュに移り、価格の高騰が始まったのです。

 

実際、ビットコインキャッシュは先ほども話したように、ブロック容量が大きいため処理速度が早く、将来の送金ツールとして期待が高まったのでは、と言われています。

 

このように、ビットコインキャッシュはほとんどビットコインと変わらない特徴をもつからこそ、ビットコインの動向に影響されやすいわけです。

 

参考:<仮想通貨>ビットコイン混乱で30%急落の深層

ビットコインキャッシュを購入できる取引所

 

ビットコインに取って代わることを期待してビットコインキャッシュを取引所で購入したいという方は多いと思います。

 

ビットコインキャッシュは時価総額第3位なだけあって、国内の主要な取引所で扱っており、簡単に購入することができるんですね。

 

取り扱っている取引所はbitFlyercoincheckZaifなどで、購入方法は基本的にビットコインを買うときと同じです。

 

例えば、bitFlyerであればログインをしてサイドメニューから「アルトコイン取引所」を選択します。

 

※ビットコイン以外はアルトコインなので、ビットコインキャッシュも実はアルトコインの1つなのです。

 

 

すると、下記の画面に移りますので、「ビットコインキャッシュ」を選択して購入する量を選択し、購入します。

 

 

たったこれだけでビットコインキャッシュを購入完了になります。

 

ビットコインキャッシュも大幅に価格をあげたように、仮想通貨投資はロマンがありますが、リスクのことも考えて余剰資金で分散投資を行っていきましょう。

まとめ

 

ビットコインキャッシュはビットコインがハードフォークしてできた仮想通貨で、ビットコインよりもブロックサイズが大きいことが特徴。

 

仮想通貨の時価総額でも第3位であるように、非常に注目されている仮想通貨の1つ。

 

特に17年の11月には3万円台から25万円台まで高騰したほどで、今後の将来性にも期待されている。

 

ただ、今回の高騰はビットコインのハードフォークが中止された影響が大きいように、ビットコインキャッシュの価値はビットコインの状況に左右される。

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング