Pocket

 

2017年11月半ばに価格が暴騰した仮想通貨の1つであるダッシュ(Dash)ですが、一体どんな仮想通貨なのでしょうか。

 

一時はビットコイン、イーサリアムについで世界3位のシェアを持っていたほどで、現在も世界第6位に位置している仮想通貨になります。

 

ダッシュ特有の特徴も大きく注目されていることを考えると、このダッシュに投資するのは果たしてアリなのか!?

 

ということで今回は、投資の判断材料としてもらうために、ダッシュ(Dash)とはどんな仮想通貨なのか、どんなチャートを描いてきたのか、その動きと将来性、取引所での購入方法までわかりやすく解説していきます。

 

ダッシュ(Dash)とはどんな仮想通貨なのか?

 

2017年11月現在、時価総額ランキングで第6位につけているダッシュ(Dash)ですが、一体どんな仮想通貨なのか。

 

実は後でも話しますますが、このダッシュは16年に1Dash=700円〜1000円だったのに、17年に入り1Dash=40,000円を超えるほど注目を集めているコインでもあります。

 

その注目すべき特徴と言うのは、やはりなんと言っても「超匿名性」「即時承認(取引)」です。

ダッシュが持つ「超匿名性」

まず、超匿名性ですが、通常ビットコインの場合は、どこからどこに送金されたのか取引の履歴が残ります。

 

しかし、ダッシュの場合は「ダークセンド」というトランザクション形式を用いることによって、誰がどこに送金したのかがわからない仕組みになっています。

 

例えば、Aという送金者がBという受け取り手にダッシュを送る際、直接Bに送るのではなく、一定時間内に送金依頼があったものがプールにまとめられます。

 

そのまとめられたプールの中から、それぞれの受け取り手に渡るというシステムになっているわけです。

 

つまり、簡単にいうと、「A(送金者)→プール→B(受け取り手)」という流れで送金されます。

 

この匿名性はビットコインよりもはるかに高いもので、情報を守るためであったり、プライバシー、防犯の意味で普及されるのでは、と見られています。

 

ちなみに、このダッシュはもともとダークコイン(Darkcoin)と呼ばれていたほどで、その匿名性にいかに自信があるのかがわかりますね。

 

他に匿名性を持つ仮想通貨としては、Monero(モネロ)やZcash(ジーキャッシュ)などが挙げられ、それぞれ違う仕組みで匿名性を実現させています。

もう1つの特徴である「即時承認(取引)」とは一体何?

 

ダッシュが持つ、もう1つの特徴である「即時承認(取引)」は字の通りで取引の承認スピードが圧倒的に早いため、すぐに送受金できるというものです。

 

どのくらい速いかというと、ビットコインが取引の承認から送金の処理を完了させるまで10分かかるのに対して、ダッシュの場合は、なんと約4秒で完了してしまうんですね。

 

なぜこんなにも速い処理ができるのかというと、そこにはマスターノードというシステムが影響しています。

 

通常、ビットコインなどはマイニングの仕組み的に計算を一番早くした人が報酬を得るのですが、マスターノードというのは、仮想通貨の処理を行うパソコンを先に決めてしまうことを指します。

 

すでに処理を行うパソコンが決まっているからこそ、高速での取引を可能にしているわけですね。

 

にしても、ビットコインで10分かかるところを4秒で行ってしまうとは、いかに即時承認とはいえ早すぎますよね。笑

 

この超匿名性と即時承認(取引)がダッシュの特筆した特徴で、注目を集めている理由でもあります。

チャートで見るダッシュ(Dash)の今までの動きは?

 

独自の特徴を持つダッシュ(Dash)ですが、先ほども話したように2017年11現在では仮想通貨時価総額第6位、1Dash=40,000円にまで上がっています。

 

上記のチャートからもわかるように、他の仮想通貨と同じく17年から価格を爆発的に上げてきています。

 

ちなみに、16年には1Dash=700円〜1000円でしたから、単純に考えても40倍〜50倍まで上昇していることがわかりますよね。

 

ただ、ここまで上昇した理由というのは正直わかっておらず、他の仮想通貨ムード同様に引き上げられたと考えるのが妥当でしょう。

 

その中でも、ダッシュは「超匿名性」と「即時承認(取引)」という特徴を持っていたのが大きいかもしれませんね。

 

2017年11月半ばにも価格が高騰しているのですが、これはダッシュがブロックサイズを引き上げるアップデートを行った影響が大きいでしょう。

 

タイミング的にビットコインのSegwit2Xへのハードフォークを中止したタイミングで、そこに流れるはずのお金が流れたと考えられています。

 

参考:ダッシュが一日で60%暴騰、ブロックサイズ引き上げ派の受け皿に

ダッシュへの投資はアリ!?今後の将来性を解剖!

 

仮想通貨投資をしている方からすれば、やはり気になるのは「ぶっちゃけダッシュ(Dash)の将来性ってどうなの?」というところでしょう。

 

なんせ16年に購入していれば、17年には40、50倍になっていたのですから、同じような高騰を期待せずにはいられませんよね。

 

結論から言いますが、ダッシュの将来性としては普及する可能性は大いにあり得る、でしょう。

 

匿名性と即時承認という武器を持っているのは仮想通貨として非常に価値の高いもので、「匿名性=Dash」と認識されるようになれば、その価値は必然的に上がっていくでしょう。

 

ただし、もちろん懸念点もあるのが事実です。

 

まず、匿名性はメリットとデメリットが表裏一体であり、その匿名性を活かして犯罪で使われかねないため、国として規制をかける可能性も0ではありません。

 

また、Monero(モネロ)やZcashも仕組みは違えど、匿名性のある仮想通貨ですので、ダッシュと合わせた3つのうち1つだけしか普及しない可能性もあります。

 

そういう意味では3つのうちから1つに賭ける、もしくは3つ全て持っておく、というのがいいかもしれませんね。

 

いずれにしても、匿名性の高い仮想通貨は需要がありますので、これら全ての情報にはアンテナを張っておきましょう。

ダッシュの取引所と購入方法を簡単解説!

 

「ダッシュ(Dash)を買いたい」と思った時、今まではpoloniex(ポロニエクス)などの海外の取引所でしか購入することができませんでした。

 

しかし、ついに2017年の4月に日本の取引所でもダッシュが扱われるようになりました。

 

そのダッシュを扱う唯一の取引所とはズバリ・・・「coincheck」です。(さすが、日本で一番数多くの種類を扱う取引所。)

 

購入方法はいたってシンプルで、coincheckにログインしてトップページ移ると下記のように、取り扱っている仮想通貨の銘柄一覧がでますので、「DASH」をクリックしましょう。

 

 

すると、購入画面に移りますので、通貨が「DASH」であることを確認し、数量を決めて購入、これで完了です。

 

 

やはり、数多くの仮想通貨を扱うcoincheckは必ず持っておいた方がいいですね、何かと便利です。

 

また、他のマイナーな仮想通貨を購入したいという場合もあると思いますので、海外の取引所としてもかなり人気のBinance(バイナンス)の口座は開設しておくべきでしょう。

 

参考:【超簡単】Binance(バイナンス)登録方法と本人確認を図で解説!

 

マイナーな仮想通貨の方が、DASHの高騰のように一攫千金の夢がありますよね。(もちろん、賭けですが。)

 

当たり前の話ですが、生きていくのに支障がないよう、余剰資金で投資をするようにしてください。笑

 

とこのように、ダッシュは匿名性と即時承認という独自性を持つ仮想通貨で、将来性に期待している人も少なくない仮想通貨です。

まとめ

 

ダッシュ(Dash)は超匿名性と即時承認(取引)を特徴として、時価総額ランキングでも6位(17年11月時点)に位置する仮想通貨。

 

16年には1Dash=700円〜1000円だったにもかかわらず、17年には1Dash=40,000円を超えるほどまでに高騰。

 

今後の将来性としてはMonero(モネロ)やZcash(ジーキャッシュ)という他の匿名性を持つ仮想通貨とのシェアの奪い合い次第と予測される。

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング