Pocket

 

ビットコインに次いで、時価総額ランキングで第2位になっているイーサリアム(Ethereum)とはどんな仮想通貨なのか、これから投資をして儲かる仮想通貨なのでしょうか?

 

実際、イーサリアムは2017年だけでその価格を「1000円→40,000円」にまで引き上げたこともあり、投資で一発狙う仮想通貨としても注目を浴びています。

 

時価総額ランキングで上位を連ねるイーサリアムを狙うべきか、リップルやネム、ジーキャッシュなど、まだ上がり幅がありそうな他の仮想通貨を狙うべきか悩んでいる方も多くいるでしょう。

 

ということで今回は、イーサリアムとはどんな仮想通貨なのか、今までどんな価格推移をしてきたのかをチャートで見た上で今後の将来性、投資すべきかどうか、さらには取引所での購入方法まで”完全解説”していきます。

 

投資する上で何よりも情報が武器となりますので、今後の投資の参考にしてみてください。

 

簡単解説!イーサリアム(Ethereum)とはどんな仮想通貨なのか?

 

「イーサリアム(Ethereum)って結局、ビットコインみたいなもんだろ」と思う人が多くいるのですが、まずはっきり言っておくと、それは違います。

 

イーサリアムとは実はプロジェクトの名称のことを指し、アプリケーションやスマートコントラクト(契約)、ソフトウェアの構築のためのプラットフォームの実現を目指しています。

 

そして、そのプラットフォーム上で使われる通貨がイーサ(ETH)というわけです。

 

また、ビットコインは決済や取引に使われる通貨としての役割を持っていますが、イーサリアムは通貨の機能に合わせて、スマートコントラクト(契約)を盛り込むことができるため、仮想通貨のバージョン2.0とも呼ばれています。

 

イーサリアムの最も大きな特徴であり、先ほどから話題にしているスマートコントラクトというのは、世の中のあらゆる契約をブロックチェーン上に保存・実行することができる機能のことです。

 

この技術によって、不動産や証券会社などあらゆる契約を管理する会社は契約におけるあらゆる管理コストを莫大に削減することが可能になったのです。

 

個人の契約情報が漏洩してしまっては、その企業の信用が失墜することになりますので、どの企業も契約の管理を厳重にしてもしすぎることはなく、コストがかさんでしまっていました。

 

そこにこのイーサリアムが登場。

 

ブロックチェーン技術で契約を記録するため、改ざんされることもなく、消失することもなく、かつ世界中のネットワークで管理できるため、セキュリティ面でもコスト面でもいま以上に大きくプラスになるのです。

 

こういった期待があって、17年に価格が高騰し1000円から40,000円に、他のコインの購買にも影響を与え、アルトコインブームを引き起こしました。

 

イーサリアムはこれまでに契約の際に必要だった中央機関(銀行・政府・裁判所など)を介すことなく、契約が結べるようになるため、我々の生活を大きく変える可能性を持つ仮想通貨と言えるでしょう。

 

では、このイーサリアムに投資するのは賢明なのかどうか、まずは今までのチャートでの動きを見ていきましょう。

 

イーサリアムのチャートから見る価格推移

 

イーサリアム(Ethereum)の今までのチャートはCryptocurrency Market Capitalizationsで確認することができ、上記の画像がこれまでのイーサリアムの推移です。

 

イーサリアムの流れとしては13年にプロジェクトとして発足、その後、資金調達などを経て15年に正式のリリースが行われ、その時の値段が1Eth=120円前後でした。

 

そこから16年3月には1600円代に、17年3月には3000円代に達しました。

 

その背景としてはJPモルガンやマイクロソフトなどの大企業がイーサリアムを利用した「Ethereum Alliance」の設立を発表するなど大きく話題になったことが原因でもあります。

 

そして、来たる2017年6月、イーサリアムの価格が急騰し、1Eth=40,000円を超えることに。

 

この急騰期の勢いは凄まじく、たった2、3ヶ月で10倍以上の値上がりを記録し、リリース当初の値段から考えるとなんと1500倍にまで上がっているんですね。

 

まさに仮想通貨投資の醍醐味とも言わんぐらいの上がり具合です。

 

これはイーサリアムを使用する仮想通貨案件が大量に発生したり、トヨタのような超大手企業が参入発表したのが大きな高騰のきっかけで、いかに情報が武器かわかるでしょう。

 

このイーサリアムやリップル、ビットコインの急騰をきっかけに他の仮想通貨も注目され始め、仮想通貨市場はさらに熱を帯びるようになってきました。

 

それでは、一時は40,000円まで上がったイーサリアムの将来性はどうなのか、ズバリ投資すべきなのでしょうか。

 

ズバリ!イーサリアムの今後の将来性は?投資すべきか否か!?

 

イーサリアム(Ethereum)に投資して、価格が急騰した時に売って大儲け・・・と考える方も多いかと思うのですが、果たしてイーサリアムに投資してもいいものでしょうか。

 

結論からいいますと、イーサリアムの今後の将来性に期待はできると言っていいでしょう。

 

というのも、やはりイーサリアムにとって何よりも大きいのが、あのマイクロソフトとの提携で、その結果として大手の金融機関4社と契約を結んでいることです。

 

この後ろ盾は大きく、今後ますます多くの金融機関が参入してくる可能性もあり、そうなると必然的にイーサリアムの価格は大きく上がっていくでしょう。

 

参考:マイクロソフトがイーサリアム・プラットフォームに関して大手金融機関4社と契約

 

また、イーサリアムはまだまだ開発段階で、今後「メトロポリス」「セレニティ」というアップデートを残しています。

 

このアップデートがうまくいけば、採掘方法もPOWからPOSに代わりより良い通貨へと生まれ変わる、と言われており普及していく可能性を秘めている仮想通貨でもあります。

 

ただし、イーサリアムにとってよろしくないことがあるのも事実です。

 

例えば、17年7月にはイーサリアムのプラットフォームで作られた仮想通貨the DAOを経由して、不正にイーサリアムが抜き取られるという事件が起こりました。

 

また、最近ではイーサリアムがウォレットのハッキングトラブルで200億円が凍結されるという事件も話題になっています。

 

参考:仮想通貨イーサリアム、トラブルで200億円以上が凍結中

 

このように、絶対に上がる仮想通貨は存在しないため、全ての通貨でリスクがあることを承知した上で、余剰資金で投資をしていくことをおすすめします。

 

イーサリアムを購入するならこの取引所で!

 

マイクロソフトや大手の銀行と契約を結んでいるイーサリアムに投資したい、購入したいと思った時、どの取引所で購入すればいいのでしょうか。

 

イーサリアム以外のアルトコインへの投資も考えているのであれば、おすすめなのは仮想通貨の取り扱い種類が最もcoincheckですね。

 

coincheckではイーサリアムだけでなく、LiskやFactom、Monero、Augurなど数多くの仮想通貨を取り扱っていて非常に便利な取引所になります。

 

coincheckの口座開設はこちら:coincheck

参考:【超簡単・超安心!】coincheck(コインチェック)の口座開設方法を図解解説!

 

また、金銭的なメリットとして毎月口座から積立をして投資したいというのであれば、Zaifで口座を作成して投資するといいでしょう。

 

Zaifは唯一コイン積立や手数料マイナスなど金銭的なメリットがある取引所ですので、そこに惹かれるのであれば、Zaifで取引を行いましょう。

 

Zaifの口座開設はこちら:Zaif

参考:【簡単・安心】Zaif(ザイフ)の登録、口座開設から本人確認までを図解解説!

 

購入方法はビットコインと一緒ですので、あとは長期保有で価格の高騰を狙うのか、デイトレで稼いでいくのか決めた上で、投資を楽しんでみてください。

まとめ

 

イーサリアム(Ethereum)は仮想通貨に契約を盛り込むことができ、「1,000円→40,000円」まで価格高騰したほどで注目されているアルトコインの1つ。

 

イーサリアムの機能であるスマートコントラクト(契約)は不動産や証券会社など契約の管理などを第三者に委任する必要がなくなるため大幅な経費削減を実現させることができる。

 

JPモルガンや大手の金融機関と提携して注目を集め、将来性が期待される一方で、通貨が抜き取られたり、ハッキングされたりとまだまだ不安が残る仮想通貨でもある。

 

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング